【徹底解説】結婚相談所の料金システムはどうなっているのか?

2019年3月8日 / ブログ, 結婚相談所 東京

Pocket

結婚相談所の料金体験の書類とペン結婚相談所を探しているが、入会することはお金の無駄に繋がらないか?中には、料金システムが複雑でわかりにくいために結婚相談所を探してから敬遠してしまう原因にもなっています。

そこで、「結婚相談所の料金を比較検討たい」「しっかりと入会先を決めたい」という方に詳しく結婚相談所の料金システムについて解説します。

料金設定は、結婚相談所ごとに違うため、ただ横並びで料金を比べるだけでは、どこが高くて(あるいは、安くて)、それが良いサービスに直結するものなのか不明なこともあるでしょう。

また、データマッチング型と仲介型ではサービスも違い、料金設定も大幅に違うケースが見られます。そういった、結婚相談所の料金体系がよくわからないという方の悩みをすべて解決します。

結婚相談所は金の無駄?

結婚相談所を利用してみたいのに躊躇ってしまう理由の1つは料金が高いことです。どうして結婚相談所は料金が高いのか?それは専属スタッフが待機していてその人に合わせたサポートを実施しているからです。

証明書の確認やカウンセリング、計画策定や相手とのマッチングをその人に合わせて行います。もしこれが、安上がりなサービスであれば、たくさんいる会員にスタッフが追いつかず、お見合いできるのはごく一部となってしまいます。

また、料金が高いことのメリットとしては、中途半端な気持ちでしか応募しない方や結婚に対して真剣でない方を減らして、結婚を強く希望する人たちが集まることです。こうした費用面は真面目に活動するための原動力になるでしょう。

加えて、上記の入会金や結婚が成立したときの成婚料が高いことも全体の料金負担が大きく感じる原因です。入会金はハードルを高くするためであると同時に、成婚料が成功報酬にもなっています。一生もののパートナーを見つける手助けをしたと考えれば、結婚相談所の高さにも納得がいきます。

2.婚相談所の料金の相場

通常、結婚相談所の料金体系は、初期費用・月会費・お見合い費、そこに別枠として退会時の成婚料などを加えた料金システムで構成されています。婚相談所の料金はそれらを全て合わせたものが年間にかかる総合費用です。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

初期費用

結婚相談所の料金相場では、初期費用がかかるサービスがほとんどです。相場としては、初期費用10~20万円です。

【初期費用に含まれるもの】

  • 入会金
  • 手続きにかかる手数料
  • 活動のサポート費用

手続き費用とは、資料・データ作成費のことで、主にプロフィール登録やシステムのID登録などの手数料を含んでいます。項目ごとに細かく費用を記載している会社もありますが、ほとんどの場合は入会金や登録料である初期費用としてまとめて支払います。

月会費

結婚相談所に入ると、月会費(月謝)が毎月かかります。年単位でまとめて払う契約もあれば、毎月の支払いとすることもあります。相場は月会費が1~2万円で、1~1.5万円のところが多いでしょう。
主に、専属のスタッフが付くことで、お相手を探したり、面談したり、希望を聞いたりするサービスを受けるための費用です。

お見合い費

お見合い費とは、お見合いをセッティングするのにかかる費用です。しかし、実費のことではなく、結婚相談所が会員にお見合いを用意したことに対する報酬として払う費用です。

お見合い費は0.5~2万円が相場です。ただし、月会費が安いと普通よりも高くなり1~3万円くらいになります。逆に、月会費がかかる結婚相談所では、お見合い費を徴収しないこともあります。

成婚料

結婚相談所に入会して初めて存在を知った、入会しても成婚料のことを知らなかったという方がよくいます。成婚料とは、お見合いや交際を経てプロポーズし、結婚にいたる前段階まで進んだパートナーの方が退会にかかる費用のことです。

相手が決まって「結婚できるから続ける必要のない」から退会するために、相談所側(仲介人)に成功報酬として渡します。一般的には、お世話になった方に謝礼として渡す費用を代わりに一律の料金システムとして支払いう仕組みです。

成婚料の相場は大体5~30万円です。中でも多いのは20万円くらいで、少し高めに設定されています。安いところも稀にありますがそれでも5万円以上はかかります。

関連記事:結婚相談所の成婚料はどのくらい?成婚で費用が発生するメリット・デメリットを解説!

年齢によって料金がちがう?

20代や性別が女性であることから料金が違うことがあります。例えば、20代の方は、入会金や初期費用が安くなります。10万円以上の入会費は30代以上に多く、20代は3~9万円と少し安くなるでしょう。

また、女性に買い手(見合い希望者)が集まるので、お見合い料の軽減や相手からのアプローチの場合は見合い料なしなどのサービスも見られます。

3結婚相談所の料金で確認すべきところ

オプション料金

結婚相談所の中には、オプション料金を設定しているところもあります。
例えば、

  • プロフィール用の写真撮影費用
  • 出張カウンセリング
  • お見合いの同席(同行)費用
  • お見合い用の会話サポートやカウンセリング
  • 衣装選びや女性向けのエステ

といったサービスのオプション料金があります。

上記は仲介を基本とした結婚相談所によくあります。他に、お見合い形式以外のオプション料金として、婚活パーティ・イベントなどを用意しています。

たいていは、初期費用や活動費、月額費に含まれるものです。そのため、別途費用が発生する場合は、どんなオプションがかかるのか、利用したいサービスがオプションになっていないかなど確認しましょう。

返金

結婚相談所は契約後に返金できるシステムかどうかを契約書などに記載しています。

全額帰ってくる場合、一定額や期間分のみ返還されるなど、相談所ごとに決まっています。

ほとんどの場合、全額返ってこない、もしくは返還なしとしています。

相場との比較

料金は相場と比べることが大切です。

相場よりも高すぎるところは悪質業者の可能性もあって怪しいからです。

一方で、条件次第で支払う料金が変わることもあるため、同年代で同じ性別の方の1~3年間にかかる総額を聞いて判断するのがよいでしょう。

他の結婚相談所と併用について

結婚相談所は併用することで、探せる相手を増やすことが出来ます。その分、費用がかかるため、併用きるかはその人の懐具合によります。

また、連盟や加盟で同じところに登録の場合、お相手を探すために共有するデータバンクは同じものを使用しているので、効果が低いといえるでしょう。

複数に登録する前に、どの加盟や連盟か調べた上で加入する必要があります。

4結婚相談所には2種類ある?

結婚相談所にはサービスタイプごとに特徴のあるデータマッチングと仲介型が存在します。

データマッチング型とは?

データマッチング型は、専属のスタッフなし(もしくは積極的に関与しない)で多くの登録者を自分で探す婚活サービスです。

【データマッチング型の特徴】

  • 登録者数が多い
  • 仲介人やスタッフがあまり活動に関与しない
  • 料金が安い

結婚相談所として必要な情報やプロフィールを見ることが出来る点や自分のペースで進められる点、そして、費用のかからない料金システムが特徴です。

仲介型とは?

いわゆる昔ながらのサービスである結婚相談所の特徴が仲介型です。専属のサポートスタッフが付くことで、お相手を探してくれます。データマッチング型では、積極性を欠く人ではなかなか相手が見つかりません。

ですが、仲介型では相手を見つけてくれるのでデータマッチング型のように何もせずに登録だけで利用がないという状況がなくせるタイプの結婚相談所です。費用が高額な分、成婚率が高いことを強みにしているところは仲介型といえます。

【仲介型の特徴】

  • 専属のサポートスタッフがいる
  • お相手を探して紹介してくれる
  • 困ったらいつでも相談できる
  • 料金が高めに設定

お見合いや婚活で不安を抱えている人は、仲介型に登録することで相談に乗ってもらえるという魅力があります。お見合いも仲介人として序盤まで参加してくれるサポートも付くことが多いので、一対一の場で自信がないという方にもおすすめでしょう。

5.他の婚活サービスとの比較

婚活を希望する方は、結婚相談所に入会する方法以外に、他の婚活サービスを利用することも出来ます。そこで、結婚相談所と他のサービスを比べてみましょう。

街コンと比較

街コンはイベントとして開催されることが多い、街ぐるみの婚活サービスです。費用相場は男性が5~8千円、女性が3~5千円と少し安いでしょう。スタンプラリやその土地ならではのお店との提携、参加人数を強みとした大掛かりな活動から小規模な開催まで幅広いです。

しかし、結婚相談所と比べると、結婚にあまり意欲的ではなく、気軽に参加してみたなど、モチベーションが低いといえます。そのため、参加が結婚や交際に繋がる可能性が少なく、不発に終わることが多いという欠点があります。結婚相手を探すことに限らず気軽に参加したい方におすすめです。

お見合いとの比較

次にお見合いについてです。結婚相談所では、そもそも一般的なお見合いをベースに会員の出会いの場を提供しています。つまり、お見合いは、仲介人が結婚相談所か知り合いかの違いです。

そして、一般的なお見合いでは、希望のマッチングという意味では弱い分、交際や見合い後の活動も自由で、料金もかかりません。お見合いにかかる費用は、食事代、場所代、仲介人への謝礼です。

費用は、食事内容や場所によって変動しますが、謝礼金は1~5万円と立場や経済的な事情を加味した形で渡します。また、紹介者が知り合いである分、相手への信頼度が結婚相談所とは異なるため、結婚できるの可能性が多少低くなっても全くの他人ではなく知り合いのツテとして信頼できる相手を探したいときにおすすめです。

結婚相談所

結婚相談所は料金がかかる分、サポートが充実している点や出会いから交際までにスピード感があるのが特徴です。一般的なお見合いよりも成婚率が高いことがメリットでしょう。

相場としては、全部で30~40万円ほど最初に払った上で、お見合い費用が毎回1万円ほどかかります。結婚意識の高い人を探すのにおすすめです。

関連記事:結婚相談所で結婚すると離婚率が低い理由は?

関連記事:結婚相談所が出している成婚率の意味は?選ぶポイント3選

6.あなたにあった結婚相談所の選び方

自分に合った結婚相談所を選ぶことは、良い相手とめぐり合い結婚する上で必要なことです。まずは結婚相談所が用意している無料相談に行きましょう。自分に合ったサービスなのか直接肌で感じて、詳しい内容を聞くことが出来ます。

担当する方がどんな人柄なのか、仲介型サービスの場合には特に重要です。実際に話してみて、専属になる方が自分と話が合うかどうか判断しましょう。間違っても話が合わず、あまり印象が良くない場合には選ばないようにしましょう。これからサポートで長く付き合っていく方が合わないと、マッチングやサービスの質が低下することも考えられます。

特に、結婚相談所にはデータマッチング型や仲介型のようにそれぞれに特徴があるため、自分の性格や特徴にあったところを選びましょう。自分で相手を見つけたいのか、それとも積極的に紹介して欲しいのかなど、自分に合ったサービスを提供しているかを見極めます。

よく調べずに選んでしまうと、思っていたようなサービスではなかったために上手く婚活が出来なかったということは十分に考えられます。高い料金がかかるところも多いので、サービスや特徴、料金などを比較して自分にぴったりな結婚相談所を選ぶことを目指しましょう。

関連記事:【決定版】東京で結婚相談所を選ぶ時の大事な4ポイントをご紹介!

30代40代のエグゼクティブに特化した結婚相談所インフィニ

実績・特徴

30代・40代の方で結婚を希望する方向けにサポートをするのが結婚相談所インフィニの特徴です。東大OBなどのエリートメンバーズと呼ばれる、クオリティの高い会員が在籍するため、資産や収入、職業などが確かな会員が毎月入会している優れた結婚相談所でしょう。カウンセラーによる丁寧な聞き取りに加えて希望を叶えるための十分なサポートを実施しています。

インフィニが実際にお客様に選ばれている理由

多くのお客様に選ばれているインフィニにはこれまでの実績があります。

成婚率 82.3%

お見合い成功率 97.1%

交際成婚率 62%

ゼネラルリサーチによる結婚相談所成婚率No.1ならびに顧客満足度No.1

高い成婚率とお見合いから交際にいたる会員の割合が高く、ほとんどの方がお見合いを成功したという調査結果を残しています。これらの確かな実績を残しているのが結婚相談所として上質といわれるインフィニの魅力です。

まだ結婚できていない方、または別の相談所に入会するか迷っていた方、今からでもインフィニに相談することで、少しでも結婚に繋げるための相談所を選びましょう。

所在地

東京都港区赤坂8-5-40 ペガサスアオヤマ420

URL: https://infini-sc