【必見!】結婚相談所で失敗する人はこれが原因!

2019年4月11日 / ブログ, 結婚相談所 東京

Pocket

婚活,大変結婚したいけど、結婚相談所で失敗したくない。そのためには実体験をもとにどう対策をとればいいのかを知りたい。そこで、この記事では、実際に結婚相談所で失敗した要因、原因などを分析して詳細に解説します。読者の皆様が成婚につなげる第一歩になれば幸いです。

 

大手の結婚相談所で失敗する人はたくさんいる

結婚相談所には大きく分けて2種類あります。1つは「結婚相談所」で検索したりすると最初に出てくる大手の結婚相談所です。ニュースサイトやポータルサイトの広告にあるのもこの大手の結婚相談所です。

 

もう1つが中小企業の運営する地域の結婚相談所です。そして、ほとんどの方は、大手の結婚相談所に入会します。大手なら結婚できるかもという安心感があるわけですが、実は大手の結婚相談所だからといって失敗がないわけではありません。

 

失敗の理由についてまずはどのようなものがあるのか確認してみましょう。

 

失敗の理由①:カウンセラーと合わない、人によっては対応の仕方が違うなどがある

失敗する理由の1つ目として、カウンセラー(仲人)が自分に合わないというケースが想定されます。カウンセラーは具体的な段取りを決めてくれるだけの存在ではなく、アドバイスや仲介型の場合は相手探しを実際にする役割を持ちます。

しかし、カウンセラーには対応の仕方がそれぞれで異なるなど自分に合う人と合わない人がいます。そのため、カウンセラーが合わない人だと、自分の希望する相手を選べなかったり、相談しても上手くアドバイスしてくれずにコミュニケーションに失敗するなど、結婚相手を探すことにまで影響が及んで失敗する可能性が高くなります。

 

失敗の理由②:入会時の担当の人と活動をフォローしてくれる人が異なるケースがある

大手の弱点の1つに、人員の移動や担当の変更がありえることです。せっかく、入会のときに良い担当者が付いたと思ったら、実際は活動をフォローしてくれるのは別の担当カウンセラーだったということが十分にあります。

 

失敗の理由③:単純に相性が合わない

3つ目の理由として、カウンセラーと自分の相性が単純に合わないケースがあります。その人元来の性質的な部分や仕事においての進め方・やり方が自分に合わないときです。

カウンセラーに対する不満のせいで、せっかくのお見合いや交際、結婚まで至れるポテンシャルを持っていたとしても相手選びやアドバイスが噛み合わないので、なかなか成功しません。

 

結婚相談所婚活の失敗例

結婚相談所を選ぶときの注意点

 

 

次に、結婚相談所を利用した婚活の失敗例について、いくつか見てみましょう。

 

失敗例①:結婚相談所で紹介される相手に良い人がおらず、サポートも役に立たなかった

結婚相談所で失敗した方の中でも多い事例がこれです。紹介されても結婚を考えるといまいち合わない。その上、紹介する相手の条件から外れた相手を紹介されてばかりいるケースです。

 

間違えているのではなく、カウンセラーが思い浮かべる相手と自分が選びたい相手が一致しない場合や実際に紹介できる相手がほとんどいないときにこういった失敗がおきやすくなります。悪質なケースだと、お見合い料を稼ぐために条件を無視してお見合いさせて、知らないうちに業者に利用されていることもあります。

 

対処方法としては、カウンセラーに対して自分がどんな相手が良いのかを正確に伝えて、何回かのお見合いをしてみて希望の相手について伝わっていないと感じたら、カウンセラーを変えてもらうようするか退会して別の結婚相談所に入ることです。

 

可能であれば、探せる相手の数が少ない結婚相談所は避けて、登録者数が多くカウンセラーの質が高いところを評判などから選ぶ等の方法が有効です。

 

失敗例②:あまり積極的に相手を探せる性格ではなく、カウンセラーのサポートがほとんどない

次に良くある失敗ケースが、自分で探すデータマッチング型や仲人型とのハイブリッド方式を取る結婚相談所での活動です。カウンセラーがすすんで相談を聞いたり、そもそもカウンセラーがいないために段取りを整えてくれないことがあります。

 

一種の放置状態で、消極的な方にとっては相手を探して選ぶことが難しいため、実質的には何も活動していない状態になります。

 

それでも活動できる方はいますが、現実に上手くお付き合いや結婚相手を探せていない方が登録するわけですから、ほとんどの方にとっては交際につなげることが困難で、結局数回のお見合いだけで退会するという失敗パターンです。

 

対処の仕方としては、まず自分の性格や相手を探すときの積極性などを見つめ直します。それから、どんな種類の結婚相談所に入って、どんなカウンセラーが必要なのかを選べるくらいには判断基準を熟成させましょう。

 

失敗例③:お見合い相手がパッとしない、良縁に出会えないで退会する

失敗する20代女性の中には、相手に対する条件が厳しすぎて相手を見つけられずに退会するケースがあります。男性も条件ではなく、単純に相手に断られてそのまま退会する場合もあるので、結局のところ結婚できずに退会して残念な失敗に終わってしまうことです。

 

大手だからこういった問題がなくなるよりも、探せる相手が増える分、女性にとってはより良い条件の男性を探せるため、男性からすれば女性を交際から成婚に繋げるのは大変です。

 

また、女性にとっては、20代が特に需要が高いため、モテモテ状態と勘違いして、相手を見下してしまうと、多くの人からお見合いや交際に誘われるにもかかわらず、結果は成婚できずに退会することも非常に多いです。

 

対処の方法は、まず若い女性の場合、妥協点を決めるのではなく、冷静に結婚相手を見極めるための目を養うことです。恋愛感覚と同じで相手を探していると、まず結婚相談所で相手は見つかりません。

 

男性の場合、お見合いまではできているのか、交際から先に進まないのか、現状をしっかりと把握することです。自分に悪いところがあれば改善し、カウンセラーにアドバイスを貰ったりもしましょう。

 

それでも自分に問題がないと判断できる場合は、探す相手(女性)の条件である年齢や趣味などに幅を持たせてより多くの人にアプローチする形をとりましょう。

 

男性にとっては、結婚や恋愛は供給過多な状態で、女性が男性を選ぶ構造は変わっていないからです。とにかくお見合いをして、数を重ねて、結婚できる機会や確率については回数を増やして上げていくしかありません。

 

 

実際に失敗した人の特徴

離婚前夜の夫婦

 

 

 

今度は実際に失敗した人の特長について見てみましょう。

 

とりあえず婚活してみようという人

結婚相談所に入会する人の中には、とりあえず婚活や相手探しをしたいからという方もいます。しかし、失敗のある事例でこのパターンが意外と多いのです。

 

まず、相手を探すときに具体性がなく漠然としているため、お見合いや交際をしても結婚できず、相手からも結婚相手として具体的なビジョンが見えません。そのため、実際には交際まで行かず成婚にも繋がりません。

 

「どんな人と結婚したいですか?」

 

とお見合いの場で会話をしたときにこう聞かれて、漠然とした見た目や性格しか相手に求めるものが出てこないような場合、相手からすれば結婚はその程度にしかまだ考えていないことが筒抜けになってしまいます。

 

特に数多くのお見合いや交際をしてきた方には一発で見透かされます。つまり、真剣に交際を考えていない人と結婚を前提に交際することは相手にとっては不可能です。必然的にこういう方はお見合いの段階で断られてしまいます。

 

そもそも、大手の結婚相談所に登録しているというだけで結婚した気になってしまう方は、このとりあえずで入った方がほとんどです。

 

「とりあえず入ってみたけど、ここ大手だし何とかなるかよな」

 

そう言って、登録していることに安心し、具体的な相手探しや自分磨きは全然していないのです。

 

せっかくカウンセラーが付いても相手に対する条件は特になく、自分も向上心を持って活動できない。となれば、カウンセラーは相手を探すことなんてもちろんできません。

 

したがって、相手探しは手付かずになってしまうことも少なくありません。これらはすべて、登録することによって安心してしまうためです。特にデータマッチングでカウンセラーが付かない場合は、最悪何もせずに、費用だけ発生している状態の失敗に陥ります。

 

相談したりコミュニケーションを取ることが苦手な人

結婚は、相手を探して仲人とコミュニケーションを取ることで成立するサービスです。中には、そもそもコミュニケーションが苦手でどんなことから相談すれば良いのかわからない方もいます。

 

男性は特に相談するのが得意ではないため、電話である日、カウンセラーから進捗状況を聞かれても言葉を濁してしまいます。そして、多くの男性は相談できずにコミュニケーションできないことが失敗の要因です。

 

異性に対して慣れていない

異性の恋愛関係において社交性やコミュニケーション能力が重視されているように、お見合いや結婚相談所の交際であってもそれらが重要であることは変わりません。普段から異性との会話に慣れていない方は、会話に緊張してしまって上手く話せないことがあります。

 

また、異性に慣れていないからこそ、相手を前にして顔の表情にまで意識が行かなくなってしまいます。結果、表情が硬くなったり笑顔を忘れて無愛想に見えてしまうことにもなりかねません。

 

そして、会話が途切れるだけならまだ良いのですが、そろそろお見合いも終わりの段階で、相手が一方的に話しているだけの状態が続き自分だけ無口に終わってしまう。

 

無口になることは、自己心理的にどんな事情があろうとも相手からすれば、「自分の話がつまらないから話に乗ってこないんだ」と感じます。

 

こうなると相手からの印象は最悪です。最低限、緊張して上手く話せないと言うべきですが、それ自体が異性に対する評価のマイナスポイントになるため難しいところです。この状況を作り出す前に何かしらの打開策を打たなくてはいけません。

 

結婚相談所での婚活に向いている人はどんな人か

では、婚活に向いている人とは一体どのような人なのでしょうか。

 

恋愛経験が少なめである

結婚相談所での婚活は、真摯さと真剣さ、そして、努力する向上心が不可欠です。これらを全て備えているのはあまり恋愛経験がない(少なめ)な方です。

 

ですから、結婚相談所で結婚を目指しているのであれば、恋愛経験が少なめな方が向いていると言えます。恋愛経験が中途半端に多いと、相手を前の交際経験から勝手に判断してしまったりします。

 

また、わざわざ相談所で結婚を決めるたった一人を探すための活動を制限ありでひたむきに探すことはできません。それくらい結婚相談所の活動は、交際に制限がある上に、結婚時の成婚料や初期費用などの費用負担が大きいからです。

 

恋愛経験が多く、相手を探すのに困らない方にとって、制限がわずらわしく感じるのもあります。

 

恋愛と結婚の差をわかっている。真剣に結婚に対して向き合っている。

恋愛経験だけでなく、結婚相談所の活動は基本的に交際を目的にしているが、その前提が結婚であることが重要です。中年の女性であればわきまえている方は多いですが、20代女性や若い男性の中には、恋愛と結婚の差をしっかりと理解していない方もいます。

結婚相談所の活動に向いているのは、どちらかといえば恋愛と結婚の差を分かっていて、真剣に結婚のための交際に向けて活動できる方です。

 

成婚するために具体的にどうすればいいのか

成婚するためには具体的にどのような行動を起こしてどう計画すれば良いのでしょうか。

 

どの相談所で婚活するかが重要

結婚相談所には種類や型などそれぞれにバラエティ豊かなサービスがあります。ポイントは、自分に合った相談所を探すことです。そのための見極めるコツは、成婚率などの表面上の数字ではなく、会員数や年齢・職業・収入の構成、どのようなシステムを採用しているのかなどに着目することです。

 

恋愛と結婚は別物

恋愛を普段から意識している方は、結婚に意識を切り替えられない方が多いです。結婚相談所の成婚は、会員の間に誓約書や念書を取り交わすこともあるなど、割りとシビアに役割や結婚後のことを決めるケースもあります。そのため、恋愛要素の強い見た目や趣味はあくまでも入り口で、結婚は成婚後(結婚)のことをしっかりと考える必要があります。

 

特に成婚後、半年くらいで結婚しているカップルが多いことを踏まえれば、結婚のところまで見据えて約束や両親への挨拶などをする必要があります。

 

結婚相談所に行くメリット

結婚相談所,東京,新宿,お見合い

 

結婚相談所に行ってサービスや面談を受けるメリットについて説明します。

 

サポート力の違い

結婚相談所は、合コンや街コン、婚活アプリと違う点として、サポート力があります。プロのカウンセラーが全力でサポートしてくれることで結婚への道筋を示してくれます。的確な指示やアドバイスを受けて自分に自信を持って活動することができます。

 

例えば、

 

「お相手に求める年収は○歳であれば~万円の条件にするのが適切ですよ」

「年齢や年収はもう少し幅を持たせて相手を探した方が探しやすいので」

「自己紹介の趣味を書く時は、もう少し文章をリズミカルにすると人柄をより良く見せられる」

etc.

 

これまでのお相手を探してきた経験や相談を受けるプロとしてのアドバイスを具体的にしてくれます。状況や会員ごとに何をアドバイスするかはもちろん違うものです。

 

真剣な人が多くモチベーションが高い

結婚相談所に登録するのは、意識が高く真剣に取り組んでいる方です。婚活アプリのように登録条件が緩く、費用がかからない方法は、出会いの段階で確実性がかなり少ないです。

 

しかし、結婚相談所であれば、登録条件を満たして独身であることまで確認した方だけが入会しているため、確実性が高い出会いを得られるのです。

 

30代40代のエグゼクティブに特化した結婚相談所インフィニ

 

実績・特徴

30代・40代の方で結婚を希望する方向けにサポートをするのが結婚相談所インフィニの特徴です。東大OBなどのエリートメンバーズと呼ばれる、クオリティの高い会員が在籍するため、資産や収入、職業などが確かな会員が毎月入会している優れた結婚相談所でしょう。カウンセラーによる丁寧な聞き取りに加えて希望を叶えるための十分なサポートを実施しています。

 

インフィニが実際にお客様に選ばれている理由

多くのお客様に選ばれているインフィニにはこれまでの実績があります。

成婚率 82.3%

お見合い成功率 97.1%

交際成婚率 62%

ゼネラルリサーチによる結婚相談所成婚率No.1ならびに顧客満足度No.1

高い成婚率とお見合いから交際にいたる会員の割合が高く、ほとんどの方がお見合いを成功したという調査結果を残しています。これらの確かな実績を残しているのが結婚相談所として上質といわれるインフィニの魅力です。

まだ結婚できていない方、または別の相談所に入会するか迷っていた方、今からでもインフィニに相談することで、少しでも結婚に繋げるための相談所を選びましょう。

 

所在地

東京都港区赤坂8-5-40 ペガサスアオヤマ420

URL: https://infini-school.jp/