男性 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 男性」を含む記事

恋愛初心者が結婚相談所で有利に活動するための方法で男性に伝えたい内容

2022年11月5日 /  ブログ

恋愛初心者が結婚相談所で有利に活動するための方法で男性に伝えたい内容恋愛初心者が結婚相談所で有利に活動するための方法で男性に知っておいてほしいのは、どのような内容なのでしょうか。

恋愛初心者が婚活をする時には、不安が強いと思うケースが多いですよね。でも結婚相談所なら有利に動くことができるかもしれません。

今回は恋愛初心者が結婚相談所で有利に活動するための方法を、男性に詳しくお伝えしていきましょう。

 

恋愛初心者の男性の理想的な婚活の仕方

恋愛初心者が結婚相談所で有利に活動するための方法で男性に伝えたい内容恋愛初心者の男性が理想的な婚活の仕方をする時に、意識しておきたい内容についてまずは見ていきましょう。

 

自分自身を高める

現在の自分自身を高めていくように心がけるようにしたいですね。興味のあることに対してはトライをする勇気が必要になるかもしれません。

このうえで少しでもレベルアップしたと感じると、婚活をしていく時にもそれが力になる場合が多いのです。そして努力した自分を認めることにより、日々が今までよりもよい方向に変わっていくでしょう。

 

自信の持てることを増やす

自信があると思えることや長所があるとしても、更に増やすようにするのが大切です。現在の自分について把握をしながら、できることを増やしていくようにしましょう。

そうすると恋愛初心者の男性でも、自分を好きになりやすいのです。そして婚活に対しても、不安が軽減すると期待ができるでしょう。

 

婚活自体を楽しむようにする

婚活をする前に面倒だと思うケースもあるかもしれません。でも実際に活動をしていくと、楽しいと感じられたりワクワクした気持ちになれたり。

この時に「婚活を始めてよかったのかもしれない」と思えるようになるでしょう。思い通りに進まない時があったとしても、根本に楽しんでいるという気持ちがあると乗り越えていきやすいのです。

 

結婚相談所にて恋愛初心者の男性が婚活をする時には

婚活の場所として結婚相談所を選ぶのは、理想的な選択と言えるでしょう。では恋愛初心者の男性が結婚相談所にて婚活をする時に、心がけておきたい内容についてお伝えしていきますね。

 

プロフィールについてカウンセラーに相談をする

結婚相談所に入会をすると、プロフィールを作成することになります。この時にどんな内容を書くのがベストなのか、分からずに悩むケースもあるでしょう。

でも仲人型の結婚相談所なら、カウンセラーにプロフィールの書き方について相談がしやすいので心強さを感じられるのです。

女性から興味を持たれるためには、プロフィールの内容がとても重要でしょう。このためノウハウについて聞くようにするとよいですね。

 

本音を話すことが大切に

カウンセラーに対しては、できるだけ本音を話すようにしましょう。その方が自分にとって理想とする相手と出会いやすくなります。

今は不安を感じているとしても、その思いを伝えるようにしたいですね。このうえでどう行動をしていくべきか、アドバイスを受けるようにするのが大切です。

そのためにも本音を話すようにして、今までの恋愛に対しての悩みも伝えるようにしておくと安心感につながるでしょう。

 

自分のペースで婚活をしていく

自分のペースを大切にして婚活ができるのも、結婚相談所を婚活の場所として選ぶメリットのひとつです。

仕事が多忙で婚活との両立が難しいと感じる人もいるでしょう。でもそれぞれの会員に合わせたスケジュール調整ができるため、仕事との両立も可能になりやすいのです。

ペースに合わない婚活法を選んでしまうと、仕事に影響が出てしまって婚活を続けていけないと感じるケースもあるかもしれません。

 

一時的に休むことが必要な時も

婚活をしていく中で、どうしても時間が取れない時期やうまくいかずに辛く感じる時も。このような時には、一時的に婚活を休む方法もあります。

離れてみるようにすると、見えてくるものもあるかもしれません。そして自分の心に余裕ができたら、またスタートしてもよいのです。

ずっと走り続けるのはとても大変ですよね。時には休憩をしながら、結婚に向けて歩んでいくイメージを持てるようにするのが必要になるでしょう。

 

結婚相談所で恋愛初心者の男性が悩んだ時には

恋愛初心者が結婚相談所で有利に活動するための方法で男性に伝えたい内容結婚相談所にて活動をしていく中で、恋愛初心者が悩む時もあるでしょう。この時の行動の仕方についてお伝えしていきましょう。

 

焦らずに婚活を進めていく

積極的に動くことが必要な時もあります。でもあまり焦ってしまうと、それにより婚活に疲れてしまうケースもあるでしょう。

このため焦らずに自分らしさを大切にしながら、進めていくようにしたいですね。そのためにはカウンセラーと話す機会を増やしたり、結婚を様々な角度から見るようにしたりすることが重要です。

 

結婚への理想や憧れを大切にする

結婚に対して理想や憧れを持っていても、現実はきっと違うと諦めてしまいそうになる時もあるかもしれません。

でも実際には理想や憧れを持ち続けたままで、希望に近い結婚をすることも可能なケースがあるでしょう。

このため自分の中の結婚への理想や憧れについては、今後も大切にしながら婚活を進めていくようにしたいですね。

この面は理想とは少し違うという面があったとしても、この面は憧れていた通りだと感じる場合もあるのです。

 

カウンセラーの意見を参考にして二人三脚で進めていく

カウンセラーの意見を聞くことにより、ひとりで婚活を進めていくのではなく二人三脚で歩んでいく感覚を持てるようになります。

不安を抱えていたけれど、いつのまにか軽減していたという例もあるでしょう。このためあまり一人で悩みすぎずに、相談をしながら結婚に向けて活動をしていくようにしたいですね。恋愛初心者の男性でも効率的に婚活をしていけるのが、結婚相談所の魅力でもあるのです。

 

恋愛初心者の男性が結婚相談所で有利に活動できるようになるには

恋愛初心者の男性が結婚相談所で有利に活動するためには、恋愛初心者がこの場所ではモテる可能性が高いことを知っておくようにするのが必要です。

恋愛慣れしている男性を好む女性もいますが、あまり恋愛に慣れていないからこそ誠実で信頼できると思われる場合もあるでしょう。

このように考えると、今後は今までよりもポジティブに進んでいこうと思えるようになりますよね。

 

関連記事:お見合いで出会いを!真剣に結婚を考える時の婚活方法について

タグ: ,

真剣交際中にマリッジブルーが起きたらどうすべき? (男性版)

2022年10月27日 /  ブログ

真剣交際中にマリッジブルーが起きたらどうすべき? (男性版)真剣交際中にマリッジブルーになるのは女性だけではなく、男性にも実際にあることです。なぜ男性もマリッジブルーになるのでしょうか。実際に4割近くの男性がマリッジブルーを経験したという説もあります。

今回は真剣交際中にマリッジブルーを感じた男性のこれからの行動の仕方について、詳しくお伝えしていきますので参考にしていただければ幸いです。

 

男性がマリッジブルーになる理由とは?

真剣交際中にマリッジブルーが起きたらどうすべき? (男性版)男性が真剣交際中にマリッジブルーになるのは、女性とは違う理由があると考えられます。いくつかの内容について見ていきましょう。

 

収入や仕事について自信が持てない

一人暮らしをしていくための収入はあっても、家族を養っていくほどの金額ではないのでは…と、結婚を決めてから男性が感じるケースもあります。仕事に対してもそれなりに経験を積んできたので、結婚ができる時期だと思ってプロポーズをしたのですが、よく考えてみると自分の能力にさほど自信が持てないと思うことも。

このため「プロポーズをしたのは少し時期が早かったのでは」と思い、真剣交際中にマリッジブルーになる男性もいるのです。

 

責任が持てない気がする

恋愛よりも結婚の方が責任があるように感じるので、そこまで自分は責任感がある人間だろうかと、真剣交際中に思う男性もいるでしょう。元々責任感が強いと自負していた人でも、結婚となるとまた話は変わってくると思う場合も。

真剣に結婚したいと思ったので相手に伝えたものの、一人になってみると「本当にこれで大丈夫だろうか…」と思ってしまうケースもあるでしょう。

 

色々なことを決めていくのが大変

結婚すると決めたからには、結婚式のスタイル、結婚の挨拶、職場への報告など、様々なことを決めて行動をする必要が出てきます。ひとつひとつ考えていくと、今の自分にそれらをできる余裕があるのだろうかと男性としては思ってしまうのです。

基本的には自分がリードして提案をして決めていかなければいけないように考えるため、「結婚って大変だな…」と思う時もあるでしょう。

 

自由な時間が減ると感じる

結婚するまでに趣味や仕事など、自分の好きなように時間を使えていた男性としては、結婚することによって自由な時間が減ってしまうということにプロポーズ後に気づくケースも。

「自由な時間があったからこそ、今までの生活が成り立っていたのでは」と思うと、束縛されたくない気持ちになってしまうかもしれません。特に趣味に対してお金や時間を使っていたタイプの男性は、結婚後にそれができなくなるように思い「結婚するのはもう少し先にした方がよいかもしれない」とマリッジブルーになる傾向があるでしょう。

 

自由な恋愛ができなくなる

好きな人ができて交際をして結婚に至るので、自分にとっては幸せなのですが、今後妻となる女性以外とは恋愛ができなくなるという思いを持つ場合も。

大切な女性を他の人にとられたくない思いがあったので、早く結婚したいと考えてプロポーズをしたのですが、よく考えてみると結婚はかなりの覚悟を持ってしなければならないものだと考えるケースもあるでしょう。

今までしてきた恋愛を振り返り、一番自分に合う女性だと思って結婚を望んだのですが、もしかしたらもっと合う人がいるかもしれないという気持ちがよぎることもあるのです。

 

マリッジブルーになりやすい男性に共通する特徴

マリッジブルーになりやすい男性には、共通するいくつかの特徴があります。この特徴を把握することで、今の状態を良い方向に変えていけるかもしれません。

 

完璧主義

「結婚とはこういうものでなければならない」などのように、自分の中で完璧を求めてしまうタイプの人もいます。普段から仕事や友人関係などについても、完璧主義になってしまう性格なのでしょう。

自分に対してももっとこうしなければと思ってしまうので、結果として苦しんでしまうのです。もう少し気持ちを楽にして、「完璧ではなくてもある程度良い状態であれば十分」のように思うことができれば良いですね。

 

深く考えすぎる

同じ出来事であっても、ある程度軽く考えられる人と、深く考えすぎてしまう人がいますよね。結婚については一生ものと思い真剣に考えるケースは多いでしょう。

でもあまり深く考えすぎてしまうと、踏み出そうと思っても前に踏み出せない場合があるのです。自分の信じた道を進むためには、自分を信じるということも必要になるでしょう。

そして結婚したいと思う相手のことを信じる気持ちも大切にしながら、着実に歩んでいくことが理想的です。

 

 

責任感が強すぎる

仕事でも責任感があって信頼されるタイプの男性は、結婚においても同じように行動をしがちです。責任感があるのはとても大切なことですが、結婚というのは二人で一緒に歩んでいくもの。

このため一人で責任を負うような気持ちを持つのではなく、もう少し穏やかに結婚というものを受け入れる必要もあるでしょう。例えば悩みごとがあった時には、結婚相手となる女性に相談をして、自分の弱さかもしれないと思う面も結婚前に見せておくことがあっても良いのです。

 

男性がマリッジブルーになった時の今後の行動の仕方について

真剣交際中にマリッジブルーが起きたらどうすべき? (男性版)真剣交際中に男性がマリッジブルーになった時には、どう行動をすることにより現状を改善できるのでしょうか。いくつかの方法についてお伝えしていきますね。

 

結婚について違う角度から見てみる

真面目に考えすぎてしまうと、視野が狭くなり広く物事を見られなくなってしまいます。客観的に今の自分は幸せで、これから更に幸せになるための道を歩んでいるということが、違う角度から見ると分かるケースも。

現在抱えている悩みについても、角度を変えてみると大したことではないと思えてくる場合もあるのです。柔軟性を持つことで、今後の結婚生活にも役立てることができるようになるでしょう。

 

既婚者の友人に相談する

既婚者の友人は、自分にとって人生の先輩にあたる存在です。様々な思いを抱えながらも現在に至っている可能性があるでしょう。このため数名の既婚の友人と会うようにして、現在の自分の思いを伝えるようにしてみましょう。

「自分にも同じような時期があったよ」「こういう風に考えると気持ちが楽になるよ」のような話を聞くことができるかもしれません。そうすると、誰もが持つ感情なのかなと思うことができて、今の状態から少しでも楽になると期待できるのです。

 

何について不安なのか書き出してみる

マリッジブルーになる男性は、何らかの不安を抱えている場合が多いです。このため結婚に対して気持ちが向かないとしたら、自分と向き合うために一度紙に不安に感じる内容を書き出していきましょう。

このうえでどうすればその不安を軽減していけるかを、矢印で更に付け足していくようにすると、思っていたよりも今の状態が悩むようなものではないということに気づけるのです。

 

真剣交際中に男性がマリッジブルーになることは案外多い?

マリッジブルーに男性がなると、本来は女性がなるはずなのにどうしてだろう…と更に悩んでしまうケースもあるでしょう。でも実際には男性と女性では感覚や考え方が違い、不安になる要素についても様々なものがあるのです。

このため男性がマリッジブルーになっても決しておかしくはなく、あり得ることだと把握をしておくようにしたいですね。自分自身を追い詰めるのではなく、気持ちに素直になって、今後どのようにして行動すれば良いのかをゆっくりと考える時間を持つようにするのも大切です。

 

関連記事:婚活の写真を自撮りで男性がしようと思う理由と今後の婚活の進め方

タグ: ,

年の差婚で後悔を男性がする理由とは?後悔しないための行動の仕方について

2022年5月1日 /  ブログ

年の差婚で後悔を男性がする理由とは?後悔しないための行動の仕方について年の差婚にて後悔を男性がするとしたら、どのような理由があるのでしょうか。希望をして結婚をしたけれど、後悔をするというのはできれば避けたいですよね。

このため後悔しやすい理由を、結婚前に知っておくことが必要になるでしょう。今回は年の差婚にて後悔を男性がする理由、そして後悔しないための行動法について詳しくお伝えしていきましょう。

 

年上男性が結婚をして後悔する理由とは

年上男性と年下女性が結婚をした場合には、どのようなことにより後悔をしやすいのでしょうか。この内容について見ていきましょう。

 

期待に応えるのが辛い

年上男性に対して「この人なら頼れるから大丈夫」と思い、結婚をした女性もいます。でもこのような期待に対して、最初は努力をしていた男性でも「重くて疲れる」と感じるケースもあるでしょう。

そんなに期待されても困るという気持ちになり、年下女性との結婚に対して後悔してしまうこともあるのです。

多少の期待であれば嬉しいと感じるものでしょう。でもあまり過度になると、苦しくなるケースもあるのです。

 

周りの目が気になる

周りから羨ましがられて最初は自分でも嬉しかったのですが、色々なことを言われる場面があるかもしれません。

羨ましかったり目立ったりするのが理由で噂などをされてしまうのは、男性としては辛いと思う場合もあるでしょう。

「若い奥さんでいいね」というような軽いものならよいのですが、まるで自分が妻を騙して結婚をしたような言い方をされてしまうケースも。

こうなると今以上に努力をしなければならないように感じて、プレッシャーが強くなってしまうのです。

 

任されすぎてしまう

年上だからリードして当然、任されて当たり前のように妻に言われてしまう時もあるでしょう。

でも男性としては、できれば妻にも主導権を握って積極的に動いてほしいケースがあるかもしれません。

このためあまり年下の女性と結婚をすると、こんなに任されるようになるんだ…と結婚をして初めて感じ、残念な思いをする場合もあるのです。

これに対しては「結婚をするまで予想していなかった」というケースもあるでしょう。

 

年下男性が結婚をして後悔する理由とは

年の差婚で後悔を男性がする理由とは?後悔しないための行動の仕方について年下男性が年上女性との結婚により、後悔をする場合もあります。この理由についてお伝えしていきましょう。

 

偉そうにされる

自立している面を魅力的だと思って結婚したのですが、女性に偉そうにされる場面が多くてうんざりする時があるかもしれません。

もう少し自分を尊重してほしいと感じるでしょう。妻に任せておけばいいという思いと、自分もリードをしてみたい気持ちになり葛藤状態になるケースも。

これに対しては年上女性への憧れから結婚をしたけれど、思っていたよりも背負うものが多いと後から気づくパターンです。

 

考え方が合わない

年齢が違うと考え方が合わないイメージがありますよね。でもこれについては年齢が近くても合わない可能性もあるでしょう。

ところが年の差婚をしたから、こんなに考えが違って後悔が多いんだと思い込んでしまう男性もいるのです。

たまたま同年代の女性と話す機会があり「やはり年代が近いと考え方が似ている」と思う場面も。

でもこれは友達同士のやりとりと、夫婦関係との違いがあるのです。このため考え方の違いについては、夫婦間であればあり得ることかもしれません。

 

自分勝手な妻だと感じる

妻が年上の場合は、自分勝手だと感じるケースがあることも。自分で決めて行動をする可能性があるので、これを自己中心的だと思う男性もいるでしょう。

自立をしている女性を好きになったのですが、結婚をしてみると相談をせずに行動をしてしまうので寂しく思う時があるかもしれません。このため年の差婚を後悔をする男性もいるでしょう。

 

年の差婚で後悔をしないための行動の仕方

年の差婚で後悔を男性がする理由とは?後悔しないための行動の仕方について年の差婚をしたいと思っても、後悔をするのは避けたいと感じて婚活ができない男性もいます。でも後悔しないための方法そして相手を見るポイントの理解をしておくと、今後の行動に役立つ可能性が高いでしょう。

 

内面をよく把握する

相手の内面をよく把握してから、結婚するかどうかを決めましょう。このためには話す時間を多く持つのが必要です。

できれば共に行動をする時間も、増やすようにするのが大切でしょう。一緒に過ごす時間、そして話す機会が増えるほど相手のことが分かるケースは多いのです。

このうえで結婚をしても問題がないかどうかを、落ち着いて判断するようにしましょう。焦って話を進めてしまうと、お互いのことがよくわからないまま結婚をしてしまうケースもあるのです。

 

結婚相談所のカウンセラーに相談を

結婚相談所のカウンセラーに年の差婚への不安や、今後の勧め方を相談してみましょう。

もしお見合いにて出会い仮交際をしている時期であれば、他の人とお見合いをすることも可能な場合が多いのです。

ということは今やりとりをしている相手よりも、合う人と出会える場合もあるでしょう。あまり多くの不安を持ったまま結婚をすると、後悔をする確率が高くなってしまうのです。

相手と話して解決する問題もありますが、これが難しいパターンも。これについてよく把握をしたうえで、婚活を進めていくようにしたいですね。

 

結婚相手に望むものを再度考えてみる

年の差婚に限らずに結婚を意識した時には、相手に何を望むのかを落ち着いて考えるのが大切です。このうえで自分が望むものを相手が持っているのか、そして譲歩しても大丈夫なのかなどから結論を出すようにしましょう。

例えば年上男性が年下女性に魅力を感じるとしたら、年齢が若いということ以外にも内面を見て素敵な人だと思えるかどうかが重要になるのです。

もしこのように思えるのなら、結婚をしてもうまくいく可能性が高いでしょう。

 

年の差婚で後悔を男性がしないために

結婚後の多少の後悔というのは、あるものかもしれません。でも「もう少し考えればよかった」と思うことにならないためには、慎重な行動が求められるでしょう。

そうすれば今後も穏やかに暮らしていくことができるのです。勢いで結婚をする人もいますが、ポイントについては押さえておくようにするのが必要でしょう。そのためにも、安心や信頼のできる婚活の場所を選ぶことをお勧めします。

 

関連記事:お見合いで出会いを!真剣に結婚を考える時の婚活方法について

タグ: , ,