ファーストコール | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 ファーストコール」を含む記事

お見合いのファーストコールの重要性と心がけておきたいポイント

2022年6月10日 /  ブログ, 結婚相談所 東京

お見合いのファーストコールの重要性と心がけておきたいポイント

お見合いのファーストコールは、大切なものと考えてもよいでしょう。結婚相談所にてお見合いをして仮交際に至った場合に、男性から女性へお見合いのお礼や感謝の言葉を伝えるために電話をするのがファーストコールです。

今回はこのお見合いのファーストコールの重要性、そして心がけておきたいポイントについて詳しくお伝えしていきましょう。

 

ファーストコールはなぜ大切?

お見合いのファーストコールの重要性と心がけておきたいポイントお見合いのファーストコールについては、お見合いをする人にとってルールやポイントを把握しておくことが必要になるもの。ではなぜ大切なことなのかを見ていきましょう。

 

誠意を表すことができる

誠意を表すためにも、お見合いのファーストコールは必要です。女性としてはファーストコールがないと、不安になってしまう場合もあるでしょう。

今後交際をする気持ちがある相手だからこそ、信頼関係を築くのが必要になるでしょう。誠意を表すためには仮交際の成立後には、きちんと男性から女性に対してファーストコールをするのが重要です。

 

気持ちを伝えるタイミングとしてベスト

現在の自分の気持ちや思いを伝えるタイミングとして、ファーストコールをした時が理想的でしょう。

今後の二人のためにも、男性は心を込めて女性に連絡をするようにしたいですね。女性としてもこの電話をきっかけに、これから先の交際や結婚に対して更に前向きになることができるのです。

 

今後の交際に影響する可能性も

これから先に交際をしていきたいと思う相手から見て、ファーストコールをきちんとしてくれるかどうかはとても重要です。

今後の交際に影響すると考えると、男性としては女性を不安にさせないためにも連絡をすることが求められるでしょう。

「この人なら信頼できる」と女性から思われると、今後の婚活もスムーズに進めていきやすいのです。

 

ファーストコールで意識したいポイント

ファーストコールにて意識したいのは、どのような内容でしょうか。いくつかのポイントについてお伝えしていきましょう。

 

電話をする時間に対して配慮をする

電話をする時間帯としては、連絡先交換をした日の夕方から20時くらいまでの間が理想的です。

もし当日の連絡が難しいとしても、翌日中までにはファーストコールを入れるようにすることが必要でしょう。

相手に対して電話をする時には、夜遅い時間は避けるようにしましょう。ある程度親しくなってくると、時間帯に対しては少し遅くても大丈夫になるもの。

お互いに連絡が取りやすい時間帯が違うケースもありますよね。このため今後の連絡手段や時間帯、そして連絡頻度についても話しておくようにしましょう。

 

あまり長く話さないようにする

お見合いの後で気持ちが高揚していると、つい長く話し過ぎてしまうケースがあります。つい色々な話をしたいと思い、話してしまう場合もあるかもしれません。

でもここでマナーを守るようにして、短時間にて電話を終わらせるようにすることが大切です。

最初から長電話をしてしまうと「この人はこういうタイプの人なのね」と思われてしまうでしょう。

そしてつい気持ちが緩んでしまい、紳士的な自分でいられなくなる場合もあるのです。このため慎重な行動をするように心がけておきたいですね。

 

LINEやメールなどのメッセージではなく電話をする

最初の電話は緊張するので、とりあえずLINEやメールでメッセージを入れようとする男性の思いも。

でもやはりお見合いのファーストコールとして、電話の方が印象がよいでしょう。男性の真剣な気持ちが伝わりやすくなるのです。

最初にLINEでの連絡をしてしまうと、軽いイメージを持たれるリスクもあるでしょう。次の連絡からはLINEにしてもよいかもしれませんが最初だけは電話にした方が、お互いの声のトーンや話し方から気持ちを知るのも可能になるでしょう。

 

話す内容で理想的なもの

お見合いのファーストコールの重要性と心がけておきたいポイントファーストコールで悩むのが話す内容ですよね。相手に対して失礼にならないように、そしてあまり暗い雰囲気ではなく少し明るく話したい気持ちもあるでしょう。内容について理想的なものをいくつかお伝えしていきます。

 

お見合いのお礼

お見合いのお礼に対しては、伝えるようにすることが重要です。「素敵な時間をありがとうございました」と言うことにより、相手も「こちらこそありがとうございました」と言ってくれる可能性が高いでしょう。

お見合いをすることに対して少し抵抗があっても、勇気を出してお見合いをしたというケースもあるのです。

こう考えると「やはりお見合いをしてよかった」とお互いに思えるように、お礼はしっかり伝えるようにしましょう。

 

会えて嬉しかったという気持ち

お見合い前に結婚相談所にて紹介をしてもらい、どのような雰囲気の人なのか楽しみにしていたという思いもありますよね。

このため「お会いできて嬉しかったです」と伝えるようにしましょう。相手としては「お見合いの時にどんなふうに思われたのかな…」と不安な場合があるのです。

でも会えて嬉しかったと言われると、よい印象を与えることができたと思い安心感を持てるケースは多いでしょう。

 

次のデートの約束

今後も相手と会っていきたい思いを伝えると共に、次のデートの約束ができると理想的ですね。

こちらから日程を伝えて、そのうえで初デートに誘うようにしましょう。もし相手の都合が悪いとしたら、スケジュールを聞いて合わせる方法もあります。

この時に「〇〇がお好きと仰っていましたので、専門店に一緒に行きませんか」などのように伝えると、自分を理解してくれている人と感じて女性はとても嬉しく感じるでしょう。

 

お見合いのファーストコールにて好印象を与えよう!

お見合いのファーストコールで話す内容や、スマートな雰囲気を見せるようにすると好印象を与えることが可能になります。

このためあまり深く考えすぎずに、でもマナーを大切にしながら電話をするようにしましょう。二人にとっての記念の日のように感じて、お互いに幸せな気持ちになれるはずです。

次のデートにつなげるためにも、相手からよい印象を持ってもらうようにしたいですね。そのためには男性は紳士的な振る舞いを心がけましょう。女性としては、丁寧に対応をすることが必要になるでしょう。

 

関連記事:年収1000万円の男性と結婚するには

タグ: ,