独身 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 独身」を含む記事

独身でつらいと感じるのはどんな時が多い?理由や行動法について見ていこう

2022年1月29日 /  ブログ

独身でつらいと感じるのはどんな時が多い?理由や行動法について見ていこう独身でつらいと感じるのはどのような時が多いのでしょうか。つらいと思う時には理由があることが多いですよね。

そしてこの理由を明確にすると、今後どう行動をしていけばよいのかが分かるケースもあるのです。

今回は独身でつらいと感じる時、そして理由やこれからの行動法についてもお伝えしていきましょう。

 

独身でつらいと感じる時

独身でつらいと感じる時については、様々な場面がありますよね。いくつかのものを見ていきしょう。

 

親や親戚に結婚を急かされた

親や親戚から、結婚を急かされる場面もあるかもしれません。これが年齢を重ねてくるにつれて、苦痛になってくる場合もあるのです。

「まだ早いから」と最初はうまく逃げることができていたとしても、逃げるのが難しい年齢になる可能性もあるでしょう。

この時にはどう言い訳をしようかと悩んでしまうので、独身でいるつらさを感じる場合があるのです。

 

知人から結婚の予定を聞かれることが増えた

久しぶりに話した知人から、結婚の予定はあるかどうかを聞かれることも。楽しい話をしたい思いがあったのに、急にテンションが下がってしまうケースもあるでしょう。

そして他の知人からも同じように、結婚の予定について聞かれる場面があるかもしれません。また同じ…と思うと、知人からの連絡がきたとしても無視をしたくなってしまうのです。

話すたびに結婚の話題になると思うと、人付き合いが面倒になるケースもあるでしょう。でも本当はこのような自分でいたくないので「独身ってつらいな…」と思うようになってしまうのです。

 

既婚者が結婚の良さを話してくる

既婚者同士が集まって、結婚の良さについて話している時もありますよね。この話題にはきっとついていけないと思うので、避けたい気持ちもあるのです。

でも職場などで仕方がなく、一緒に話す場面もあるでしょう。この時に「結婚して本当によかった」「今はとても幸せだな」などのような言葉を聞くかもしれません。

こちらが独身だと分かっていても、結婚の良さや自分の幸せ自慢をしてくる人はいるのです。この時に何も言うことができないと感じると、独身のつらさを感じるでしょう。

 

独身でつらいと感じる理由

独身でつらいと感じるのはどんな時が多い?理由や行動法について見ていこう独身でつらいと感じるのは、どのような理由があるのでしょうか。いくつかの理由についてお伝えしていきましょう。

 

頼れる人がいない…と感じる

いざという時に自分には頼れる人がいないと感じて、つらくなるケースもあります。結婚している人や恋人がいる人を見ると、羨ましいと思う時もあるでしょう。

自分にはこのような存在がいないと感じると、独身というのはつらいものだとあらためて思うかもしれません。

頼れる人を早く見つけた方がいいのかなと思い、今の状態に対して見直す時期だと感じるケースもあるのです。

 

仕事が結婚かを選ぶことができない

仕事にもっと真剣に取り組んでいくべきか、それとも結婚について考えるべきなのかに対して選べないと思う時もあるでしょう。

この時にも、選べない自分に辛さを感じるかもしれません。すぐに「自分にとって一番大切なのは〇〇だ」と思える人もいるでしょう。

でもこれができない今の自分が、色々な意味で中途半端な状態でいるように思えてしまうのです。

 

過去の恋愛をよく思い出す

過去の恋愛で幸せだった経験があると、ふと思い出すような時もあるでしょう。この時に独身のつらさを感じることもあるのです。

「あの頃はよかった…」と思うと、そんなふうに言う自分になりたくなかったという気持ちになるのでしょう。

このため未来ではなく過去を見ている自分がいると分かると、独身でいるのがつらくなってしまう時もあるのです。

結婚をしていたり、パートナーがいる状態だったりすると過去の出来事も微笑ましく思い出せる可能性が高いでしょう。こういう自分になりたい思いが、更に強くなるかもしれません。

 

自由でいいねと言われることが多い

既婚の友人と話すと「独身だから自由でいいね」と言われる時もあるでしょう。でも自由だとしても、寂しさを感じることもあるのです。

こちらの気持ちを分かってくれていないと思うと、残念な気持ちになるでしょう。でも自由で楽そうだと思われていると感じると、このままでいたくない思いになるケースもあるのです。

既婚者にも悩みはあるかもしれませんが、独身の自分にも悩みはあると思うと相手に負けないくらい幸せになりたいという気持ちになる場合もあるでしょう。

 

仕事の話がしたくても周りと話が合わない

仕事の話をして熱く語り合いたいと思っても、知人が仕事を辞めて専業主婦になっている場合もありますよね。

以前はかなり仕事に熱い思いを持っていた相手なので、二人で仕事に対して語り合う機会が多かったというケースもあるのです。

でも今後はもうそれができないと感じると、他の友人を探すようにしようと思うかもしれません。

でも必要だと感じる時に限って、仕事の話を語り合える友人が見つからないケースもあるでしょう。

 

プライベートでパートナーがいる友人と話した時

プライベートにてパートナーがいて、これにより穏やかに暮らしていると友人から聞く機会もあるのです。

これについては幸せでよかったと思う反面、自分にはそのような相手がいないと思い知らされてしまう瞬間になるでしょう。

このため独身のつらさを感じて、今のままではいられないように思うこともあるのです。

 

独身でつらいと感じた時の行動法

独身でつらいと感じるのはどんな時が多い?理由や行動法について見ていこう独身でつらいと感じた時には、このままにしておかないで行動をするのが重要になるでしょう。この行動の仕方について、いくつかのものをお伝えしていきますね。

 

独身でいることのメリットを考えてみる

このまま独身でいることで、どのようなメリットがあるのかを考える時間を持つようにしてみましょう。

もしメリットが多くて満足感があるとしても、デメリットもあると気づくようにするのが必要なのです。

まずはメリットについてしっかりと理解をしてから、独身でいるべきかどうかを決めるようにしたいですね。

 

デメリットとの比較をしたうえで婚活をするかを決める

独身でいることによりどのようなデメリットがあるのかについても、知っておくのは大切なのです。

このうえで、自分にとって今何をするべきかが見えてくる場合もあるでしょう。メリットとデメリットを比較してから、婚活をするかを決める方法があるのです。

婚活をスタートするとしても、もう少し先にした方が自分にとってメリットがあると思う人もいるでしょう。このため自分なりに婚活を始める時期を、ある程度明確にするとよいですね。

 

理想の結婚をイメージしてみる

理想の結婚とはどのようなものなのかを、イメージしてみましょう。思い描いている通りにはならないとしても、イメージに近い結婚を目指すのは可能なのです。

このためまずは自分が結婚に対して求めるものを考えたうえで、理想の結婚が自分にとってどういうものかを想像する時間を持つようにしてみましょう。

そうすると結婚自体が今までよりも、自分にとって近いものになってきたように感じられるのです。

 

独身でつらいと感じた時には行動をすることも必要に

独身でつらいという思いを持った時には、その思いを大切にして行動をするようにしてみましょう。

行動をすると何らかの答えを見つけやすくなるのです。そしてつらさに対しても、軽減できる場合は多いでしょう。

今の自分が何を求めているのかについても、行動をしてみなければ分からないことは多いのです。

 

関連記事:結婚相談所の体験談を30代が読みたいと思う理由

タグ: ,