デートで結婚したいと思わせる5つの方法

2019年2月16日 / ブログ

Pocket

デートで結婚したいと思わせる5つの方法

 

気になる男性との初デートはどんな女性だって緊張するはずです。

結婚を意識するならお相手なら、

もっと知りたいという気持ちもあるでしょうが、

それ以上にあなた自身の良いところをたくさん知ってもらって、

お相手にはもっとあなたに興味をもらいたいと思うものです。

男性は女性よりは比較的細かいことを気にしない人が多いとは思いますが、

それが結婚を考える相手であったら、

女性に対する眼差しも変わってくるようです。

気になる男性との仲をもっと深めたり、

あなたと結婚することに前向きになってもらうためにも

大切なポイントを5つにまとめてみました!

 

〇さりげない感謝の意を示

些細なことでも感謝する気持ちを見せることは大切です。

例えばお勧めの映画に誘ってくれたり、

ドアを開けてくれたりなど些細な優しさに対して、

意外と無意識でいる女性が多いものです。

また男性がご馳走することは当たり前ではありません。

これまでの交際相手がそうであっても、

結婚したいと思う相手に対しては言葉や態度で感謝の意を伝えましょう。

さりげない場面できちんとお礼を言える

女性は育ちの良さや礼儀正しさと共に気立ての良さを評価され、

結婚相手としてグンと印象がアップすることでしょう。

 

〇相手の良いところを具体的に褒める

先ほどと少し重複しますが相手に対してさりげない言葉や態度で

「あなたは素敵な人」というメッセージをたくさん送りましょう。

「すごい」を連発ばかりしていてもワザとらしく不自然です。

「●●さんおすすめの映画のこんなとこが良かった」とか

「とてもおいしいです。

●●三都は味覚が合いそう」など嬉しさを具体的に伝えられると、

男性としてはちゃんと自分を分かった上で評価してくれていると受け止め、

あなたに対してこちらもちゃんと向き合わなくては思うようです。

 

〇程よい良い賢さを見せる

結婚する相手には程よく賢い女性がいいと思っている男性が大半ですが、

かといって男性は理屈っぽかったり上からものを言う女性を嫌います。

気持ち良い受け答えやさりげない気の利いた質問ができる女性が好感度が高いようです。

またちょっとしたユーモアのセンスのある女性もいいですね。

特に口下手な男性にとっては肩の凝らない会話ができて「この女性となら・・・」と

将来を想い描けるようです。

間違っても自分の知識をひけらかすような

女性は結婚相手としてはパスされがちなので気を付けて。

〇ダラダラ長居せず引き際はさっぱりと

長く交際中のカップルではなく、

出会った間もない結婚を意識している男性なのですから

アルコールの取り過ぎや終電を逃すなど、

生活習慣のだらしなさがうかがえる行為は避けましょう。

また長すぎるデートも場合によりですが、あまりお勧めしません。

例えばランチからディナーまで時間を共にしたり、

夕食後いつまでも帰ろうとせず終電ギリギリまで一緒にいることで、

相手の気持ちも楽しかったドキドキ感が薄まり、気を遣って疲れたな、

早く帰って一人になりたいという気持ちに変わらないとも限りません。

デートが一通り終わったら、気持ちよくお礼を伝え、

去り際は笑顔でさっぱりと別れると、

「楽しかったなあ。できればもっといたかったな。」とか

「よし、また誘おう」という気持ちが湧いてくるようです。

 

〇自分の考えを持っているが主張し過ぎない

自分の意思がしっかりあり芯のある女性は魅力的ですし、

結婚相手としてもしっかりした女性との

将来の方が何かと安心と考える男性が多いことでしょう。

しかしそれと自己主張が強すぎることは別です。

デートの場で自分のルールやこだわりを言い過ぎることで

「この女性とじゃ価値観が違いすぎてて安心して暮らせない」と

相手に引かれてしまうかもしれません。

お互いに相手の価値観に自分が合わせられるかな、

ぐらいの気持ちを持つことで上手くいくものです。

まとめ

冒頭で書きましたが初デートは特に、

自分を良く印象付けることに必死になりがちです。

この相手こそ射止めたい!

という想いが強ければ強いほど暴走してしまうこともあります。

ですが、自分を主張し過ぎることは何かと裏目に出やすいものです。

何に対してもさりげない自然体で接するべきです。

相手も同じように自分を知ってもらいたいと願っているのに、

話をろくに聞いてくれず自分の主張ばかりされたら・・・

もう二度目のデートはないでしょう。

印象を良く見せたいのならまず、

相手の気持ちを考え丁寧に話に耳を傾けてあげること、

そして具体的な感想を伝えて相手を喜ばすことです。

誰もができそうで、意外とできていないことではないでしょうか。