真剣交際 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 真剣交際」を含む記事

真剣交際の進め方が知りたい!結婚相談所でお見合いをしたケースについて

2022年12月14日 /  ブログ

真剣交際の進め方が知りたい!結婚相談所でお見合いをしたケースについて真剣交際の進め方としては、結婚相談所でお見合いをした相手と仮交際をしてからステップを踏んでいくことになるでしょう。

様々な内容について悩むケースもあるかもしれません。でもある程度把握をしておくと、穏やかな気持ちで結婚に至ることが可能になるのです。

 

真剣交際に入るタイミング

真剣交際の進め方が知りたい!結婚相談所でお見合いをしたケースについて真剣交際に入るタイミングについては、事前に把握しておきたい内容と言えるでしょう。結婚相談所のカウンセラーに相談をしながらタイミングを掴むようにしたいですね。では詳しい内容について一緒に見ていきましょう。

 

毎日のように連絡をしている

お互いにあまり無理をすることなく、電話やLINEが自然とできる状態になっているということはとても重要です。毎日の連絡が習慣化してきている状態だと思った時には、そろそろ真剣交際に入るタイミングかもしれないと思うようにしましょう。

連絡の期間が空くことが多かったり、返信がなかなか来なかったりするようなケースでは、まだ真剣交際に入る時期ではないのかもしれません。

 

デートが1週間に1度はできている

1週間に1度のデートが習慣化していると感じた時には、お互いの気持ちが近い可能性があるでしょう。相手が多忙な場合には、どうしても1週間会えないことがあるかもしれません。

でも基本的には1週間に一度、どちらからともなく連絡をしてデートの約束をしたりプランを立てたりする関係は、とても理想的ですよね。この時期には真剣交際に入るタイミングと捉えてもよい場合が多いのです。

 

居心地のよさを感じる

一緒に過ごす中で「この人といると居心地がいいな」と思うことが増えてくると、仮交際から真剣交際に入るタイミングのように感じる場合も。デートをしていてもなぜか気持ちが落ち着かなかったり、違和感を覚えたりするとしたら、しばらく仮交際のまま様子を見た方がいいかもしれません。

居心地がよいかどうかは結婚においてとても重要なので、デートをしていく中でチェックしていくことが大切ですね。

 

会話が弾むことが多い

直接会った時や電話などで話をする時に、会話が弾む相手だと思うことがあります。最初は敬語で話していた相手でも、段々と親しくなってきて敬語ではなくなるケースもあるでしょう。

呼び方についても下の名前で呼ぶようになったり、愛称などで呼んだりすることもありますよね。この時点で、仮交際から真剣交際に入るのにちょうどいいと思えるようになるはずです。

 

将来について話す機会が増えてきた

二人の将来について話す機会が、段々と増えてきたと感じる瞬間があるかもしれません。結婚をしたら仕事はどうするのか、そして住まいはどこにするのかなどについて話すようになってくるカップルもいるでしょう。

この時点で、結婚についてお互いにかなり真剣に考えている可能性が高いのです。このため真剣交際に入ってもいい時期だと言えるでしょう。

 

与え合える関係性になってきた

相手から与えてもらうことばかりを望むのではなく、自分自身が相手のためにしてあげられることについて考えられる関係性はとても理想的です。お互いにそう思えていると感じた時には、仮交際から真剣交際に入るベストな時期でもあるでしょう。

この時期になると、相手の望んでいることが質問をしなくても分かるようになってくるケースも多いのです。

 

真剣交際で確認しておきたい内容

真剣交際の進め方が知りたい!結婚相談所でお見合いをしたケースについて真剣交際に入った時には、どのような内容について確認をしておくべきなのでしょうか。この内容についても把握しながら交際を進めていきましょう。

 

お互いの金銭感覚について

お互いの金銭感覚が違うかどうかは、真剣交際をしているうえで分かってくることもあるでしょう。例えばお互いの家に訪問することにより、金銭感覚を理解できるかもしれません。

真剣交際が始まると、お互いの家を行き来することになる場合もあるため、相性が分かることも多いのです。金銭感覚について、多少違いがあっても譲歩できると思えるかどうかも大切でしょう。

 

より具体的に将来の話をする

結婚の準備や住まい、そして働き方などについて更に具体的に話をするようにしましょう。ここで相手に遠慮をして自分の希望を伝えずにいることにより、結果として後から困ることになってしまうケースもあるのです。

相手の希望を聞きながらも、自分の思いや考えについてしっかりと話すようにすることが必要になるでしょう。「この面は譲れない」と思う内容についても、穏やかに相手に伝えるとよいですね。

うまくすり合わせができないと悩んだ時には、結婚相談所のカウンセラーに相談をするのも大切でしょう。これにより、よいアドバイスやヒントを与えてもらえる可能性が高いのです。

 

今後のスケジュールについて確認し合う

いつ頃に結婚をしたいと考えているのかなど、今後のスケジュールについて話すようにしていきましょう。

例えば仕事の繁忙期などがある場合には、結婚について話を進めていきにくいケースもありますよね。

仮交際の時には軽くしか話してこなかった内容を、真剣交際の時にはより深く話していくことが必要になるのです。

お互いにどのようなスケジュールが理想的だと思うのかは、話し合うことにより分かってくるもの。ここで調整を少しでもしておくと、スムーズに結婚をすることができるでしょう。

 

真剣交際中の行動について

真剣交際中の行動に対しては、しっかりと把握しておくようにしたいですね。いくつかの内容についてお伝えしていきましょう。

 

プロポーズをする

プロポーズのプランを考えて、プロポーズをする準備から始めるようにしましょう。女性の好みなどを知ったうえで、理想的なシチュエーションを考えるとよいですね。

プロポーズをして相手が頷いてくれてから、婚約状態となります。とても大切なことですから「結婚してください」という思いを、この時にきちんと伝えるようにすることが重要でしょう。

プロポーズの仕方や言葉などについては、一人で悩みすぎずに結婚相談所のカウンセラーに相談をすることをお勧めします。

 

お互いの家族に挨拶をする

プロポーズの後には、お互いの両親に挨拶をすることになるでしょう。結婚相談所を成婚退会してから双方の両親に挨拶をするのかどうか、時期については二人で相談をするようにしたいですね。

二人にとってそしてお互いの両親にとって、いつの段階が結婚の挨拶に行く時期として理想的なのかを、話し合う時間を持つようにするとよいでしょう。

 

結婚のために様々な内容を決めていく

結婚の意思を確認した後には、様々な内容について決めていくことになります。どのような結婚式にするのか、そして住まいについてはどうするのかなども、お互いに納得できるように話し合うことが必要でしょう。

幸せを感じながら、様々なことを穏やかな気持ちで決めていくようにしたいですね。

 

真剣交際の進め方で悩んだ時には

真剣交際の進め方について悩んだ時には、結婚相談所のカウンセラーに相談をすることが必要になるケースもあるでしょう。

話をしたことにより、気持ちが楽になる場合もあるのです。そして二人で結婚の話をする時には、価値観の違いを多少感じても認め合えることができれば問題はないでしょう。

違う感覚を持っているからこそ、新鮮な気持ちになれる場合もあるのです。仮交際と真剣交際を経て、お互いに「この人となら一緒に歩んでいける」と確信を持てるようになっていくもの。

理想的な相手と出会えたことを確信して、結婚してからの生活についても今からとても楽しみな気持ちを持てるようになるでしょう。

 

関連記事:恋愛で減点方式を取っている人は多い?加点方式に変えるためのコツ

タグ: ,