弁理士 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 弁理士」を含む記事

結婚相談所にて弁理士と出会うことは可能?仕事内容と婚活の仕方について

2022年2月14日 /  ブログ

結婚相談所にて弁理士と出会うことは可能?仕事内容と婚活の仕方について結婚相談所にて弁理士と出会って、結婚することはできるのでしょうか。弁理士の仕事内容については、大体は理解しているけれど詳細について分からない人もいますよね。

今回は結婚相談所にて弁理士と出会い、結婚をするためのポイントについて一緒に見ていきましょう。

 

弁理士の仕事内容とは

弁理士の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。いくつかの代表的なものをお伝えしていきます。

 

知的財産権の保護やサポート

知的財産権には発明をした時の特許権や実用新案権、新しいデザインを生み出した人の権利としては意匠権があります。

商品やサービスに対して他と区別する時には商標権もあります。これらのどれもが特許庁に出願をして、保護されることになるのです。この時の保護のサポートをするのも、弁理士の仕事のひとつになるでしょう。

 

出願の代理

特許庁への出願に対して不安を感じる人は多いですよね。でもきちんと権利を保護しておく必要がある場合には、弁理士を通して代理で出願してもらうことも。

これについては、実際に出願可能かどうかをリサーチする必要があるので、これに対しても弁理士が行います。

書類作成には法律的な知識も要るので、こう考えると弁理士に依頼して出願をしてもらった方が安心でしょう。

 

知的財産についての相談

出願には何が必要かなどの相談に乗ることも弁理士の仕事です。権利出願をする前のコンサルから、出願の後のサポートまでを引き受けてくれるのが弁理士でしょう。

相談者の代理としてこのような業務を行えるのは法律上、便利だけなのです。このため技術的な知見と法律的な知見を持ち、今後もその能力を仕事に活かしていけるでしょう。

 

弁理士になるには

結婚相談所にて弁理士と出会うことは可能?仕事内容と婚活の仕方について弁理士になるためには、どうしたらよいのでしょうか。資格などについて詳しく見ていきましょう。

 

国家試験について

原則として、国家試験である弁理士試験に合格する必要があります。その後実務修習を経て、日本弁理士会に登録をします。

弁護士の資格があったり、特許庁の審査官や審判官として通算7年以上の業務経験があったりした場合には、弁理士試験を免除されるケースがあります。

これについては、詳細を明確にしたうえで行動をすることが必要になるでしょう。

 

特許事務に勤務

始業事務所に勤務をするケースでは、一般社員として経験を積んで、その事務所でのパートナーを目指すことになります。

もしくは独立をして、自分の事務所を持つという人もいるでしょう。技術者から弁理士になるという人もいますので、弁理士としては未経験でも入社できる事務所もあるのです。

 

企業に勤める

企業に勤めるケースでは、法務部や知財部などに所属されるでしょう。でもメーカーに勤務をする際には、日本弁理士会への登録料は高額ですが、自費にてしっかりとおこなっておくことが必要になるのです。これを会社側が負担するというケースは、少ないかもしれません。

 

弁理士のやりがいとは

弁理士の仕事でのやりがいに対しても、詳しく知っておきたいところですよね。どのような時に「この仕事をしてきてよかった」と思うものなのでしょうか。

 

特許が取得できた時

特許を取得するために短くても1年、長いと10年かかるような場合があります。この期間弁理士とクライアントは、特許取得を目指すことになるでしょう。

取得が困難なケースもあるので、それに対して苦労をする場合もあるのです。このため権利が認められた時には、とても嬉しい気持ちになれるでしょう。手間と苦労が報われたと感じるので、大きな達成感をこの時に得られるのです。

 

クライアントに喜んでもらえた時

権利が認められるまでには、まさに二人三脚でクライアントと共に弁理士は努力をしていくことになるでしょう。

そしてこの時に信頼関係が生まれるケースもあります。なかなか特許が取得できずに難航するようなこともあるでしょう。

でも結果として特許が得られた時には、クライアントから感謝の言葉を述べられたり、喜びの声を聞くことができたりするのです。これも大きなやりがいとなるでしょう。

 

能力があると実感できた時

様々な依頼があるので、それに対してどのようにして権利化までもっていくのかは、弁理士としての腕の見せどころになります。

このため弁理士が依頼内容に対して、どのように権利を申請するかは能力次第となるのです。

このため結果としてうまくいった時には、自分の能力について自信を得られるでしょう。そして「この仕事をこれからも続けていきたい」と思えるのです。

 

弁理士の婚活について

結婚相談所にて弁理士と出会うことは可能?仕事内容と婚活の仕方について弁理士の婚活に対しては、どのような傾向にあるのでしょうか。いくつかのものを見ていきましょう。

 

効率的な婚活を望んでいる

多忙で時間に余裕がない弁理士は多いので、効率的な婚活がしたいと考える場合が多いです。

このため「それなら結婚相談所が一番理想的かもしれない」と考えて、婚活法として選ぶ弁理士もいるでしょう。

時間や労力を婚活のためにかけるよりも、任せられる面についてはプロに任せておけるというのも結婚相談所の魅力なのです。

 

女性と出会いにくい職業である可能性も

弁理士は女性と出会いにくい職業である場合もあるでしょう。職場に女性が多くいるケースもありますが、そうではない可能性もあるのです。

法律的なことを扱う職業でもあるため、慎重にそして真剣に仕事に向き合うことが多いでしょう。

このように考えると、職場での恋愛は避けたいと思う人は多いかもしれません。

 

気配りができて仕事への理解がある女性が理想

本来は気配りが出来て、仕事への理解がある女性を妻にすることが、弁理士としては理想的だと考えるのです。

このような女性と出会いやすいのが結婚相談所でしょう。自分の理想とする相手と出会えると感じると、この場所にて婚活をしていこうと決めて、忙しい中でも努力をしようとするのです。

 

結婚相談所なら弁理士との結婚はできる!

結婚相談所には様々な職業の人が登録をしていますので、国家資格を得ている人も多いです。このため弁理士という職業に魅力を感じて、出会ってみたいと思いお見合いに至ることもあるでしょう。

結果としてお見合いにて相性がよいと感じて、結婚に至ることも可能なことなのです。他の婚活方法よりも、確実に出会えるという点で安心感がありますよね。

 

関連記事:結婚相談所でお見合いをするのなら旅行が趣味の人がいい!と思った時には

タグ: ,