別れた方がいい | 東京青山のハイクラス結婚相談所 ならインフィニ|30代40代の婚活

タグ「 別れた方がいい」を含む記事

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて

2024年5月2日 /  ブログ

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて価値観の違いがある相手とは別れた方がいいのかな…と悩むこともあるでしょう。でも勢いだけで行動せずに、相手が自分にとってどのような存在なのかを見極めることが大切です。

では今回は、価値観の違いがある相手とは別れた方がいいかどうかについて詳しくお伝えしていきますので、今後の行動に役立てていただけると幸いです。

 

価値観が違うなら別れた方がいいと考える理由

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて価値観が違うとしたら別れた方がいいと考えるのは、様々な理由があります。いくつかのケースについて見ていきましょう。

 

将来的に苦労をする

交際している時にはそれほど問題ではなかったことでも、お金や家庭など、一生これからも過ごしていくことを考えると、価値観の違いによって困るように感じるケースもあるでしょう。

将来的に苦労すると思うとしたら、交際中によく話し合うようにすることが大切です。それでもずれを感じるとしたら、別れた方がお互いにとってよいと思う場合もあるでしょう。価値観の違いにより喧嘩やトラブルが増えるようなことも、結婚後にはあるかもしれません。

 

ストレスになりやすい

価値観の違いがあると、それによりストレスを感じることが増える場合もあります。衝突することが多いので、「もっと合う人と結婚するべきだった…」と後悔する場合もあるでしょう。

これからも一緒に歩んでいけるかどうかを考えた時に、ストレスが溜まるように思うとしたら、トラブルになる前に別れた方がいいという思いを持つ人もいるのです。

 

コミュニケーションがとりにくい

価値観があまりにも違いすぎると、認識も違うことがあります。このため話が合わずにコミュニケーションがとりにくくなることもあるでしょう。

一緒にいるのに話が合わない…と感じると、相手との心の距離ができてしまうかもしれません。

そして会話が成立しない…という思いをするのは、大きなストレスになってしまう可能性があるのです。

 

一緒にいてもリラックスできない

「この人とは価値観が違う」と思うと、一緒にいてもリラックスできずに居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

交際相手や結婚相手には、居心地がいいと思える人を選びたいですよね。でも何となく落ち着かない、穏やかな状態でいられないと思う場合は、結婚に対して前向きになれないケースもあるでしょう。

 

価値観が違っても別れた方がいいと思わない理由

価値観の違いを感じても、別れないで一緒にいたいと思う人もいるのです。それにはどのような理由があるのかを詳しくお伝えしていきましょう。

 

まずは受け入れてみる

自分とは価値観が違うと思ったとしても、それが別れに直結するわけではないと思う人もいます。

一緒にいる中で気づかなかった、初めて知る相手の価値観もあるでしょう。このためまずは受け入れるようにして、考えたり話し合ったりしたいという気持ちがあるのです。そのうえで、本当に合わないと思うまでは交際を続けたいと思う人もいるでしょう。

 

価値観が完全に一致する人などいない

「価値観が完全に一致する人など存在しない」という思いを持っている人もいます。元々人それぞれ異なるもので、仕事や生活が変わると価値観も変化していくという考え方もあるでしょう。

お互いにとって致命的な価値観のずれではないのなら、見切りをつける必要はなく、様子をうかがいながら交際していきたいと思うパターンもあるのです。

 

人により感覚に違いがあって当然

育ってきた環境やこれまで学んできたことにより、感覚に違いが生じるのは当たり前という思いを持つ人もいます。

積んできた経験も人により違いがあるので、価値観は当然変わってくるものという考え方の人は、価値観の違いが理由で別れたいとは思わないことが多いのです。

このような人は、特に自分の思いを押しつけることもなく、相手の考え方を柔軟に受け入れていけるタイプなのでしょう。

 

別れる理由とは思えない

例えば性格や外見など、好きな部分が多いケースでは、今のままの交際相手に満足している可能性が高いでしょう。

二人で過ごした時間や思い出がたくさんあるので、これからも一緒にいたいと考えているのです。

もし多少の価値観の違いがあっても、それがあるからといって別れる理由にはならないと思う人もたくさんいるでしょう。

 

それぞれの価値観の違いについてどう考える?

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて今後も一緒に過ごしていくかどうかを決めるために意識しておきたい価値観の項目があります。それぞれの価値観の違いについてどう考えるのかを詳しく見ていきましょう。

 

お金の価値観

愛があれば、お金に余裕がなくても暮らしていけるという考え方も人もいます。でも生活していくためにはやはりお金も必要でしょう。

そしてお金の使い方や、倹約家か浪費家かなど、お互いにお金に関する価値観が違う場合もあります。

そうすると、相手の行動が理解できず納得できない…と悩むことがあるかもしれません。そのような中で我慢して一緒にいると、楽しいはずのデートの時間も苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

金銭感覚については、できるだけ価値観や考え方が似ている方が、一緒にいてトラブルになりにくいと言えるのです。

 

生活の価値観

結婚してから一緒に生活することになると、長い時間を過ごすようになるため、生活における価値観もとても大切です。

これについては、結婚前に同棲の期間を設けるという方法もあるでしょう。また、交際中に旅行することにより、お互いの生活スタイルの違いが分かることも。

例えば衛生面や仕事とプライベートのどちらを優先するかなど、お互いの価値観をチェックしたり話し合ったりする機会を持つことが重要になるでしょう。

例えば清潔感のある人かどうか、そして休みの日はどう過ごすのかなどについても、交際しているだけでは分からないこともあるかもしれません。

実際に一緒に生活してみることにより、折り合いをつけられる相手かどうかが見えてくる可能性が高いのです。

 

マナーの価値観

マナーのある人であれば、交際中も安心感を持って一緒に過ごすことができますよね。パートナーに対してだけ丁寧な接し方をするのではなく、他の人ともマナーを持ってやりとりすることができる人が理想的でしょう。

交際期間が長くなってきたからといって、気を許しすぎて「どのような態度でいてもいい」と甘えすぎてしまうのは避けるようにしましょう。

どのような時でも相手を尊重して、マナーやルールを守るように努めることができる人がベストでしょう。

例えば交際して間もない頃は丁寧な言葉遣いだった人が、慣れてくると言葉遣いが荒くなるパターンもあります。

それを見ていて「結婚してからもこのような話し方なのかな…」と気持ちが冷めてしまう人もいるでしょう。

 

結婚の価値観

交際中とは違い、結婚となるとただ婚姻関係になるのではなく、人により相手の家に入ったり家族との付き合いが始まったりすることになるでしょう。

そして子供についてもどうするかなどの考え方が違うケースもあります。重要な内容については、結婚前によく話し合っておくようにしたいですね。

相手の結婚観を聞いて、自分と合うと思えるとしたら結婚相手として理想的かもしれません。でもそうではないと感じた時には、相手との結婚に対して不安を感じることもあるのです。

このため他にもっと合う人を探した方がいいのかも…と思うようになる可能性もあるでしょう。

 

価値観の違いを感じて別れた方がいいケース

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて価値観の違いがある…と感じて別れた方がいいケースには、いくつかのパターンがあります。こちらについても詳しくご説明していきましょう。

 

相手が約束を守らない

やりとりの中で約束したとしても、相手がそれを守ってくれないこともあるでしょう。例えばデートの約束をしていたのに、相手がそのことをすっかり忘れていたというケースもあります。

自分にとって歩み寄れない価値観だと感じると、相手と話し合いたい気持ちになることもありますよね。

でも話し合ってもなかなか相手が変わってくれないこともあるのです。表面上は今までよりも寄り添ってくれているように感じても、結果的には以前と何も変化が見られないと思った場合は、約束や取り決めについて軽く見られている可能性があるでしょう。

 

自分のペースを優先しすぎる

都合やペースを押しつけてきて、こちらの都合などを聞いてくれないような相手もいます。このような場合、相手の価値観に合わせればいいと我慢してしまう人もいるかもしれません。

でも一方的に我慢してばかりの関係では、長く一緒にいるのが難しくなってしまう場合があるのです。

お互いの都合やペースを大切にして、時にはこちらのことを優先してくれるような相手を選ぶことが理想的でしょう。

 

家族や友人のことを悪く言ってくる

交際している相手が、こちらの家族や友人のことを悪く言ってくるとしたら、それは価値観を蔑ろにされていることと言えるでしょう。

長期間生活を共にしてきた家族や友人は、自分にとってとても大切な存在であり、価値観の象徴です。

このため家族や友人を否定するのは、パートナーを否定することと同じと言えるでしょう。自分自身が家族や友人の悪口を言う場面でも、相手が同調して悪口を言ってくるとしたら、それはよい関係ではない場合が多いのです。

 

食べ物の好みが大きく違う

食べ物の好みは、小さい頃からの生活や食習慣と深い関係があるものです。このためなかなか乗り越えられない価値観の違いになりやすいでしょう。

恋人同士なら、お互いに好きなものを食べるという形で折り合いをつけられるかもしれません。

でも将来的に結婚して一緒に暮らすのであれば、食べるものを合わせる必要も出てくるのです。

好きなものを食べられないのはかなりのストレスになってしまうこともあり、話し合いだけでは解決できない問題でもあるので、今後も一緒にいるべきかを慎重に決める必要があるでしょう。

 

価値観の違いは乗り越えられる?

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて価値観の違いを乗り越えていくことは可能なのでしょうか。その方法について詳しくご説明していきましょう。

 

価値観についてルールを決める

価値観の違いについて、お互いにルールを決めるという方法があります。こちらとしてはとても気になる内容でも、相手はあまり気にしていないケースもあるでしょう。

でも我慢をし続けるのはよくないので、できれば話し合う時間を作り、価値観のずれについても伝えるようにした方がよいですね。

そのうえでお互いの価値観を尊重できるルールを決めるようにすると、今後の交際がしやすくなる可能性があります。

 

相手の価値観を認める

価値観については、正解というものはないと考えるようにする方法があります。このため相手の考え方や価値観についても認めることも必要に。

違うからこそ、新鮮で面白いと感じられるケースもあるかもしれません。楽しみながら価値観に理解を示すことができれば、それはとても理想的でしょう。

自分の価値観を無理に変えるのではなく、相手の価値観も自分の価値観もよいと考えることが大切です。そうすると、相手の言動に対しても納得できるようになれるでしょう。

 

相手の立場になって考えてみる

立場の違いから感覚や価値観が合わないと思うケースもあります。このため相手の立場になって考えてみると、相手がなぜそう考えるのかを理解できる可能性があるでしょう。

例えば職場での立場、家事や育児をする立場など、それぞれが置かれている環境によっても考え方を変えざるを得なくなることもあるのです。

このため相手との感覚や思いのずれは、実は価値観の違いではなく、立場の違いが関係していることもあるでしょう。

 

しばらく会わない時間を作る

長く一緒にいすぎて、普段から会ったり話したりするのが当然になっているカップルもいます。

でもこのため相手に甘えすぎていたり、相手がこちらに対して依存していたりすることもあるでしょう。

しばらくは会わないようにして、連絡もあまりとらないようにしようと決めることにより、お互いに関係性を見つめ直せる場合があります。そうすると、自分にとって本当に大切な存在なのかを見極められることもあるでしょう。

 

相手と別れるべきか見極めるには

価値観の違いがある人とは別れた方がいい?見極め方のポイントについて価値観の違いから別れようかどうしようかと悩んだ時には、見極めるためのポイントがあります。こちらの内容を把握したうえで行動をしてみましょう。

 

気持ちの温度差が生じていないかどうか

自分だけが相手に対して愛情が強くて、相手はそうではないというケースもあります。逆に相手からの愛情が深く、自分は何となく交際しているというパターンもあるでしょう。

この場合は、気持ちに温度差が生じているので、今後の交際中に揉めたり辛くなったりすることがあるかもしれません。

お互いに相手を大切に想っていて、愛情を持っている同士であれば、価値観の違いが多少あっても今後も一緒に歩んでいけるでしょう。

 

相手を減点方式で見ている可能性も

相手の短所や嫌な面を見つけて、気づくと減点方式で恋愛をしていたというケースもあります。この場合は、気持ちが離れていっているサインの可能性もあるでしょう。

無意識のうちに別れる理由を探していることもあるのです。もしくは理想が高くなりすぎていて、相手としては負担を感じているかもしれません。

できれば相手のよい面や長所を探して、短所についても受け入れられるかどうかを考えるようにすることが大切です。

 

この人しかいないと思えるかどうか

「結婚するならこの人しかいない」と思えるほど、相手に対して愛情があり理想の人だと思っているかはとても重要です。

この場合は、価値観の違いがあるからといって別れたいとは思わないものでしょう。でもそうではなく「他にもっと合う人がいるのでは…」と思うとしたら、多少のずれが気になってくることもあるのです。

そうすると、相手との心の距離を感じて、一緒にいても心が満たされなくなってくるでしょう。

 

結婚願望について聞いてみる

自分は結婚願望があるけれど、相手はそうではないということもあるかもしれません。でも結婚の話をすると重いように感じて、遠慮してしまう人もいるでしょう。

でも交際中に勇気を出して、結婚の話をしてみることが大切です。将来的にどのような結婚生活を送りたいのかを聞いたうえで、今後も交際を続けるのか、それとも少し距離を置いた方がいいのかを考える方法もあるでしょう。

 

価値観の違いがある人とは別れた方がいいケースも!見極めが重要に

価値観の違いがある人とは別れた方がいいというケースも実際にあります。でも多少のことなら受け入れられると思う場合もありますよね。

このため今後も交際してそのまま結婚するのか、それともここで別れた方がいいのかを見極めることが重要になってきます。

もし他の異性に出会う機会があるとしたら、本当に自分が結婚相手に求めているものに気づくことができる場合もあるでしょう。

 

関連記事:結婚相談所はエグゼクティブな場所を選びたい!特徴や婚活の仕方とは

タグ: ,