お見合い写真 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 お見合い写真」を含む記事

お見合い写真を女性が撮る時に意識したいポイントとは

2022年11月20日 /  ブログ

お見合い写真を女性が撮る時に意識したいポイントとはお見合い写真を女性が撮る時には、できるだけ魅力的に撮ってほしいと思うものですよね。できるだけ印象をよくするためには、どうしたらよいのでしょうか。

いくつかの知っておいてほしいポイントがありますので、今回はお見合い写真を女性が撮る前に把握しておきたい内容をお伝えしていきますね。

 

お見合い写真を撮る時に女性を魅力的に見せるためには

お見合い写真を女性が撮る時に意識したいポイントとはお見合い写真を撮る時には、どうすれば女性を魅力的に撮ることができるのでしょうか。知っておきたいポイントやコツについて一緒に見ていきましょう。

 

似合う色にこだわる

自分に似合う色を全体に取り入れることはとても大切です。パーソナルカラーと呼ばれるものは、ファッションだけではなくメイクに取り入れることも可能でしょう。

パーソナルカラーというのは、肌や瞳、そして髪の色など、生まれ持った自分の色を元に似合う色を見つける手法です。こちらの診断は美容院やデパートなどでも可能ですが、ネットでもできるためやってみるのもよいでしょう。

このパーソナルカラーを取り入れることによって、写真写りがかなりよくなるのです。色の持つ力は大きいということを把握しておくようにしたいですね。

 

メイクについては専門家に相談をする

自分で「これは絶対に似合う」と思っていても、専門家から見ると違う場合もあるのです。流行を上手に取り入れた自分に似合うメイクについては、専門家である美容部員に相談をする方法もあるでしょう。

普段あまりメイクにこだわっていなかった人でも、自分に似合う雰囲気を見つけることができると、それが自信につながることも期待できるのです。

 

ヘアセットはナチュラルな感じがよいことも

普段のヘアスタイルより少しおしゃれにしておく程度の方が、自然な雰囲気で好印象を与えられることも。お見合い写真のためにと思い気合いを入れすぎてしまうと、見る側としては少し距離を感じてしまうケースもあるのです。

フォトスタジオなどが決まった場合は、ヘアスタイルなどについて相談をすることもできるでしょう。勝手にパーマを当てるなどをしてしまうと、後々困るケースもあるため先に専門家の意見を聞くというのも賢明かもしれません。

 

自分をよりよく見せるファッションを選ぶ

流行を取り入れるのも大切ですが、自分自身を把握している人は似合うファッションを選ぶのも得意ですよね。例えば婚活において、結婚相談所でカウンセラーに相談ができる場合には、どのようなファッションが似合うかを提案してもらうこともできるでしょう。

自分では自分に似合う服装が分からない…と悩む人は案外多いのです。

 

お見合い写真を撮る時に知っておきたいこと

お見合い写真を女性が撮る時には、知っておきたい内容がいくつかあります。事前に把握しておくことによって、当日落ち着いて撮影してもらうことも可能になるでしょう。

 

自撮り写真はNGの場合が多い

お見合い写真の自撮りは、結婚相談所であれば本来はNGの場合が多いでしょう。軽く見られてしまう点もデメリットになり、結婚に対して真剣な思いを持っていないと思われてしまうこともあるのです。

婚活の方法によっては自撮り写真もOKの可能性もあるため、事前にリサーチをしておくことが大切ですね。

 

着物を着ることに対して

お見合い写真といえば、昔は着物だったというイメージを持つ人も。でも現在は着物を着てお見合い写真を撮ることにより、相手から近寄りにくいと思われてしまうこともあるのです。

それでもどうしても着物が着たいという場合には、フォトスタジオに相談をして検討することが重要でしょう。

 

アクセサリーで華やかさをプラス

アクセサリーは、女性らしさを演出しやすいアイテムと言えるでしょう。首元を華やかに見せるためにネックレスをつける方法もあります。ピアスやイヤリングで揺れ感を表現するのも素敵ですね。

でもあまり大振りなアクセサリーは、顔よりもそちらが目立ってしまうので避けるようにしましょう。パールはフォーマルすぎるので印象が重くなる可能性があります。

このためゴールドやプラチナなどの繊細なアクセサリーを選ぶことが理想的でしょう。

 

理想とする相手の年代に合う雰囲気づくりをする

女性のお見合い写真を相手の男性が見て、会うかどうかを決めるパターンが多いですよね。このため理想とする男性の年代に合わせた写真を撮影することを心がけましょう。

相手がお見合い写真を見てどう思うのかということを考えながら撮影をすることが必要になるのです。相手の年代についてある程度決めておくことができれば、選ぶファッションやメイク、そして雰囲気づくりについても考えやすくなるでしょう。

 

お見合い写真を女性が撮る時にNGなファッションとは

お見合い写真を女性が撮る時に意識したいポイントとはお見合い写真を女性が撮る時には、NGなファッションについて把握をしておくことが大切です。どのような内容なのかをお伝えしていきましょう。

 

カジュアルすぎる服装

カジュアルな服装を普段から好んでいる女性もいますよね。でもお見合い写真の場合はカジュアルな雰囲気を選ぶと、相手に対して失礼になってしまうケースも。

結婚に対して真剣に考えていると思われにくくなることもあるでしょう。自分自身が本気で婚活をしてお見合いをするのは、結婚を考えているからという思いを伝えることが大切です。このためにはカジュアルな服装は避けるようにしたい方がよいでしょう。

 

自分のサイズに合わない服

体のラインを強調するファッションや、自分のサイズに合わないダボっとしたイメージの服装は、お見合い写真には不向きな場合が多いです。

少しでもスタイルをよく見せたいと思い、ワンサイズ小さな服を選ぶ人もいるかもしれません。

でもどこか不自然になってしまい、似合わないと思われてしまうこともあるでしょう。このため自分のサイズを把握したうえで、コンプレックスについては上手く隠せるような服を選ぶのもひとつの方法なのです。

 

真っ白な服装

清潔感を出すことはできるのですが、白の面積が多すぎると全体的にぼやけた印象になってしまうことも。

そして白は膨張色でもあるため、太って見えてしまうこともあるでしょう。真っ白ではなくオフホワイトの服を選んだ方が、印象が柔らかくなる可能性が高いのです。

女性らしさを演出することもできるでしょう。白を取り入れたいという時には、濃い色やパステル系のカラーの羽織を合わせるようにすると、メリハリのある魅力的なスタイルを作ることができるでしょう。

 

派手で露出が多い服装

上品なノースリーブにてお見合い写真を撮る人もいるかもしれません。でも男性としては、露出が多い服装を見て少し引いてしまうケースもあるのです。

このため露出についてはあまり多くなく、そして派手さについても少し質素なぐらいの雰囲気を意識してもよいかもしれません。

ミニスカートや肩を出したようなファッションになると、男性としては「この人と会ってみたい」と思われなくなる可能性もあるのです。

 

お見合い写真を女性が撮る時には専門家に相談をするとベスト!

お見合い写真を女性が撮る時には、婚活の場所に仲人型の結婚相談所を選んでいる場合には相談をしやすいケースが多いでしょう。

婚活や結婚のプロに対して、ノウハウを聞く機会は重要です。このうえでお見合い写真についての悩みを話し、それが軽減する可能性も高くなるでしょう。

第一印象となるお見合い写真ですから、できるだけ素敵なものに仕上げたいですよね。自信を持つことができれば、お見合い当日も堂々とした気持ちで過ごすことができるようになるのです。

 

関連記事:婚活で1回目のデートをする時の男性心理について知っておこう!

タグ: ,