line | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 line」を含む記事

婚活でLINEが苦手…と思っている人の本音と今後の対策

2022年7月11日 /  ブログ

婚活でLINEが苦手…と思っている人の本音と今後の対策婚活でLINEが苦手だと思う人には、実は本音を隠している可能性があります。どのようなことを思っているのか、それについては表面に出さずに婚活をしていくケースもあるでしょう。

今回は婚活でLINEが苦手だと思う人の本音、そして今後の対策を詳しくお伝えしていきますね。

 

婚活でLINEが苦手だと思う人の本音

婚活でLINEが苦手…と思っている人の本音と今後の対策婚活でLINEが苦手だと感じる人には、どのような本音があるのでしょうか。いくつかのものについて見ていきましょう。

 

送る内容が分からない

婚活でのLINEなので内容に気を遣うという人は多いです。失礼な質問をしないように、相手を不快にさせないようにと思うとなかなか連絡ができないことも。

考え過ぎてしまい結局は日が経ってしまう場合もあるでしょう。送る内容については、思い付きではなく結婚に関連するものがいいと思う人も。

でもそれに対して「この内容では重いと思われたらどうしよう…」という気持ちになるのでしょう。送る内容が決まったとしても、何度も考えてしまうというケースもあるのです。

 

タイミングに悩む

友達に対してのLINEとは違って、送るタイミングに悩む場合もあります。タイミングが悪いと相手に迷惑をかけてしまうように思うのでしょう。

本来はLINEが好きで得意なタイプでも、婚活で使うとなると話は別と思うことが多いのです。

タイミングが分かるようになるまでに、少し時間を要すると思うと面倒だと感じる場合もあるでしょう。

 

返信がないと気になる

こちらから勇気を出して婚活でLINEをしたけれど、相手からの返信が遅い時も。これに対して待つのがとても辛いので、婚活でのLINEを苦手だと思う人もいます。

今後親しくなっていきたい相手だからこそ、かなり内容について考えてメッセージを送るようになるでしょう。

それなのに返信が来ないとなると「あの内容が失礼だったのかもしれない」と色々と考えすぎてしまうのです。

でも実はとても多忙で返信ができないだけだと、後からお詫びと共に送られてきた返信にて理由を知るケースがあるかもしれません。

 

返信をする時に焦る

相手からのLINEに対して、早く返信をしなければと焦るのが辛いと思う時もあります。友達や身近な人であれば、返信は自分のペースですればいいと思うもの。

でも婚活のLINEに対しては、できるだけ早く返信をしなければ相手に嫌われてしまうように感じるのでしょう。

かといって適当な返事をすることができないので、内容を考えるための時間を要してしまうケースも。このため婚活でのLINEを大変なように感じる人は多いでしょう。

 

言葉に気を遣うので疲れる

丁寧な言葉遣いを意識しようと思うのは、結婚したい相手だと思われたいからです。というのも相手がとても丁寧な言葉遣いの人だとしたら、自分もそれに対して合わせる必要があるように思うことも。

実際に異性の言葉遣いが綺麗だと、それをきっかけに好意を持つケースは多いですよね。でも言葉が粗いと感じると、やりとりをしたいと思わなくなる場合もあるのです。

このため言葉に対して気を遣いすぎてしまうので、婚活でのLINEが苦手だと思う人もいるでしょう。一度送った内容に対して訂正のメッセージをするのもおかしいように感じるので、それができないという思いもあるのです。

 

LINEを楽しめない

本来ならLINEは自分にとって楽しいと感じるもの。でも婚活で使うとなると、楽しめないと思い残念な気持ちになる人もいます。

自分では得意だと思っていて、使いやすいツールのはずなのに婚活ではうまくいかないように思う時もあるでしょう。

どうすれば喜ばれるようなメッセージが送れるのだろうと悩んでしまい、自信をなくしてしまうケースがあるかもしれません。

相手からの文章はとても丁寧で読みやすいけれど、自分からのLINEに対してはそうは思えないのです。このため楽しくやりとりができないので、婚活でのLINEを苦手だと思ってしまうのでしょう。

 

今後の対策はどうしたらいい?

婚活でLINEが苦手…と思っている人の本音と今後の対策婚活をしていくうえで、本来LINEは便利で楽なツールと言えるでしょう。そして二人の関係性をよりよくしていくことができる可能性も。

でも苦手な場合には対策が必要になる時もあるのです。今後どうすればよいのかについて、詳しくお伝えしていきますね。

 

長文を送らない

自分の伝えたい内容を伝えようとして、長文になってしまう場合があります。自分としては思いを表現できたので満足感があるでしょう。

でも相手から見ると、長くて読むのに疲れてしまう場合があるのです。そして同じくらいの長さの返事をしなければならないように感じることも。

このようになるのを避けるためには、できるだけ長文LINEをしないようにして少し短めの文章を意識するところから始めてみましょう。

どうしても送りたい内容については、顔を見てから伝えた方がよい場合もあるのです。

 

スタンプや絵文字は控える

スタンプや絵文字を使うようにすると、LINEが楽しくなると思う人もいます。でも婚活でのLINEに対してはあまり使用頻度を高くしてしまうと、結婚に対しての真剣な思いが伝わらなくなってしまうでしょう。

このためスタンプや絵文字は、無理に使う必要はないのです。相手がひとつスタンプを送ってきたとしたら、それに対して自分もひとつだけ返すようにするとよいですね。

相手に合わせたメッセージの送り方をすると、婚活のLINEをするのが楽だと思う場合もあるのです。

 

相手の生活リズムを把握する

やりとりの中で相手の生活リズムを把握することができるようになります。そうするとメッセージを送るタイミングについても、あまり悩まなくて済むでしょう。

最初は深夜早朝を避けるようにして、頻度も低めにしておくのが大切です。このうえで相手からのLINEがどのくらいの頻度で送られてくるのかを把握すると、こちらからも連絡がしやすくなるでしょう。

最初はお互いに手探りの可能性があるのです。そう考えると悩んでいるのは相手も同じだと思えるようになるもの。

あまり慣れた雰囲気で連絡をするよりも、丁寧な内容を少なめに送るようにした方が婚活のLINEの場合は理想的だと言えるでしょう。

 

時には電話話すようにする

連絡は常にLINEでするとお互いに決めたのではないとしたら、電話をするようにしてもよいですね。

メッセージを送るのが苦手だと感じる人にとっては、通話の方が楽だと思うこともあります。これについては相手と話し合う時間を持つようにするのが大切に。

LINEで「今少し話せそうですか?」と確認を取るのも、礼儀正しいので好印象を与えるかもしれません。

このうえで相手から電話をしてくれることもあるのです。このためまずは今後の連絡の仕方について、最初の段階で決めておくようにしましょう。

LINEだけしか連絡ができないと、声が聴きたいと思った時に寂しく感じますよね。電話番号を教えてくれたとしたら、電話での連絡がOKなのは何時頃などの情報を得るようにしましょう。お互いに伝え合うようにしておくと、今後もやりとりがしやすくなるのです。

 

婚活でLINEが苦手だと思う人は案外多い!

婚活でLINEが苦手だと感じる人は、実は多いと言えるでしょう。友達とのやりとりとは違い気を使ったり、送信取り消しがしにくかったりするのが理由になっているのです。

未読や既読に対してとても気になってしまうというのも、できれば避けたい思いを持つ人もいるでしょう。

既読になるのを気にして待つのは、辛いと思うケースもありますよね。このような時には、電話をした方が早い場合もあります。

連絡手段についてはLINEだけではなく、Skypeなどをスマホにお互いに入れる方法もあります。ひとつでも多くの手段があるほど、相手との距離が近いと感じるようになるかもしれません。

 

関連記事:結婚相談所で高年収の男性と婚活をして出会うためには

タグ: , ,