終了 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 終了」を含む記事

仮交際を終了について悩んだ時にはどうしたらいい?今後の行動について

2022年11月24日 /  ブログ

仮交際を終了について悩んだ時にはどうしたらいい?今後の行動について仮交際を終了するか悩んだ時には、どうしたらいいのでしょうか。お見合いが成功して、これから親しくなっていきたい思いもある中、結婚相手としてはどうなのか分からない…と思う時も。

今回は仮交際を終了するか悩んだ時のために、知っておきたい内容を詳しくお伝えしていきましょう。

 

仮交際にて断る時

仮交際にて断りたいと思った時には、どのような行動をすればよいのでしょうか。いくつかの内容についてお伝えしていきましょう。

 

結婚相談所のカウンセラーに気持ちを伝える

結婚相談所を通じてお見合いをした場合には、相手に直接伝えなくてもカウンセラーを通じて伝えてもらうことが可能です。

例えば親戚の紹介にてお見合いをした場合にも、自分の代わりに仲人に伝えてもらえるのと同じだと考えるようにしましょう。

なかなか自分から相手に伝えられないので、つい長くやりとりをしてしまうというケースもあるかもしれません。

でも結果としてお互いのためにならないという場合もあるのです。ここでは仲人や担当者に任せるということも必要になるでしょう。

 

断る理由について伝える意味

結婚相談所では、自分がなぜ仮交際を断りたいのかという内容を伝えることにより、次のお見合いや仮交際につなげることができるのです。

ただ断りたいとだけ伝えてしまうと、結婚相談所としては次にどのような相手を紹介すればいいのかなどについて、情報を得られないことになるでしょう。このためできれば仮交際を終了したい理由を話すようにしたいですね。

 

お礼を伝えることも必要に

お見合いをして仮交際に至った相手に対しては、お礼の言葉を伝えたいと思うこともあるかもしれません。

相手に対して失礼のない言葉でお礼の気持ちを伝えることが重要になるでしょう。でも自分で仮交際を終了したい思いを相手に伝えられない場合には、無理をせずカウンセラーに話すようにしましょう。

そしてその時にお礼の言葉も伝えておいてもらうようにすると安心ですね。

 

仮交際を終了するか迷った時には

仮交際を終了について悩んだ時にはどうしたらいい?今後の行動について仮交際を終了するか迷うケースもあるでしょう。このような時には、迷いを感じた状態で答えを出さない方が賢明です。それではどう行動をすればよいのか見ていきましょう。

 

居心地のよさを感じるかどうか

仮交際中に一緒に過ごす時間を持った時、相手に対して居心地のよさを感じたかどうかはとても重要です。

結婚をすると、今までよりも一緒に過ごす時間が増えることが想定されるため、穏やかに過ごせるかどうかをチェックしておく必要があるでしょう。

もしあまり落ち着かないという思いがある場合には、自分とは合わないと思うケースもあるかもしれません。

 

相手を更に知っていきたい思いがあるかどうか

仮交際中には、何度か二人で会うということをする可能性が高いです。その時に早い段階で、お互いに相手のことを理解し合える場合もあるでしょう。

でもある程度お互いのことが分かってきたとしても、「何となくこの人ではないかもしれない」と思うケースもあるのです。この時には、仮交際を終了した方がいいと自分自身で思う場合が多いでしょう。

 

カウンセラーに相談をする

せっかくお見合いをしてよい出会いをしたと思っている中で、仮交際を本当に終了させていいものか悩むケースもあるでしょう。

もしここで断ってしまった場合、この人以上に合う相手と出会えないかもしれない…という不安もありますよね。

それなのに自分の中で早く結論を出してしまうのは、あまりよいことではないかもしれません。

結婚相談所のカウンセラーは、婚活や結婚のノウハウについてしっかりと把握をしているため、この場合にはどうしたらいいのかについて提案やアドバイスを与えてくれるでしょう。

この内容を把握したうえで、仮交際を終了するかどうかを決めるようにしても、決して遅くはないのです。

 

仮交際の終了で相手から断られた時には

仮交際を終了について悩んだ時にはどうしたらいい?今後の行動について仮交際の終了について、相手から断られた時にはショックを受けたり落ち込んだりする場合もあるかもしれません。今後の行動の仕方について一緒に見ていきましょう。

 

分析をしてみる

なぜ相手から断られたのかについては、相手が何らかのサインを出していた可能性もあります。

もしくは自分の接し方に対して、思い当たることがあるケースも。一度分析をするようにしてみると、断られた理由や原因などが分かってくることもあるのです。

結婚相談所の場合に、相手に対して理由を求めることができるかもしれません。でもその時にストレートに本音として、理由を言わない相手もいるでしょう。このため自分である程度分析をすることも大切なのです。

 

次のお見合いに今回の経験を活かすようにする

今回のことはよい経験だと思うようにして、次のお見合いに活かすようにしたいですね。自分にとって本当に合う相手と出会うために、次のお見合いに気持ちを向けるようにするという考え方もあります。

一度目のお見合いでうまくいく場合もありますが、そうではないこともあるでしょう。それでも縁があり、お見合いから仮交際に進み、真剣交際を経て結婚している人はとても多いです。

 

できるだけポジティブな気持ちで婚活を続ける

ネガティブ思考になってしまうと、自信が持てなくなる時もあるかもしれません。このような時には、結婚相談所のカウンセラーに対して、現在の自分の思いを話す時間を持つようにしてみましょう。

そして気持ちを切り替えて、婚活をポジティブな気持ちで進めていけるようにしたいですね。婚活の専門家であるカウンセラーと話をしているうちに、段々と次のお見合いに気持ちを向けられるようになる可能性は十分にあるのです。

 

仮交際を終了について悩んだ時には相談をすることが必要に!

仮交際を終了するかどうか悩んだ時には、自分一人で無理に答えを出さずに、結婚相談所を通じてお見合いをした場合はカウンセラーに相談をするようにしましょう。

一人では答えが出しにくいような時には、まだ考える余地がある状態の可能性が高いです。もう少し時間をかけてみた方がよい場合もあるでしょう。

このためカウンセラーに意見を求めるようにして、そのうえで今後どうしていきたいのかを明確にするようにしたいですね。ある程度納得した状態の方が、これからの婚活が進めやすくなるでしょう。

 

関連記事:30代で婚活を地方でしている人の今後の行動について

タグ: ,