最低ライン | 東京青山のハイクラス結婚相談所 ならインフィニ|30代40代の婚活

タグ「 最低ライン」を含む記事

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!

2024年5月15日 /  ブログ

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!結婚相手に求める年収の最低ラインについては、それぞれの考え方や希望があると考えられます。

そういった中でも、どのような声が多いのでしょうか。男女ごとの違いも婚活をしていくうえで把握しておきたい内容です。

では今回は、結婚相手に求める年収の最低ラインについて、関連する情報と共に詳しくお伝えしていきましょう。

 

女性が結婚相手に求める最低ラインの年収

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!女性は結婚相手に、最低ラインの年収としてどのくらいの収入を求めるのでしょうか。まずはこちらについて詳しくご説明していきましょう。

 

平均は400万円

女性は男性よりも現実的な考え方をする人が多く、結婚相手となる男性にはある程度の年収を求めることが多いです。

このため婚活をしている時にも「年収○○万円以上」と、明確な希望条件を掲げていることがあるでしょう。

共働きが当然の時代という考え方もありますが、結婚相手となる男性にそれなりの年収を求めるケースもあるのです。

結論としては、女性は結婚相手に求める最低ラインの年収は、約400万円と言われています。

30代の男性の平均年収は400万円と言われているので、現実的な収入と言えるでしょう。「自分の年収と合わせてこのくらいあれば…」と、考えている女性も多い可能性があります。

 

専業主婦を希望する女性も

専業主婦を希望する女性は、結婚相手に求める最低ラインの年収が500万円と少し高くなります。

「共働きでもいい」と考える女性と比べて、男性に求める年収は高くなることに。でも男性の年収だけで生活すると考えると、年収500万円では余裕のある生活ができないこともあるかもしれません。

このためギリギリ生活できる収入として、女性が「年収500万円」という希望条件を掲げていることもあるのです。

 

男性の年齢により違いがある可能性が高い

例えば結婚相手の男性が20代の場合は、400万円の収入を得るのが難しいこともあるでしょう。

でも40代の場合は、少し高い年収を最低ラインとして設定できることもあるのです。近年は晩婚化が進み、30代半ば~40代で結婚するカップルはとても多いです。

女性は自分よりも年齢が上、もしくは同程度の男性を結婚相手に選ぶ傾向があるため、女性が結婚する年齢が上がると男性に求める年収も自然に上がってくることがイメージされるでしょう。

 

男性が結婚相手に求める最低ラインの年収

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!男性が結婚相手に求める最低ラインの年収はどのくらいなのでしょうか。こちらの内容も一緒に見ていきましょう。

 

平均は300万円

男性が結婚相手の女性に求める最低ラインの年収は、約300万円といわれています。「自分の年収にプラスして、これくらいあれば十分生活していける」と思うことが多いのでしょう。

全て男性に頼り切るよりも、きちんと仕事をして自立している女性に対して「妻として理想的な人」と思われることもありますよね。

このため仕事をしていないよりも、できれば仕事をしている女性を選びたいと考える男性もいるでしょう。

 

女性の年収を気にしない男性も

男性は家族を養う気持ちが強い人が多いので、結婚相手の女性の年収に対しては特に気にしない場合もあります。

でも仮に無職で収入を得ていない女性から、スペックの高い男性に結婚を申し込むとしたら「お金目的なのかもしれない」と思われることがあるかもしれません。

このため普通に仕事をしている女性であれば、男性は相手の年収を気にしないと思っておくようにしたいですね。

 

結婚相手の年収が気になる理由とは

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!なぜ結婚相手の年収が気になるのでしょうか。それにはいくつかの理由があるのです。ではこちらの内容を詳しくお伝えしていきましょう。

 

日常生活に関わってくる

結婚後の日常生活をしていく際に、年収がいくらあるかどうかは大きく関係してくるのです。このためお金がない状態では、日常生活を送るのが困難になってしまうでしょう。

日々の暮らしを潤すためにも、結婚する前に交際している異性の年収が気になるのは当然のことです。

「結婚は生活をしていくこと」との考え方もあるので、愛情だけでは続かないと考える人も多いでしょう。

 

将来の見通しを立てたい

先のことを考えると、ある程度将来の見通しを立てたいと考える人もいるしょう。何か大きな決断をしなければならない時に、お金があると選択肢を広げることができます。このため人生が大きく変わるケースもあるでしょう。

あまりにも収入が低いと、それにより将来が不安になってしまう…という思いを持つ人もいます。

このため生活が苦しくなったりストレスが溜まったりしたくないので、結婚相手の年収を先に聞いておきたい気持ちになる人も多いでしょう。

 

お金はあった方がいいという思いがある

お金に対しては無いと困るけれど、多い分には困らないと考える人もいます。このため貯金があっても不安を消すことは難しいので、できるだけお金があった方がいいという気持ちになる場合もあるでしょう。

愛情があったとしてもお互いに気持ちが冷めてしまった時に、お金の問題でトラブルになるようなことを避けたい思いもあるかもしれません。

 

価値観を確かめておきたい

結婚相手とのお金の価値観の違いに対しては、結婚前に確かめておきたい内容のひとつです。あまりにも価値観が違うと、それにより生活がしづらくなる可能性もあるでしょう。

このため年収を知ったうえで、今後どのように生活していくべきかを見極めたいと思うケースもあるのです。

自分と同じような金銭感覚の人であれば、結婚後もうまくいくという考えを持つ人もいるでしょう。

 

最低ラインの年収での結婚について

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!それでは最低ラインの年収の場合には、結婚することはできるのでしょうか。こちらの内容を詳しくご説明していきましょう。

 

結婚が可能かどうか

女性が結婚相手の男性に求める最低ラインの年収が400万円だとしても、これについてはあくまでも希望条件です。

このため「自分では無理かもしれない」と男性が思う必要はなく、共働きをしたい女性にとっては家事や育児を分担できる人を求めることもあるでしょう。

このため男性は年収に対して自信をなくさずに、内面を磨くようにすると理想的な女性との結婚が可能になりやすいです。

 

生活レベルにより考え方に違いがある

自分にとって満足できる生活かどうかは、人により感覚や考え方に違いがあります。例えば共に苦労をすることに対して、心が寄り添えるので幸せだと感じる人もいるでしょう。

もしくは外食や旅行をすることにより、結婚をしてよかったと思う人もいます。このため自分の生活レベルにより、結婚相手に求める年収の最低ラインが変わってくるケースは多いでしょう。

結婚後にどのような生活をしたいのかにより、自分に合う異性を見つけるようにしたいですね。

 

結婚相手の貯蓄額も重要に

結婚相手の収入だけではなく、貯蓄額も重要だと考えるようにすることも大切です。年収が高い男性でも、貯蓄が全くないケースもあるかもしれません。

そうすると、いざという時に困る場面もあるでしょう。年収が高いのに貯蓄がないとしたら、それだけお金を使っている可能性があるのです。

このため浪費家だったり、趣味にお金を使うのが当然になっていたりする場合もあるでしょう。このことを把握したうえで、貯蓄額に対しても早い段階で相手に質問しておくようにしたいですね。

 

年収ごとの結婚後の生活について

結婚後の生活スタイルは、年収により大きく変わってきます。では、いくつかのパターンを詳しくご説明していきましょう。

 

夫の年収が300万円(世帯年収600万円)のケース

夫の年収が300万円で妻の年収も同じくらいだとしたら、世帯年収は600万円程度になります。このケースでは、交際費や趣味にかかるお金を確保しても貯金ができることがほとんどでしょう。

でも女性が専業主婦になる場合には、生活水準を下げたりボーナスをできるだけ貯蓄に回したりする必要があるかもしれません。

このためどの段階で夫の収入だけで生活するのかを結婚前に決めておいた方が、穏やかに結婚生活を送れる可能性が高いでしょう。

 

夫の年収が400万円(世帯年収700万円)のケース

夫の年収が400万円で妻の年収が300万円の場合は、世帯年収は700万円ほどになるでしょう。

このケースではそれぞれが自由に使えるお金が増えて、趣味や交際費にかける金額にも余裕が出てきます。

でも油断すると貯蓄額が少なくなってしまう時があるかもしれません。そして男性の収入が300万円の場合と同じように、女性が専業主婦になるタイミングについては慎重に考えておくことが大切です。

共働きができるうちになるべく貯蓄をしておくと、安定した生活を送りやすくなるでしょう。

 

夫の年収が500万円(世帯年収800万円)のケース

夫の年収が500万円で妻の年収が300万円の場合は、世帯年収が800万円を超えることになるでしょう。

このくらいの世帯年収があると、ペットを飼ったり平日の昼食や休日の夕食を外食にしたりするのも可能になります。

そして1ヶ月に10万円以上の貯蓄ができる場合もあり、自由に使えるお金があるので生活にかなり余裕が生まれます。

住居費にどのくらいのお金をかけるかはとても重要なので、お互いに希望している生活スタイルを事前に話し合うようにすると、更に生活がしやすくなるでしょう。

 

夫の年収が600万円(世帯年収900万円)のケース

夫の年収が600万円で妻の年収が約300万円であれば、世帯年収は900~1,000万円になることがあるでしょう。

このケースでは、十分な金額を貯蓄に回すことができるので、妻が専業主婦になるのも可能と言えます。

もし2人以上の子供を持ちたいと希望するとしても、余裕を持って生活を送ることができる世帯年収でしょう。

 

結婚後に年収で悩まないためには

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!結婚後に年収により悩まないためには、いくつかのコツやポイントがあります。こちらの内容について詳しくお伝えしていきましょう。

 

年収が高いことにこだわりすぎない

結婚生活で重要なのは、年収が高いか低いかではなく、お互いが穏やかな気持ちで一緒に暮らしていけるかどうかです。

年収が低いと感じて結婚に不安を覚える人もいますが、逆に考えると年収さえ高ければ結婚がうまくいくとは限らないのです。

仮に結婚相手の年収が高くても、趣味にお金を使うことが多かったり貯金ができなかったりする場合もあるでしょう。

このため年収が高いだけで、結婚生活がうまくいくと思い込まないようにするのも大切です。

結婚前に内面をよく把握して、「この人となら長く一緒に過ごしていける」と思える異性をパートナーに選ぶことが必要と言えるでしょう。

 

世帯年収の変動に対して話し合っておく

結婚後に子供を持ちたいと望んでいる場合には、世帯年収が変動することを考えたうえでライフプランを立てるようにしましょう。

子供ができることにより、女性が産休や育休をとり収入が減るようになります。中には、一時的に仕事を辞めるケースもあるかもしれません。

場合によっては妊娠中に長期間入院したり、子供が待機児童になって保育園に入れなかったりすることもあるでしょう。すると育休を延長せざるを得ない可能性もあります。

このようなトラブルを踏まえたうえで貯金をするようにして、世帯年収が減る時期を予測しておくのが大切です。

 

お金の価値観のすり合わせをする

結婚前には、お互いにお金の価値観をすり合わせておくようにしましょう。そうすると結婚後にお金のトラブルを防げるようになるでしょう。

生活のどこにお金をかけるのかは、人により大きく違いがあります。例えば独身時代に趣味にお金を費やしていた人は、結婚後も続けたいと思うかもしれません。

でもそれにより結婚相手に反対される可能性もあるでしょう。収入については、どちらがどのように管理するのかを結婚前に決めておくのが大切です。

 

結婚相談所に登録している会員の平均年収

結婚相手に求める年収の最低ラインはどのぐらい?男女ごとに徹底分析!結婚相談所に入会している会員の平均年収は、婚活をしていくうえで把握しておきたい内容のひとつです。ではこちらの内容を詳しくご説明していきましょう。

 

男性会員の平均年収

結婚相談所にて婚活をしている男性の平均年収は、一般的には400万円から600万円程度と言われています。

このため一般的な男性の平均年収が400万円とすると、比較的年収の高い人が結婚相談所を利用していることになるでしょう。

出来れば年収の高い男性と出会いたい女性であれば、会員の中には年収1000万円以上の男性もいるので理想の相手との結婚が可能になるのです。

結婚相談所に入会をしてからプロフィールを作成することになりますが、その段階で担当カウンセラーに本音を伝えて結婚相手に求める年収を書くようにしたいですね。

 

安定した収入の人のみが入会できる場所も

結婚相談所ではトラブルを避けるために、入会時に収入証明書の提出を義務づけています。これについては、年収が一定以上あるかというよりも安定した収入があるかどうかが重視されるでしょう。

一部の結婚相談所ではハイクラスの男性のみが登録している場所もあります。このケースでは年収の額に対して、「年収は○○万円以上」と決まっていることもあるでしょう。

でも一般的な結婚相談所ではメインとして安定した収入があるかどうかを大切にしているので、年収が一定の水準を満たしているのなら平均年収を下回っていても入会することが可能になります。

 

女性が憧れる男性の平均年収

女性が結婚相手の年収として憧れている額は、平均が500万円以上と言われています。出産や育児のことも考えたうえで、安定した生活を求める女性が多いからでしょう。

特に専業主婦を希望している場合には、更に高い年収の男性を結婚相手として求めることもあります。

そして専業主婦ではなくても、結婚後は働き方を変えたいと思う人もいるでしょう。このため結婚をする際には相手に安定した収入を求める人も多いのです。

 

年収300万円クラスの男性は成婚可能?

女性が結婚相手に求める年収は500万円以上のケースも多いですが、300万円あれば十分と考える人もいます。

そして好きになったら年収は特に気にしない女性もいるでしょう。このため総合的に見ると、必ずしも女性が結婚相手に対して高い年収を求めていないことになります。

特に結婚後も仕事を続けたいという女性から見ると、家事や育児を分担してくれる男性に魅力を感じる場合もあるでしょう。

家事や育児を協力してくれることの方が、年収よりも重視する内容という思いを持つ場合もあるのです。

 

結婚相手に求める年収の最低ラインには個人差がかなりある!

結婚相手に求める年収については、最低ラインにかなり個人差があるのです。このため自分の年収では結婚ができない…と思っている人でも、実際には求めているものが他にある相手もいるでしょう。

そう考えると婚活を早い段階でスタートさせるようにして、自分と相性の合う理想的な人を見つけるようにしたいですね。

結婚相談所であれば、無料カウンセリングに行くことによりどのような雰囲気にて婚活ができるのかを自身で体験することが可能になります。

 

関連記事:婚活がうまくいかない理由とは?把握をすることで成婚が可能に!

 

お金の疑問や悩みを解決する、オールインワンサービス@next(アットネクスト)

@nextは、資産運用や家計の見直し、借入の比較など、お金に関するさまざまな悩みを解決するための総合的なサービスを提供しています。専門のコンシェルジュが無料で個別相談に応じ、お客様に最適なアドバイスを行います。さらに、LINEを利用した簡単な貯蓄力診断や、資産形成の基礎知識を学べるマガジンも用意されており、初心者でも安心して利用できるのが特徴です。お金の悩みを一挙に解決するパートナーとして、多くのユーザーに支持されています。

 

タグ: , ,