春 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 春」を含む記事

婚活の服装で女性が30代に春コーデとして選びたいものは?

2022年9月21日 /  ブログ

婚活の服装で女性が30代に春コーデとして選びたいものは?

婚活の服装で女性が悩むことは多いですよね。30代で春コーデをするのなら印象がよいのはどんなファッションなのでしょうか。

第一印象はとても大切ですから、春を感じさせながら「もう一度会いたい」と思われるような服装を目指したいですよね。

今回は婚活の服装で30代の女性にお勧めしたい春コーデについて、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてください。

 

シンプル&エレガントなコーデとは

婚活の服装で女性が30代に春コーデとして選びたいものは?30代の女性なら、ある程度落ち着いた雰囲気のファッションが婚活に合うでしょう。綺麗な雰囲気の中に、エレガントさを加えるのがポイントになります。

どのようなコーデがあるのか、いくつかの例をご紹介していきましょう。

 

ワンピースと羽織もので女性らしく

ワンピースを選ぶ時には、大人の女性の雰囲気として上品な色を選ぶようにしたいですね。タイトなワンピースを選ぶ方法もありますが、少しゆったりした雰囲気のものも魅力的です。

コーデ慣れしていない女性の場合は、ワンピースは強い味方に。春らしい色をイメージして購入してもよいですね。

そしてレースのカーデなどを羽織るようにすると、更に女性らしさがアップします。重ね着が上手な人は、お洒落なイメージを与えやすいもの。

このためワンピースの上に、一枚羽織るようにするだけでセンスの良さをアピールできるでしょう。

 

ブラウスとフレアスカート

仕事のできる女性の場合は、白を基調としたブラウスを取り入れるようにすると自立した雰囲気になりやすいです。

シンプルな中にも、エレガントさを感じるブラウスを選ぶようにしたいですね。トップスをブラウスにした場合には、ボトムスはワイドパンツにする方法もあります。

でもお見合いなどの席では、スカートにした方がよいケースもあるでしょう。この場合はフレアスカートにして、膝が隠れるぐらいの丈にするのが理想的です。

フレアスカートのように揺れるイメージのあるファッションは、女性らしさを演出しやすくなるでしょう。

 

レースのスカートを取り入れてみる

流行のワンピースでは、ライバルに勝てないという思いがある人も。この場合はブラウスとスカートのコーデをしてみましょう。

ボトムスについてはレーススカートを取り入れると、とても魅力的になれるのです。膝が隠れる長さで、女性らしさをアップすることができるでしょう。

春ならラベンダーやネイビーなどの色を選んでもよいですね。この時のトップスは白を選ぶようにすると、バランスがよくなります。透け感のあるシフォン素材を選ぶようにすると、とても品がよくなるでしょう。

レーススカートはほどよい甘さを感じさせるアイテムなので、30代女性が取り入れるとしたら合う場合が多いのです。

 

春色のニットで上手にコーデする

春は綺麗な色の服を見かけることが多いですよね。春色は女性らしさを引き出す効果が期待できるので、コーデに使うようにしてみましょう。

例えば春色ニットであれば、ピンクやイエローやミントグリーンなど。パステルカラーは季節によっては、女性をとても素敵に見せてくれるのです。

顔の周りに明るい色を持ってくるようにすると、顔色がよく見える可能性もあるでしょう。シンプルなニットを選ぶとしたら、ボトムスは少し甘い雰囲気にするとよいですね。

ニットによってはフォーマルな席でもOKのものもありますので、シチュエーションによって選ぶデザインを変えてみましょう。

 

アクセサリーについて

婚活の服装を選ぶ時には、アクセサリーについても合うものを見つけたいですよね。30代の女性に合うアクセサリーについてお伝えしていきましょう。

 

イヤリングや小さくて控えめなものを

休日に出掛ける時とは違い、お見合いなどの席ではイヤリングは全体的に小さくて控えめな雰囲気のものがよいでしょう。

少し揺れるアクセサリーは、女性らしい印象を与えやすいです。大きくて派手なものよりも、小さくて控えめなものをつけている方が、信頼されやすく結婚相手としても見られやすいかもしれません。パールのものであれば、フォーマルな席にも合うのでお勧めです。

 

ネックレスは細くてキラッと光るものを

首元は婚活の時に意外と見られている部分です。このため首元のスキンケアも必要になるでしょう。

そして選ぶネックレスによって、魅力的な女性を演出しやすくなります。トップスには首元が綺麗に開いているものを選ぶようにして、その際に細いキラッと光るネックレスを合わせるようにしてみましょう。

コーデによって首元が寂しいと感じる時には、ネックレスのトップに誕生石などを持ってくるとセンスがよくて素敵に見えるのです。

 

ブレスレットや指輪について

コーデによっては婚活のファッションにブレスレットを合わせてもよいですね。この際も少し控えめなデザインのものを選びましょう。

指輪については、指先のケアをすることは大切ですが婚活の時には男性が様々な印象を持つ可能性があります。

「もしかしたら既に相手がいるのでは」「高そうな指輪をしているな…」など、よい印象を与えられない場合もあるでしょう。

細いリングで目立たない雰囲気のものであれば「指先まで気を遣ってセンスがいい」と思われることもあります。

結婚相談所を通じてお見合いをするとしたら、指輪をつけていっても問題ないかどうかを確認しておいた方が安心ですね。

 

春コーデで30代女性が婚活の時に気をつけたいポイント

婚活の服装で女性が30代に春コーデとして選びたいものは?30代女性が春コーデを婚活にてする時には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。せっかくの出会いの機会ですから、把握をしたうえで服装を決めるようにしたいですね。

 

年代に合うものを選ぶ

自分にとって合うと感じるファッションでも、年代に合わないケースがあります。例えば安価なブランドの場合は、素材の質が悪いこともあるでしょう。

この場合は年代として合いにくいので、違和感を与えてしまうケースがあります。友達と出かける時とは違い、婚活でお見合いをする時には特に意識をしたいですね。

本当に自分の年代に合うかどうかは、試着したうえでしっかりと判断をすることが必要です。

 

高級ブランドで固めすぎない

一目で分かる高級ブランドコーデは、男性よっては引いてしまう場合があります。結婚相手としてふさわしいと思われるためには、高級ブランドアイテムを取り入れるとしても慎重にした方がよいでしょう。

恋愛相手なら許せても、結婚相手としては見ることができないと思われてしまう可能性も。ブランドアイテムを合わせるとしたら、どうすればよいのかをこの機会に研究してみるのもよいですね。

 

個性的過ぎるコーデ

自分ではこれが魅力的だと思う春コーデでも、相手から見ると奇抜でついていけないと感じることもあるのです。

このためあまり個性的すぎるアイテムは、流行であっても婚活向きではない場合もあるでしょう。

自分の個性について知ってほしい気持ちがあるかもしれませんが、それはもう少し親しくなってからにした方がよいかもしれません。

 

婚活の服装で30代女性が春に選ぶとしたら

婚活の服装については、できるだけ自分を魅力的に見せるものを選ぶようにしたいですね。好きな雰囲気のものと、自分に似合うファッションが違うケースもあるのです。

このためお店のスタッフに相談をしながらコーデをしたり、結婚相談所のカウンセラーに写真を見せたりしてみましょう。

このうえで「これなら大丈夫」と思える状態でお見合いに行く方が、落ち着いた気持ちで大切な時間を過ごすことができるようになるのです。

 

関連記事:普通の結婚とはどのようなもの?様々な角度から分析!

タグ: , , , ,