教員 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 教員」を含む記事

教員は結婚相談所にて出会いやすい?婚活についての考え方

2022年2月28日 /  ブログ

教員は結婚相談所にて出会いやすい?婚活についての考え方教員は結婚相談所にて出会いやすい職業なのでしょうか。教員といってもとても幅が広く、様々な場所で仕事をしている人がイメージできますよね。

今回は教員をしている人は結婚についてどのように思う可能性が高いのか、そして婚活についての考え方などにも注目していきましょう。

 

公立校と私立校の違いについて

同じ教員でも、公立校か私立校のどちらに勤めるかで様々な違いが生じてきます。どのような違いがあるのかを知っておきましょう。

 

公立校に勤めることによるメリットやデメリット

公立校に勤めることにより、基本的には解雇されるリスクが少ないでしょう。でも残業代がないという可能性もあるのです。

職業としては安定している可能性はありますが、残業時間が長くなってしまうというふうに考えるとよいでしょう。

結婚相手としては、解雇などの不安を持たなくても済むメリットがありますよね。

 

私立校に勤めることによるメリットやデメリット

メリットとしては、収入が高くなるケースが多い点でしょう。でも稀に解雇される可能性もあると考えておくのが必要です。

ボーナスがとても多いというような私立校もありますので、大手企業と同じぐらいの給料をもらえることもあるでしょう。

このため私立校に勤める人の方が、結婚相手には望ましいと考える人もいるかもしれません。

 

教員との結婚に向いている人

教員は結婚相談所にて出会いやすい?婚活についての考え方教員との結婚には、どのような人が向いているでしょうか。いくつかの内容について見ていきましょう。

 

安定した生活を送りたい

給料面が安定しているということから、安定した生活を送れる可能性が高いです。雇用面についての安定も期待できるため、できるだけ安定した生活をしたいと思う人であれば、教員との結婚に向いていると言えるでしょう。

基本的には解雇の不安を感じずにいられるというのも、教員との結婚のメリットと考えられます。安定した日々を結婚後に送りたいタイプであれば、教員との結婚が向いているのです。

 

教育について興味がある

もともと教育について興味があると考える人であれば、教員との結婚が向いているでしょう。将来結婚して子供を授かった時にも、結婚相手が教員であれば色々と教えてもらえる可能性もあるかもしれません。

結婚相手に対して子供の教育を任せられると考えると、安心感を持てるケースもあるでしょう。

教育に対して熱心な姿を見て、この人と結婚して良かったと思える場合もあるのです。

 

公務員との結婚を望んでいる

公務員との結婚を理想的だと考える女性はとても多いですよね。このため自分の希望や理想の相手を見つけたいと思う場合は、教員との結婚も理想的と考えるでしょう。

公務員と結婚することにより、社会的な信頼を得ることもできる職業なので、様々な面で安心できると感じるかもしれません。

男性の職業に対してこだわりを持ち、それを大切にしたいと考える人であれば、教員との結婚に対して向いている場合もあるのです。

 

教員との結婚にあまり向いていない人とは

教員との結婚に対してあまり向いていないのは、どのような人でしょうか。本来理想的な結婚相手のようなイメージもありますが、この内容についても知っておきましょう。

 

家族と過ごす時間を重要視する人

家族や子供との時間をとにかく大切にしたいと考える人であれば、教員との結婚に対して不満を感じる可能性もあります。

職場にもよるのですが、基本的には残業が多かったり土日も部活があって、帰りが遅くなったりする場合があるからです。夫が教員の場合、妻も仕事を持っていたとしたら、土日に家族みんなで過ごすというのが難しくなることもあるのです。

これに対して最初から理解をして、教員を結婚相手に選ぶという人もいるでしょう。

 

家族サービスを期待する人

できるだけ家族サービスをしてほしいと思う女性であれば、夫が教員の場合は難しいかもしれません。

帰宅時間が遅く、土日も部活があったりすると考えると、子育てについても一人でしていくという可能性が出てくるのです。

家族サービスをしてもらえると思ったのに…と後悔をしてしまうよりは、事前に教員という仕事においてよく理解しておくことが必要になってくるでしょう。

 

教員の婚活事情について

教員は結婚相談所にて出会いやすい?婚活についての考え方教員は実際に婚活をしている場合が多いのでしょうか。結婚したいと思った時に、どのような行動をしているのかについて考えていきましょう。

 

職場恋愛について

職場恋愛をして結婚に至るケースもあります。実際に教員同士の結婚が多いという学校もあるでしょう。

でも周りの目が気になったり、トラブルになったりするのを避けるために、職場恋愛ではなく他の場所で結婚相手を見つけたいと思う人もいるのです。

職場結婚になった場合は、同じ学校に勤め続けられる可能性が少なくなるため、移動しなければいけない可能性も出てくるでしょう。

 

学生時代からの恋人と結婚

学生時代に知り合った相手と交際をし、そのまま結婚に至るという教員もいます。この場合勤め先などは別の場合もありますが、同じ教員であるケースもあるでしょう。

教育学部や教育大学を卒業しているカップルであれば、二人とも教師の道を歩んでいるかもしれません。

お互いに同じ職業についているということはメリットもありますが、デメリットもあるのです。

教育について語り合い、新しい発見を得られる場合もありますが、お互いに考え方に相違が出てしまい合わないと感じてしまうケースもあるでしょう。

 

結婚相談所を活用する

結婚相談所であれば、教員であると証明することにより、婚活がとてもしやすくなります。実際に教員の男性と結婚したいと思う女性も多いでしょう。様々なことを学べるように感じ、自分にとってプラスになると女性としても考えるのです。

結婚相談所に入会をしてプロフィールを書くのですが、その時に職業や年収、そして趣味や結婚への思いなどを書いておくことにより、相手からお見合いを申し込まれるケースもあるでしょう。

結婚相談所のカウンセラーに、婚活や結婚に対しての不安や悩みを話しながら婚活を進めていけるので、多忙で動く余裕のない状態であっても結婚相手を見つけられるのが結婚相談所なのです。

 

教員の結婚のタイミングについて

教員は何歳ぐらいで結婚することが多いのでしょうか。そしてそのタイミングについてもお伝えしていきましょう。

 

結婚年齢について

教員の結婚年齢は、若い可能性が高いでしょう。なぜなら給料が安定していたり、雇用が安定していたりすることがあるからです。

安定しているということは、早い段階で家庭を持つのも可能になってくると捉えられるでしょう。

このため早い段階から結婚について意識をする教員もいるのです。これに対しては、男性にも女性にも言えることでしょう。

 

結婚のタイミングについて

普段多忙というふうに考えると、結婚のタイミングはいつがベストなのだろうと思うかもしれません。

実際には春休みや夏休み、そして冬休みやゴールデンウイークなどの長期休暇であれば、仕事が落ち着いている可能性が高いため、結婚のタイミングの時期としてベストなのです。

この時期であれば、婚活もしやすいと感じる教員も多いでしょう。実際に結婚式を行うとしても、職場に対してあまり気を使いすぎずに行えるケースもあるのです。

このように考えると結婚のタイミングは、その教員が職場と相談をして決めやすい場合が多いと言えるでしょう。

 

教員は結婚相談所にて出会うことも可能

教員は結婚相談所を活用して、実際に出会い結婚しているケースも多いのです。自分自身の現在の状況や結婚への考え方などを理解してくれる相手であれば、結婚に至るのも早いでしょう。

教員との結婚を望む場合は、結婚相談所に登録をすることで実際に出会えるようになるのです。

 

関連記事:30代で婚活を地方でしている人の今後の行動について

タグ: , , ,