ケチな人 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 ケチな人」を含む記事

ケチな人と節約家の違いと恋愛や結婚における金銭感覚の重要性

2022年4月6日 /  ブログ

ケチな人と節約家の違いと恋愛や結婚における金銭感覚の重要性ケチな人と節約をする人の違いに対しては、見極めるのが難しい場合があります。素敵な人と出会ってデートをしたけれど「ケチな人のような気がする…」と思い不安を感じる時も。

でも実際には節約家の可能性があったり、金銭感覚などの違いが関係したりするのです。今回はケチな人と節約家の違い、そして出会った相手の金銭感覚を知る重要性についてお伝えしていきましょう。

 

ケチな人と節約家の違いとは

ケチな人と節約家の違いと恋愛や結婚における金銭感覚の重要性ケチな人と節約家の違いは、混乱しやすいものでもあります。それが理由で距離ができてしまうケースも。このため違いについて理解しておくようにするのが重要ですね。

 

必要性があるのにお金を出さない

ある場面においてお金を出す必要性がある時でも、お金を出さなかったり出し渋ったりするという場合には、ケチな人の可能性があるでしょう。

相手がお金を出してくれたとしたら、それに対しては当然のような態度を取る場合もあるのです。

例えばデートをした時に「このお店は僕が出すから、次のお店ではお願いするね」と最初に言う人もいるでしょう。

でも最初に行ったお店にてかかる費用の方が、次のお店のものよりかなり高いと分かっているケースもあるのです。

これについてはケチな人だと思われやすいですよね。でも逆に男性が最初のお店にてご馳走をしてくれたので、2軒目にカフェに行ったとしたら「ここは私に支払わせて」と伝えるのはケチではないと言えるでしょう。

 

必要以上にお金を使わない

「これは必要か必要ではないかをよく考えよう」という思いを大切にしていて、必要以上にはお金を使わないようにするのは節約家や倹約家の可能性があるでしょう。

衝動買いなどをしないタイプの人です。貯金をしていくことや、他に買いたいと思うもののためにお金を使おうと考えているケースもあるでしょう。

人とのやりとりの中では相手とよい関係を保つためにと思い、必要に応じてお金を支払うようにしているのです。

でもデートの時に高級レストランに行きたいと女性が言っても「今日はここにしよう」と伝えてきて、そのお店は男性がお気に入りの場所の場合も。

これに対して女性は「ケチな人ね」と思うかもしれません。でも男性としては自分の好きなお店を教えることに価値を感じていたり、記念日ではないのでこのお店にて楽しい時間を過ごせばいいという考えがあったりするのでしょう。

 

ケチな人と節約家を見極めるには

ケチな人と節約家の違いとしては、特別な日にどういう行動をするのかにより分かるものです。

特別な日というのは、例えば初めてのデートや女性の誕生日など。このような時にケチな人は、できるだけコストがかからないように行動をする場合が多いでしょう。

もしくはプレゼントを用意しない人もいます。「もうすぐクリスマスだからその時に…」とごまかしてくるケースもあるでしょう。

でも節約家の場合は、大切な日にはきちんと準備をしてくれるのです。お金の使い方を工夫するのが上手な場合も多いでしょう。

 

ケチな人だな…と思う理由について

やりとりをする中で「ケチな人だな…」と残念に思うのは、理由がある可能性が高いです。どのような理由なのかを見ていきましょう。

 

自分が得をすることばかり考えている

自分が得をしたい思いを、全面的に出してくる人がいます。これについては、お金に関係する内容だけではないでしょう。

自分が過ごしやすい環境や、楽な状態でいることをメインに考えているのです。このため自分がお金を支払うとしても、損をしたくない思いが強いのでしょう。

でも得をするのはとても嬉しいのです。このため相手にお金を支払わせることができると、今日は得をしたという思いで一杯になるのでしょう。

この態度を見てケチな人だなと思い「二度とデートをしたくない」と感じるケースがあるかもしれません。

 

相手に与えることを渋る

親しくなった相手には、何かできることをしたいと思うものですよね。でもケチな人は相手に与えるのを渋る傾向にあります。

このため「誕生日に何がほしい?」と聞いてくることはあまりないでしょう。仮に聞いてきたとしても、相手が欲しいと願うものを少しでも高価だと感じると、これに対して購入しないのです。

でも実は自分の趣味にはお金をかけていて、それを少し工夫すれば買えるものの場合もあるでしょう。

でも自分の大切な趣味なので、少しでも楽しめないようなことになるのを嫌がるとしたら、ケチな人の可能性が高いでしょう。

 

相手にプレゼントなどを要求することが多い

自分はこんなにしてあげたのだからという思いがあり、見返りを期待するのもケチな人だと感じる理由につながります。

例えば記念日やそうではない日でも、相手に対してプレゼントなどを要求してくる人もいるでしょう。

自分のお気に入りのお店に連れてきて、ここでの食事代を払うのを誕生日プレゼントと考える人もいます。

でもこれだけでは満足できずに、プレゼントを求めてくる人もいるでしょう。この態度を見て残念な気持ちになり「もうこの人とは会いたくない」と思われることもあるのです。

 

金銭感覚について知っておくのはなぜ必要?

ケチな人と節約家の違いと恋愛や結婚における金銭感覚の重要性相手の金銭感覚を知ったうえで、自分と合うかどうかを決めるのはとても大切です。金銭感覚が合わないと、距離を感じてしまうケースもあるでしょう。

なぜ金銭感覚を理解するのが大切なのか、その必要性についてお伝えしていきます。

 

一緒に過ごすうえで困ることが多い

恋愛や結婚にて一緒に時間を過ごしていくうえで、金銭感覚の違いを感じる時があるかもしれません。

恋愛をしていて「この人のお金の感覚を理解できない」と思う場合もあるのです。でも「何となく相性は悪くないので…」と思い、結婚を決意するケースもあるでしょう。

ところが結婚をしてから、更に困ってしまう場面が増える可能性があるのです。結婚をする前に「どうしてなんだろう」という疑問を感じた時には、相手に聞くようにして不安を少しでも軽減するのが必要になるでしょう。

 

相手を遠くに感じてしまうことも

どんなに連絡を多くしてくれる人で愛情を感じたとしても、相手を遠くに感じてしまう原因になるのが金銭感覚の違いなのです。

このためある程度早い段階で、相手のお金に対しての感覚を知っておくようにしましょう。

もしも許容できる範囲だと思うのなら、問題はないのです。でもそうではないとしたら、これから先に更に距離を感じるようになるでしょう。

自分がどんなに合わせようとしても、合わない場合もあるということを理解しておく必要があるのです。

 

金銭感覚が近い方が恋愛や結婚がうまくいく

金銭感覚が近かったり理解できると思えたりした方が、恋愛や結婚についてうまくいく可能性は高いでしょう。

相手に対して疑問を持つ機会が少ないと想定できるからです。お互いに様々な考え方や感覚があるかもしれません。

でもその中でも「ここには違いがあるけれど、相手の気持ちを理解できる」と思えるのなら相手をこれからも大切にしけますよね。

「でもやはり違うと思う…」と悩んだとしたら、恋愛はできても結婚には至らないケースもあるのです。

 

ケチな人かもと思った時の対応の仕方

ケチな人なのでは…と感じたとしても、他の面についても見るようにしてみましょう。相手と合うと思えるところがあるかもしれません。

自分が何を人に対して求めるのかは、違いがあるものです。でもケチな人だと思っていたら、実は節約家だったということもあるでしょう。

この違いを把握しながら、自分と歩んでいくパートナーを見つけるようにしたいですね。

 

関連記事:エリートとの結婚に必要なこと

タグ: