辛い | 東京青山のハイクラス結婚相談所 ならインフィニ|30代40代の婚活

タグ「 辛い」を含む記事

遠距離恋愛が辛い…と思った時にはどうしたらいい?今後の対策や行動の仕方

2024年6月5日 /  ブログ

遠距離恋愛が辛い…と思った時にはどうしたらいい?今後の対策や行動の仕方遠距離恋愛をしていて辛い…と思うことが多いのは、実際によくあるケースです。では、どうすれば今後も交際を続けていけるのでしょうか。

もしくは、他にも道があるとしたらそちらを選ぶべきなのかと悩むこともありますよね。では今回は、遠距離恋愛が辛いと思う理由や行動の仕方について詳しくお伝えしていきましょう。

 

遠距離恋愛を辛いと感じる理由とは

遠距離恋愛が辛い…と思った時にはどうしたらいい?今後の対策や行動の仕方遠距離恋愛をしていて辛いと思うのは、様々な理由があると考えられます。まずはこちらについて詳しく見ていきましょう。

 

連絡が足りない

距離ができてしまうことにより、どうしてもお互いに連絡が不足しがちになります。生活スタイルの違いや仕事のスケジュールが理由となり、連絡がとりづらくなる場合もあるでしょう。

もし連絡しても相手の声や表情が分からないため、クールな対応をされているように思ってしまうこともあるかもしれません。

気持ちや様子が分からず、不満が募ったり不安な気持ちになったりすることは多いでしょう。

 

相手からの愛情を感じられない

会いたい時に会えなかったり連絡がとれなかったりすると、孤独な気持ちになってしまうことは多いですよね。

そして自分からは愛情を伝えているのに、相手が愛情表現をしてくれないようなケースもあります。

この場合は、「自分はもう必要とされていないのかも…」とネガティブな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

自分に愛情があるかをストレートに聞けるタイプの人もいますが、それができない性格の人もいます。

このケースでは、自分の中で辛さを感じていても我慢し続けて、いつの間にかそれが限界に到達してしまうこともあるのです。

 

マイナス思考になってしまう

周囲に近距離恋愛のカップルが多い場合は、その様子を見ていてとても幸せそうに感じることもあるでしょう。

幸せそうな姿を見たり話を聞いたりしていると、自分たちの恋愛の方が劣っているように感じることもあるのです。

距離の近いカップルであれば普通にできることでも、遠距離恋愛のカップルにはできないという内容もあるでしょう。

このためネガティブ思考になり、イライラして恋人に辛く当たってしまうこともあるかもしれません。

 

経済的な負担が大きい

遠距離恋愛の場合は、恋人と会うための交通費、宿泊費などの費用もかかることが多いでしょう。日々の通信費も負担に感じる可能性があります。

そしてお金をかけて会いに行っても一緒に過ごせない時間が長かったり、滞在する日数が少なかったりすることもあるのです。

このため日々の生活をしていく中で経済的に余裕がなくなり、「もう遠距離恋愛を続けていけない」という思いになってしまうこともあるでしょう。

 

遠距離恋愛の辛さを乗り越えるために

遠距離恋愛の辛さを乗り越えるには、いくつかのポイントがあります。こちらの内容についても詳しくお伝えしていきましょう。

 

恋愛に依存しないようにする

日々の生活の中で、恋愛よりも大切なものを見つけるようにすることが大切です。例えば仕事に対して、今まで以上に真剣に取り組むようにしてみましょう。

そして趣味を始めたり友人と会う時間を増やしたりして、恋愛に依存しないようにすると、遠距離恋愛の辛さを乗り越えやすくなるのです。

自立した自分になることを目指すと、交際相手としてもやりとりがしやすくなり「これからも長く一緒にいられる」という気持ちになる可能性が高いでしょう。

 

次のデートの約束を早めにする

次のデートの約束については、できれば二人で早めに話し合って決めておくようにしたいですね。

それにより次にいつ会えるのかが分かり、モチベーションがアップすると期待できるのです。日々の生活も前向きな気持ちで送れるようになるでしょう。

次のデートではどこに行きたいかなど、希望するプランについて電話やLINEなどでやりとりする時間もとても楽しいものになるのです。

 

信頼関係を築いていく

遠距離恋愛中には約束を守ることや、相手を大切にしている気持ちを表現して信頼関係を築いていくようにしましょう。

それができると、結婚についても考えられるようになるかもしれません。信頼できる相手だとお互いに感じると、自然に将来の話ができるケースもありますよね。

この時には、お互いの結婚観や理想の結婚生活などについて話し合うチャンスだと思うようにしましょう。

 

会えた時にはできるだけ笑顔で過ごす

デートをした時には、できるだけ明るく楽しい時間になるように心がけてみましょう。笑顔で過ごすようにすることで、相手としても嬉しく幸せな気持ちになりやすいのです。

ネガティブな話題を出してしまうと、せっかく会えたのに楽しくない…と思われてしまうかもしれません。

自分にとって一緒にいられる時間が嬉しくて楽しいという表現を素直にすると、相手も笑顔になる可能性が高いでしょう。

 

遠距離恋愛をしていて限界を感じた時には

遠距離恋愛が辛い…と思った時にはどうしたらいい?今後の対策や行動の仕方遠距離恋愛をしていくことについて、そろそろ限界なのかもしれない…と思う時期もあるかもしれません。このような時にはどうすればよいのでしょうか。

 

いつまで遠距離を続けるのかを話し合う

今後いつまで遠距離を続けるのかについて話し合うようにしてみましょう。先が見えないまま我慢してしまうと、それにより結論を出すのが先延ばしになるケースも。

できれば「遠距離でいるのは○年」などのように時期を伝えたり、「遠距離恋愛の後は一緒に住んだり結婚したりしたい」などの思いを話したりしましょう。

明確な期間を決めて、将来のスケジュールについて伝えることにより、相手に安心感を与えられるのです。

 

結婚願望があるか聞いてみる

こちらには結婚願望があるけれど、相手はどう思っているのか分からず不安になることもあるでしょう。

このケースでは、さりげなく「何歳くらいで結婚したい?」のように聞いてみる勇気が必要です。

結婚の話については、自分から話題を出すことで重いと思われるのでは…と遠慮してしまう人もいますよね。でもそのままでいると、自分だけが更に辛くなってしまうこともあるのです。

 

他に合いそうな相手を探してみる

今とても辛くて限界を感じるとしたら、自分にもっと合う相手がいるのではと気持ちを切り替えてみるのもひとつの方法です。

遠距離だから辛いのか、それとも相手の対応により悲しいと感じるのかも一度考えてみるようにしたいですね。

そのうえで自分にとっての理想の相手をイメージして、機会があれば出会いの場所に行ってみることも必要かもしれません。

 

婚活についてリサーチする

遠距離恋愛をしている中で、相手が結婚について考えていないと知るケースもあります。この時には、婚活の方法や仕方についてリサーチするところから始めてみましょう。

様々な方法がある中で、試してみたいと思うものを見つけられる可能性があります。例えば結婚相談所であれば、身元のきちんとした人と出会えたりサポートがしっかりしていたりするので、安心感と信頼感を持って行動できるでしょう。

 

遠距離恋愛が辛い…と思ったら自分を客観視することが大切

遠距離恋愛が辛いと感じた時には、自分自身を客観視することが必要です。どうすることにより幸せになれるのかを考えてみると、このままではよくないと分かる可能性もあるでしょう。

そして相手と話し合ったうえで、自分に合う結婚相手を見つけようと行動に移した方がよいケースもあるのです。

それにより穏やかな日々を過ごせるようになったり、新しく自分の魅力に気づけたりすることもあるでしょう。

 

関連記事:結婚相談所は個人経営の場所を選ぼう!その魅力や選ぶ時のポイントについて

タグ: ,

結婚相談所が辛い…と思った時にはどうしたらいい?婚活の進め方について

2022年12月7日 /  ブログ

結婚相談所が辛い…と思った時にはどうしたらいい?婚活の進め方について結婚相談所が辛いと思いながら、同じ場所で婚活を続けることにより更に苦しくなるケースがあります。

このような時には、どうしたらいいのか悩むものですよね。婚活を進めていくうえで思う時もあるかもしれません。

では今回は、結婚相談所が辛いと思った時にはどう行動をすればよいのか、そして婚活の進め方について詳しくお伝えしていきましょう。

 

結婚相談所が辛いと思う理由

婚活をしていて結婚相談所を利用している中で、辛いと感じることもあるかもしれません。まずはその理由から見ていきましょう。

 

無理をしている可能性がある

速く結婚をしたいという思いが強くなり、心身共に無理をしすぎている場合には、結婚相談所に対しても辛いと感じるかもしれません。

自分らしく婚活ができていると思った時には、あまり辛くなく充実した日々を過ごせている場合が多いでしょう。

 

焦ってしまう

なかなか理想の相手と出会えずに、お見合いも成立しないという時には焦ってしまうこともありますよね。

結婚相談所を活用するからには、早い段階で結婚ができると思い込んでいた人もいるでしょう。でも思い通りにいかないと感じた時には、辛くなってしまうケースもあるのです。

 

仕事が多忙な時期で余裕がない

仕事と婚活の両立ができると考えて、結婚相談所を婚活の方法として選ぶ場合も。でも仕事が多忙な時期には、婚活をする余裕が持てなくなり、結婚相談所に行く時間が取れなくて辛いと思うケースもあるでしょう。

仕事と婚活の両立を完璧にしようと思い、色々と模索をしすぎて疲れてしまうこともあるのです。

 

お見合いでの接し方が分からない

結婚相談所のカウンセラーからある程度教わっていたとしても、お見合いでの接し方について難しい…と感じる場合もあります。

何度かお見合いをして経験を積んでいくにつれて、自信を持ってやりとりをすることができるようになる可能性もあるでしょう。

でも最初の段階では、お見合いに対して辛さを感じ、結婚相談所に通うのも苦しくなってしまうケースもあるかもしれません。

 

婚活をスムーズに進めるためには

結婚相談所が辛い…と思った時にはどうしたらいい?婚活の進め方について結婚相談所に対して辛いと感じると、「このままでは婚活がスムーズに進まないのでは…」という不安を持つものですよね。

ではどうすれば婚活をスムーズに進めていくことができるのかについて、一緒に見ていきましょう。

 

出会いを大切にする

お見合いの申し込みがあって、お見合いが成立した時に「このお見合いによって結婚が決まるかもしれない」と思うこともあるでしょう。

でも実際に会ってみると、思っていた雰囲気の人ではなく、話が弾まないので残念な気持ちになるケースも。

この時に「また違う相手とお見合いをすればそれでいい」とすぐに諦めてしまう人もいるかもしれません。

でも出会いを大切にして、相手の内面について少しずつでも知っていくように努力をすることが必要です。

 

結婚相談所のカウンセラーとよく相談をする

結婚相談所のカウンセラーは、婚活のノウハウについてよく把握をしているため、相談をすることによりプラスになるアドバイスを与えてくれることが多いです。

婚活がうまくいかないと悩んだ時には、一人で抱え込まずに早い段階で相談をするようにしてみましょう。

心に寄り添い親身になってくれる相手が身近にいると感じると、安心感にもつながるのです。

 

理想の結婚についてイメージをしてみる

「こういう結婚がしたい」と憧れを持つ場合もあるでしょう。この時に実際に自分が結婚をしたらどういった生活を送り、結婚相手はどのような人になるだろうとイメージをしてみることが大切です。

ある程度具体的にイメージをすることができると、より婚活がしやすくなる可能性があるでしょう。

自分が今後どのように行動をしていけばよいのかについても、自然に分かってくる場合があるのです。

 

柔軟性を持って活動をする

あまりこだわりを持ちすぎて、お見合いの申し込みがあっても「条件に合わない」と断ってしまう人もいるかもしれません。

どうしても譲歩できないという条件以外は、柔軟性を持って対応する時も必要と言えるでしょう。

結婚相談所に入会をして早い段階で結婚をする人は、あまり自分の条件にこだわらず、柔軟性を持って活動している場合が多いのです。

そうすることにより出会いの幅が広がり、婚活に対してもポジティブになることができるでしょう。

 

結婚相談所が辛いと思った時の対処法

結婚相談所が辛い…と思った時にはどうしたらいい?婚活の進め方について結婚相談所が辛い…と思った時の対処法には、いくつかのものがあります。その内容について詳しくお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

 

結婚相談所の乗り換えを検討する

現在活用している結婚相談所が、自分に合っていない可能性もあります。このような中で時間をかけても、結果として理想の相手に出会いにくい場合もあるでしょう。

他の結婚相談所についてもリサーチをしてみると、今の場所よりも合うと感じる結婚相談所を見つけられるかもしれません。

このケースでは掛け持ちをすることもできますが、乗り換えをしてみる方法もあるのです。自分にとって合うと感じるかどうかは、無料相談会や無料カウンセリングなどで実際に質問をしたり、雰囲気を知ったりしてみるとよいですね。

 

少し婚活を休んでみる

婚活をずっと続けていると、疲れてきてしまう時もあります。このため小休止をしてみる時があってもよいのです。

そうすると現在の自分の状態が分かり、これからどうしたいのかについても明確になってくるでしょう。

少し休みたいという思いについては、結婚相談所のカウンセラーに相談をしてみるとよいですね。

一人では婚活のスケジュールが組みにくいと思う人もいます。でもカウンセラーのノウハウや実績により、今の悩みについてどうするべきか提案してくれることが期待できるでしょう。

 

結婚相談所のカウンセラーに本音を話してみる

結婚相談所のカウンセラーは、今までに多くの会員を成婚に導いてきたはずです。このため様々なタイプの会員に対して、カウンセリングをしてきたことが想定できるでしょう。

このため自分の本音について話すようにすると、心に寄り添いながらアドバイスをしてくれます。

もし本音を話さずに自分一人で辛い状況でいるとしたら、結婚相談所を活用していても婚活が思うように進まなくなってしまうでしょう。

できれば自分らしさを大切にして、自然体を意識した婚活をするためにも、カウンセラーを頼る時も必要になるのです。

 

なぜ辛いのか理由を明確にする

なぜ現在辛いという思いを持っているのかを、ある程度明確にすることが重要です。そうすると、よい解決法を見つけられる場合もあるでしょう。

辛さを感じながら、結婚に向けて活動をしていっても更に苦しくなってしまうかもしれません。

それよりも理由について明確にすることにより、行動の仕方を少し変えたり工夫をしたりすることが可能になるでしょう。

 

結婚相談所が辛い…と思った時には無理をしないことが大切に

結婚相談所が辛い…と思った時には、あまり無理をせずに自分と向き合う時間を作るようにしたいですね。

そうすると自分が本当の意味で求めているものや、どうしたいのかも分かってくることがあるのです。

無理に結婚に向けての活動をしていくよりも、考え方を変えてみることで気持ちが楽になるケースもあるでしょう。結婚したい思いが強いとしても、焦りすぎてしまうと辛くなることも。

自分の心を大切にして、穏やかな気持ちで過ごせるような婚活をすることが理想的と言えるのです。

 

関連記事:恋愛で減点方式を取っている人は多い?加点方式に変えるためのコツ

タグ: ,