女余り | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

タグ「 女余り」を含む記事

婚活は女余り?男余り?その真実を知って行動をしていこう!

2022年10月21日 /  ブログ

婚活は女余り?男余り?その真実を知って行動をしていこう!婚活は女余りなのか男余りなのか、これについて気になると思う人は多いですよね。実際に理解や把握をしたうえで、行動をしていくようにするのが必要になります。

では婚活は女余りなのか、そうではないのかについて詳しくお伝えしていきましょう。

 

婚活が女余りになりやすい理由

婚活は女余り?男余り?その真実を知って行動をしていこう!婚活が女余りになりやすいのは、どのような理由があるのでしょうか。いくつかの内容についてお伝えしていきましょう。

 

婚活の年齢の違い

男性と女性では婚活を始める年齢に違いがある場合があります。このため女性の方が婚活を早く始めて結婚したい気持ちを持つため、自然に婚活市場が女余りになることも。

婚活をする場所によっては、そうではない場合もあるでしょう。でもほとんどのケースでは、婚活を始める時期が男性より女性の方が早いので、その場で活動をする時に女性の方が人数は多くなるものです。

 

条件や希望が多すぎる

結婚相手に対して条件や希望を多く持ちながら婚活をするので、なかなか結婚に至らない女性もいるでしょう。

もし婚活をする女性が多くても、早い段階で結婚していたら女性が余るようなことにはならないですよね。

でも余りがちになる理由としては、相手の男性に求める条件や希望が多くて婚活期間が長くなっているからでもあるのです。

 

妥協をしたくない気持ちが強い

婚活を始めたのなら、できるだけ妥協はしたくないと思う女性もいます。このため時間をかけて婚活をするので、結婚までに期間を要する場合もあるでしょう。

こう考えるとどうしても女性の方が婚活市場では余りやすくなることも。妥協をしてもいいと考えたり、この面以外は大丈夫という柔軟性を持っていたりするのなら結婚に至るのが早くなることが想定されます。

 

男性が婚活をやめる理由とは

男性が婚活をしてやめてしまうケースがあります。これも婚活が女性余りになりやすい理由でしょう。なぜ男性は途中で結婚に向けての活動をストップするのか、その理由についても見ていきましょう。

 

スペックで判断されるのが辛い

自分のことをスペックだけで判断されていると思うと、残念な気持ちになる男性もいます。自分のスペックについてある程度自信を持っているとしても、内面を見てくれない女性と出会うと、自分は結婚には向かないように思うかもしれません。

このためせっかく結婚に向けて活動をしようとしたけれど、スペックメインで判断されることが耐えられなくなり、婚活をやめてしまう男性もいるのです。

もっと内面をしっかり見てくれる女性を見つけるまでは、結婚に対して消極的になるケースもあるでしょう。

根気強く続けていける人もいますが、このために時間をかけるのがもったいないように思う時もあるかもしれません。

 

面倒だと感じる

何となく始めてみたけれど、面倒だな…と感じる男性もいます。このため最初はワクワクした気持ちでも、段々とモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

このため結婚願望が強いタイプの人でなければ、婚活を続けるのが嫌になってしまうのです。思うように進まないと思うと、より「もうやめてしまおう」と思うようになるでしょう。

これが理由で婚活をしていくうえで男性が減ってしまう場合もあり、女性の方が長く婚活を続けるため女性余りになりがちなのです。

 

自由でいたい思いが強い

もっと自由でいたいと思うのは、今の生活に満足しているからでしょう。自分で得た収入は自分のためだけに使い、友人と楽しく過ごす時間を持つ男性もいます。

そして趣味を楽しみたいので、自由な今の生活に対して気に入っていることも。でも周りから言われて、仕方なく婚活を始める場合もあるでしょう。

ところが束縛されるように感じたり、自由が減るのが嫌だな…と思ったりすると婚活をやめたくなる場合があるのです。

自由な自分のままでいられないのなら、しばらくは独身でいようと決めるケースもあるでしょう。

 

子供を産むことに対して考えなくていい

男性は女性と違って子供を産む年齢について考えないため、余裕を持てる場合があります。女性としては将来子供を授かりたい思いがあるので、早めに婚活を始めておきたい気持ちもあるでしょう。

ところが男性の場合は自分自身が30代後半や40代になっても、結婚する女性が25歳や30代前半のケースもあるのです。

ということはそういう相手と出会えたのなら、子供がほしいと思っても可能になるという思いを持てるでしょう。

このため少し早めに婚活を始めたとしても、もう少し後からでもいいかな…と考えるようになる場合があるのです。

 

女余りかもしれない…と婚活で思った時には

婚活は女余り?男余り?その真実を知って行動をしていこう!婚活をしていて女余りかもしれない…と思った時には、どう行動したらよいのでしょうか。ここで焦らずに動くことがとても重要になるのです。いくつかのケースについてお伝えしていきましょう。

 

男性の数が多い結婚相談所を選ぶ

結婚相談所には様々な種類があります。その中にも男性の会員数が多い場所もあるでしょう。そして自分が結婚したいと思う年齢層や条件などに合う男性が、多く登録している結婚相談所を選ぶことが必要になります。

そうすると仮に婚活市場で女性が余っているとしても、その場所ではそうではないため自然に出会いやすくなるでしょう。

実際に結婚相談所の中には親身になって相談に乗ってくれる場所もあります。自分の悩みや不安について伝えることができれば、今後の婚活がしやすくなるでしょう。

結果として思っていたよりも早い段階で出会うことができたり、結婚をすることが可能になったりするのです。

 

趣味が合う男性と出会える婚活パーティーに参加する

自分の趣味と合いそうな相手が参加をする婚活パーティーを探して、実際に参加するようにしてみましょう。

この時に年収や職業などの条件をメインにする人もいますが、そうするとライバルが多くてなかなかカップルになれないかもしれません。

その点で言うと趣味が合う相手を探したい気持ちを持って行動した方が、男性側も親しみを覚えやすいのです。

このため「同じ趣味を持っている女性と結婚をしたい」と男性としては考えるでしょう。スペックだけで男性を選んでいないことをアピールするためにも、参加する婚活パーティーについては、種類についてよく考えて選ぶことが大切ですね。

 

友人や知人と婚活情報を交換し合う

友人や知人に婚活をしている人がいるのなら、情報交換し合う時間を持つこといいかもしれません。

自分が知らなかった婚活方法を知ったり、振る舞い方について参考になったりする場合もあるでしょう。

このため女性が余りやすいと感じるのなら、女性同士で知恵を出し合うというのもひとつの方法なのです。

自分にとって婚活とはこういうもの、こういう進め方をしていくべきと思い込んでしまう場合も。

でも実際には様々な考え方がありますので、それについて知る機会を持つようにすることが自分にとってプラスになるでしょう。

 

婚活は女余り?その場合にはこうしよう!

婚活は女余りかもしれない…と思った時には、女性としては柔軟性を持って行動をするように意識したいですね。

そうすると仮に女性の方が人数の多いような場所でも、選ばれる女性になることが可能になるのです。

ライバルが多いとしても自分自身の質が高ければ、スムーズに相手を見つけられるようになるでしょう。そして相手からも見つけてもらえるようになれるのです。

このために普段から自分を磨くようにして、魅力的な女性になるように心がけたいですね。

 

関連記事:エリートとの結婚に必要なこと

タグ: ,