HOME >> 30代で結婚したい方のブログ >> 30代女性で上手に婚活をされる3タイプ
Pocket

30代女性で上手に婚活をされる3タイプ

20代のように若さという武器で婚活することができなくなりつつある

30代女性は、それとは別の何かを武器に婚活する必要があります。

それだけで不利と感じる人もいるかもしれませんが、ものは考えようです。

30代女性で上手に婚活する3タイプを挙げてみたいと思います。

 

◎30代女性にしかない魅力を出せる人

個人的に若さを維持しようというにはいいことですが、

30代女性が婚活においては若さで勝負しようとするのは間違っています。

間違っても20代女性に対抗して若い女性の好きなブランドの服を身に着け、

キャピキャピしたノリでいこうなどと思わないこと。

確かに男性は結婚相手として若い女性を選ぶ傾向があります。

だからと言って、いくら見た目が若く見えようが、年齢は生きてきた年月を表す何よりの証なのです。

若さを精一杯装いアピールしても、実年齢を知らせれば、精神的な幼さが強調され、

むしろ欠点として受け取られてしまうこともあります。

何よりも、結婚相手としては避けられがちな存在になるでしょう。まさに裏目に出るといったところ。

年齢を言い訳したりなどせず、自信を持つことが必要です。

30代女性で婚活が上手くいく女性は、その年齢らしい潔い振る舞いが、

相手からかえって好印象に受け取られたりしています。

30代女性だからこそ備わった自然な落ち着きと、包み込むような優しさや大人の気遣いに、

賢く教養のある、同じく心が成熟した大人の男性なら気が付くことでしょう。

 

◎自分の長所と短所をよく分かっている人

30代女性となると、それまでの経験や知識も備えているので、

今までの失敗や成功体験をもとに、様々なシチュエーションを想定することができるのが強みでしょう。

ただし婚活となると自分がどういう立ち位置にいるのか、

次どう出ればよいのかわからなくなってしまうケースがあるようです。

単に空気を読むのが上手でも婚活にはいかせないというパターンも多いのです。

30代女性で婚活を上手にする人は、自分のことを冷静に分析できる人です。

自分の長所と短所を理解した上で行動することにより、失敗が少なく無駄もない。

常に自分という人間を客観視できる人は、無意識に長所を伸ばし、短所は極力押さえる。

婚活というのは一人相撲では、上手くいかないものです。常に相手ありきなのです。

いざ想定外のシチュエーションに立たされた時も、

自分の長所と短所を分かっていて客観的視点を持てれば、どうすればいいのか冷静に考え、

自ずとふさわしい行動に出られるのです。これは経験を積んだ30代女性だからこそ上手にできるのです。

 

◎柔軟で素直な気持ち持つ人

30代女性が婚活が上手にできない理由の一つに、男性が若さを求めているせいだと言い張る人がいます。

ここで多い勘違いが、若さとは肉体的な若さであると思っている人。

若さが好まれるのは、そこに柔軟で素直な心があるという認識のせいもあるでしょう。

若さ=従順 この公式は婚活している男性なら誰でも頭の隅っこにあるでしょう。

実際に若いからと言って従順とは限りません。

むしろ若さへの奢りからわがままや自己中心的な行動をとる人もいるかもしれません。

それでも30代女性は若さがない分、頭が固く従順さに欠けると思い込みがちな男性も実際にいるのです。

確かに、婚活する上で柔軟で素直な心は大切です。

30代女性だから頭が固く素直じゃないとは限りませんが、

豊富な経験から出した結論の中に、譲れない価値観や考えがあるでしょう。

婚活のために自分の確固たる信念を曲げろとは言いませんが、その中に偏った考えがないとは言い切れません。

時には相手の気持ちや考えにも耳を傾け、寄り添いましょう。

その中で今まで知らなかった、発見や驚きも味わうことができるはずです。

相手と共有することで成長できるとは、こういうことを言うのです。

そういう女性の反応に相手も感動し、この人となら末永く一緒に様々なことを

共感していけるのではないかと感じるものなのです。