経営者とのご成婚です。 | 東京青山の結婚相談所・婚活なら 30 代 40 代に強いインフィニ

45歳と39歳の成婚までの道

また素敵な社長と会社員女性の成婚がでましたので、ご報告です。

アンケートもとりましたので、お二人のあつい言葉をあとで書かせていただきます。

ベストカップルですが、お写真をお見せできないのが残念です。

次はあなたの番ですね。

さて、45歳社長の男性がご入会されたときの事は今でも覚えています。

ずっと仕事仕事で今まで生きてきてしまったが、仕事もある程度成功して年収も2000万円以上あり、男として自信もついたし、経営者仲間も家庭を築いているのを見ていて、羨ましくなった。そろそろ結婚を考えている。インフィニさんでは、芸能人やモデルさんも活動していると聞いたので、スペシャルな女性を紹介してほしい。

確か、こんな感じでおっしゃっていました。

いわゆるトロフィーワイフというものでしょうか。周りに自慢ができるようなブランドのある女性を希望されていました。もちろん、最初はそのような方もご紹介をいたしましたが、上手くいかないだろうなと思っていました。

案の定、彼はどの女性とも上手くいきませんでした。彼が落ち込んでいる時に私は言いました。

あなたが欲しいのは、見栄などを満たすことができるブランドですか?それとも、あなたの心を満たしてくれる女性ですか、それとも他に求める何かですか?と。

彼はその場では色々と悩みを吐露しながら帰りましたが、次の日に電話がありました。

先生、私が間違っていました。女性はものではないですね。自分の虚栄心をみたすこともいいかとも思いましたが、長い人生お互いを分かり合える楽しく過ごせる女性を見つけたいと思いました。

彼は年齢や職業などから女性をみなくなりました。

自分にとって、最良の女性になりえる心考え方をもっているのか、そしてお相手にとって自分は最良の相手になれるのかを考えて婚活をされました。

結果、彼は素敵な女性と出会い、結婚される流れとなりました。

経営者男性と会社員女性の出会い

お二人のご年齢は社長が45歳、会社員女性が39歳でした。

二人の出会いはもちろんお見合いですが、印象を聞いてみたところ以下でした。

社長:優しそうな感じの女性

女性:写真のままの方だなと思いました。

お二人ともにプロフィールのお写真とそこまで差を感じずに、

お見合いをされたそうです。

交際でキュンエピソードと結婚の決め手を教えて

経営者男性:二人でソフトクリームを食べているときに、彼女のソフトクリームを食べさせてくれたときのやりとりが自分にはつぼでした。

会社員女性:手料理を作ってくれました。

経営者男性:決め手は優しいところです。

私のペースにあわせてくれて、けして焦らずよく笑うそんな彼女となら、一生をともにできると感じました。

会社員女性:決め手は一緒にいて楽しかったことと、バッグを持ってくれたり、私を一人の女性としてきちんとエスコートしてくれたことです。

プロポーズの言葉とこれからの方に一言

社長:自分に合いそうな女性を紹介してくれるので、時間がない人でも良いと思います。

女性:普段の生活では出会えない人と出会えるので、楽しんで活動していただきたいです。

経営者のご成婚で感じること

医者や経営者、弁護士などエリートといわれる男性たちが選んでいる女性の共通点、それはよく笑うということです。

もちろんそのほかにも共通項目はありますが、笑顔はインフィニでもとても大事だと会員さんたちに伝えている項目です。

笑顔は百難隠すといいますが、それ以外にも、とても良い印象を与えるのにおおきく寄与します。

自然な笑顔を身につけるようにしましょう。

また社長などは、業種にもよりますが、部下やお客様とのやり取りや笑顔などをよく見てきているはずです。

きっとそんな事からもよく笑う人、素敵な笑顔の人を選ぶのではないでしょうか。

関連記事:経営者との結婚