HOME >> エリートメンバーズ >> エグゼクティブな会員とはどんな会員か
Pocket

エグゼクティブとは

結婚相談所インフィニではエグゼクティブな男性が多く活動する

結婚相談所ではありますが、エグゼクティブとはどんな男性の定義なのか、

見ていきましょう。

 

エグゼクティブとは

もくじ

・職種について

・年収について

・会社員や公務員はエグゼクティブでない?

・資産家はどうなるのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(下記は今後書くかもしれません。)

・売れっ子という人気商売

・跡取りという人種

・借金のある社長は?

 

職種について

それではエグゼクティブ足りえる職種とはなんでしょうか。

簡単に見てきましょう。

それは、お医者様(医師)、弁護士、税理士、公認会計士、経営者(社長)、官僚、

大学教授、などですね。

見ているとなんとなくわかりますが、専門職であることが

多いですね。その職というだけで、年収が高かったり、

頭が良さそうなイメージをもつ職種がずらりとならんでいます。

 

年収について

当然年収が高い方はエグゼクティブと呼ぶにふさわいしいと思います。

それでは、年収いくらからならエグゼクティブなのでしょうか。

例えば、全国の会社員で年収600万円をとっている人は

全体の6パーセントもいないというデータがあります。

つまり、年収600万円以上の会社員は会社員のなかでエリートと言えるので、

一つの目安となると思います。

しかし、当該結婚相談所では、年収1000万円を超えている方も多く、

年収600万円でエグゼクティブと呼べるかという論議がたまに巻き起こりますが、

年齢も加味して、30代で600万以上はエグゼクティブであり、

40代では、800万以上がエグゼクティブであるというところに、だいたい落ち着きます。

 

会社員や公務員はエグゼクティブなのか?

会社員の話は先にしてしまいましたね。
会社員は年齢と年収でエグゼクティブ足りえると考えます。
また会社員の中でも、会社役員となるとまた話は違いますね。
大企業の会社役員であれば、エグゼクティブ足りえると思いますが、
結局年収が基準になります。
例えば、会社役員でも年収300万円では名ばかりの役員ですから、
エグゼクティブとはいえません。

公務員の場合、少し話が変わってきます。

基本的に、給与が安定しており、なにかと優遇されている感があり、

そういった意味で、男性公務員は女性に人気ですね。

しかし、公務員と言うだけでは、エグゼクティブとはいえません。

会社員と同じく年収と年齢を加味する必要があります。

公務員は会社員と違い、福利厚生がよく安定しているので、

同じ年収の会社員がいたとしたら、公務員に軍配があがりそうです。

また公務員でも国家公務員一種に受かっている人は

エリート街道を走りますので、エグゼクティブ候補となります。

 

資産家はどうでしょうか

資産家にも様々な種類の方がいますね。

例えば、親から莫大な資産をもらった。

宝くじにあたった。

株等の取引で、莫大な利益を得た。

投資などで、コツコツと資産を築いた。

会社経営が成功て多くの資産を築いた。

etc

 

自分の力で、他人の力で、運で、実力で、一時的に、

などという文句がつくこともあるかもしれませんが、

全部、資産家です。

そして、資産を築いているということは、その資産が

さらに現金などを生んでくれる可能性もありますので、

エグゼクティブと言えます。

ただし、資産規模が問題です。

結婚相談所インフィニでは、金融資産の合計が一億円以上の人

と定義していますが、まあ、現金5000万円ももっていれば、

それだけ貯められる環境にあるのですし、お金持ちとは呼べると思います。

 

エリートメンバーズを見てみましょう

 

アラサーとアラフォーの為の結婚相談所はこちら