【根拠アリ】結婚相談所で結婚すると離婚率が低い理由は?

2019年3月8日 / ブログ, 結婚相談所 東京

Pocket

離婚前夜の夫婦
近年、離婚率が上がっています。結婚する男女が減っている時代において、離婚率の高まりは夫婦や家族の将来設計において大きな負担となる可能性があります。結婚して離婚してしまうことは、収入面の不安定さや再婚の難しさを人々に実感させます。
しかし、結婚相談所での離婚率は低いのをご存知でしょうか?結婚相談所を通して結婚すると離婚をほとんどしないことです。そんなこと言っても結婚相談所での結婚は不安な人も多いと思います。
結婚相談所で結婚して、その後、離婚しないためには一体どうしたら避けることが出来るのでしょうか。今回は、離婚しないために、どうしたらいいのか具体的な解決策を提案します。

1.離婚の現状、なぜ離婚してしまうのか?

現在、離婚する話を周囲で聞くようになったという方は増えています。育児休暇や支援の充実、法的な対処による養育費の確保により、子どものいる夫婦であっても我慢せず離婚が出来るのが離婚率増加としては大きいでしょう。

【離婚する原因】

では、離婚できるようになった現状に比べて、そもそも離婚する原因には何があるのでしょうか?主なものを3つ挙げましょう。

1)性格の不一致

以前から、「性格の不一致」が離婚原因として最も多いです。違う人間が同じ生活空間の中で互いに生活を共にするのですから、正確や価値観の合わない人と一緒にいることでストレスを感じたり、愛情が薄れたりすることは十分にあります。

意見のすれ違いや生活スタイルが合わないのも元をたどれば不一致が理由でしょう。だから、性格が合わないのは結婚生活にとって致命的で、離婚になるのはほとんどがこの原因です。

2)浮気

次に、離婚理由として多いのが浮気です。浮気を一度許して復縁するという夫婦も中にはいますが、性格の不一致以上に相手に離婚を突きつけやすく、また法的に裁判所に対し離婚を成立させやすいのが浮気(不貞行為)です。

日本では性格の不一致やドメスティッック・バイオレンスなどと並んで離婚するケースが多い原因でしょう。

3)モラハラ

モラハラ(モラルハラスメント)もドメスティッック・バイオレンスと同種の暴力として離婚率の高い原因です。家庭の中で、夫婦の片方から一方的なモラハラを受ける場合があります。

そこに暴力があればDVとして認定され、最近は、モラハラだけでも離婚できる事由になっています。そのため、言葉の暴力に我慢できなくなりモラハラで離婚が起きる夫婦も増えています。

2.結婚相談所での離婚率がなぜ低いのか?

実は、結婚相談所で結婚することが離婚率を下げることが知られています。結婚相談所に入る段階で会員が選別されていることや目的意識の高さなどに関係しています。

恋愛結婚の弱点

恋愛結婚では、お互いが舞い上がった状態で勢いで結婚してしまったり出来ちゃった婚をするケースが増えています。その反動で、恋愛結婚は離婚も多い結婚スタイルです。

冷静に条件で相手を探す

反対に、結婚相談所では、結婚を先に見据えている方が多く、冷静に相手を探しています。恋愛感情としては良いかもしれないがけど、年収や相手の生活、価値観などを見極めて結婚を決めます。

恋愛としては成立する、もしくはタイプではないが合ってみて気があいそうだからと、それだけで結婚相手には出来ない人、これらは、結婚相談所の相手選びにおいて成婚に至りません。したがって、恋愛結婚よりも離婚の可能性が低くなるのです。

3.結婚相談所を利用することのメリット

結婚相談所には、他の婚活や恋愛などと比べて、結婚にいたるためのアドバンテージやメリットがあります。

メリット1.サポート力

結婚相談所のメリットの1つに結婚へのサポート力が挙げられます。

● 相手を紹介する
● お見合いを取り付ける
● 見合いの間を取り持つための仲介役をする
● 悩みや相談を受ける
● 交際の助言をする

などです。

決して、勢いだけの結婚にならないよう、アドバイスをいただけます。アドバイザーがヒアリングの際は、親身になって悩みや相談を聞いてくれるため、結婚に対する本人の自信にも繋がります。

メリット2.モチベーションが高く結婚しやすい

次に、メリット2つ目として、結婚相談所に入ってくる会員の方がすごくモチベーションが高く、結婚しやすいことです。

恋愛からの結婚では、結婚意識がそれほど高くないために結婚できないことがあります。その点、結婚相談所は入会金やお見合い費用などが結構かかるため、いい加減な気持ちで入る人が少ないのが理由です。

メリット3.会う前に相手のプロフィールを知ることができる

結婚相談所には、お見合い前や仮交際の前に相手のプロフィールを閲覧できる機能(システム)を備えています。恋愛では、相手のプロフィールを正しく知ることはまず不可能です。

しかし、結婚相談所では、相手を探す際に入会時に登録したプロフィールを閲覧できます。また、お見合いにおすすめの相手として、プロフィールが送られてきます。これにより、相手の人柄や価値観、見た目の印象などから交際に進めないか、などから結婚を目指せます。

また、結婚相談所の中には相手のプロフィールが空欄である場合も代わりに調べるか聞いてくれます。

メリット4.短期間で会うことができる

見ず知らずの第三者を結婚するために会う方法は限られています。どうしても恋愛を通してのお付き合いと相手を知る期間が必要だからです。結婚を考えるのはそれからになってしまいます。

一方、結婚相談所は結婚相手を探すために試しに会ってみる、交際してみるということが可能です。お見合いや交際は断られることもありますが、相手さえ合意が得られればそれ以外に必要なものはありません。余計な段階は無しの短期間で会って、すぐにお見合いから仮交際に進めます。

4.結婚相談所で結婚することのデメリット

結婚相談所にはメリットがある反面、デメリットも当然存在します。

デメリット1.費用がかかる

料金システムにしたがってのサービス利用があるのが結婚相談所です。お見合いをするだけで1万円近く、各々の料金が入会前の想定よりもはるかに費用がかかるのがデメリットです。

この費用面のデメリットを解消するには、費用の少ない相談所に入会するか、短期間で結婚相手を見つけて、お見合い回数を減らすことで解決します。

関連記事:これで解決!結婚相談所の料金体系を徹底解説

デメリット2.条件面で選ばれてしまう

結婚相談所で女性が男性を選ぶ際に特に多いのが収入や職業の条件です。性格や見た目、年上の年齢というのも条件では多いでしょう。男性の相手が見つからない女性は、ほとんどが若い方で、厳しく条件設定して、すすめられたお見合い話さえ断ってしまいます。

反対に男性が女性に求める条件は、まず年齢(自身より若い)、性格(内面)、金遣い(趣味のギャンブル)、喫煙しない(喫煙しない男性)などです。

逆に言えば、相手を好きになる以前に、条件が一致しないと選んでもらえず、お見合い・交際を拒否される可能性も高いです。

解決方法としては、相手に高い条件を求めすぎないことです。実際はそこまで重要ではないのに、条件を厳しくして「より良い相手」を探して欲を出してしまうことです。

しかし、見た目に、性格、職業に趣味と条件範囲を狭めてしまうと出会いの可能性が減ります。相手も同様に条件を出してくるため、条件の範囲内で相手も自分が条件で最適な相手である確率は低くなります。

解決方法としては、結婚生活や離婚に繋がらないような条件は、事前に出会いの窓口を大きくして条件を狭めないことです。特にお見合いするまでは相手がどんな人なのか、プロフィールだけでは分からないことも多く、記述内容だけで条件を定めると、中々相手が見つからない原因にもなります。

結婚している方に話を聞くと納得できるものとして、結婚相手と恋愛相手は違うというものです。条件を厳しくしてしまう方の多くは、「恋愛相手として理想の条件」で設定しています。

失敗の一例

男性・Aさん(31歳)は、結婚相談所を通じて何度かお見合いをして、交際まで経験しています。しかし、何人かと仮交際しても結婚にはなりませんでした。なぜか交際1~2回で相手からお断りを入れられてしまうのです。

この失敗の原因はなんでしょうか?詳しく経緯を追うと、どうやら相手の女性に失礼な言動や態度を示してしまったことが原因です。結婚相談所でお見合いをして仮交際の場合、相手の女性はたくさんの男性と交際をしています。その中で、気に入った男性を選んで結婚相手として成婚し、退会します。

しかし、結婚相談所で出会ったばかりでの仮交際は、まだ相手を何も知らない状態です。Aさんは、相手がどのように言葉を受け取るかを相手の立場になって考えずに、思ったことをすぐ言っていたのです。

見た目や性格に対して「あなたは本当に~だな」「意外と~なんだ」「だから女は~」など言ってしまう。悪口、見た目への言及、男女差別に引っかかる言い回し、これらをすることで交際を続けることが難しい、こんな相手と結婚したくないと感じる女性は多いでしょう。相手に配慮した対応や真摯さかけらもない態度・デートで女性はそれを強く実感します。

以上は、男性だけでなく女性にも当てはまります。第三者の愚痴や悪口を平気で言ったり、いじるつもりで相手の見た目や特徴を揶揄する、といった行為は自己中な女性として見られ、見た目や生活観が女性らしくない場合、毒女として男性は相手を見るため、交際や見合いでお断りされるケースも少なくありません。

このような失敗を回避するためには、仮交際に至ったからと、相手を軽視しないことです。結婚相談所での交際は相手を受け入れた証などではなく、結婚を見極めるための過程に過ぎません。何度も失敗を繰り返してしまっている方は、アドバイザーに相談して会話のアドバイスや交際時に気をつけるポイントを知りましょう。

5.結婚相談所での離婚率を下げるためにすべきこと

結婚相談所を通して結婚するために時間と費用をかけます。だからこそ、離婚せずに結婚生活を続けたい。でも離婚してしまうケースがいくつかあります。離婚率を下げるポイントには3つあります。

ポイント1)結婚後の生活を見据えて性格を探る

結婚相談所の交際中と結婚後で性格が違うように見える相手がいます。結婚相談所で結婚相手を探すなら、出来る限り相手の性格を探る必要があります。

交際の中で起きる出来事を体感する中で、相手がどんな人なのかを真剣に知ろうとするだけでもある程度分かることがあるでしょう。恋愛結婚とは違い、冷静に相手を見極めるのは最初だけでなく結婚相談所による交際中も同じです。

ポイント2)婚前契約

婚前契約をするのも1つの方法です。婚前契約は、お互いの財産や家庭での役割、結婚後の約束事などを契約として文章で取り決めるものです。

通常は、契約を交わすことを嫌がる方や付き返す方も多い婚前契約ですが、結婚相談所で出会った男女は相手を深く信頼するとまでは行きません。そのため、婚前契約を提案して、相手の信用(足りない部分)や出会いからの時間の少なさを契約で埋めて、結婚で不満が出ないように離婚を防ぐ目的で契約を交わします。

ポイント3)本心を隠さない

結婚相談所では相手の表面的な部分を見て結婚したいと思っている方は、非常に少ないのが現状です。しかし、それに反して表面的な付き合いしかしないと、後で性格が違うことが分かり、離婚に至るケースがあります。

例えば、

「優しかったのに、結婚した途端、優しくなくなった」
「紳士的だと思ったら最初だけだった」
「気さくな人だと思っていたのに、嫉妬深く、ずっと騙していた」

などです。

そのためにも思っていることはなるべく相手に伝えるように努力しましょう。本心を伝えず、結婚してから相手に不満のあるところを言っても遅いからです。

本当に望む相手と結婚をするためには、ある程度付き合いが増してきたなら、本心を隠さず、突っ込んだ話をして、相手が考える結婚(生活)に対する具体的なビジョンや価値観を知ることが大切です。いきなりは失礼なこともあるのでダメですが、交際を重ねていき、自分のことを正しく相手に伝えるのが離婚にならない結婚には必要です。

30代40代のエグゼクティブに特化した結婚相談所インフィニ

実績・特徴

30代・40代の方で結婚を希望する方向けにサポートをするのが結婚相談所インフィニの特徴です。東大OBなどのエリートメンバーズと呼ばれる、クオリティの高い会員が在籍するため、資産や収入、職業などが確かな会員が毎月入会している優れた結婚相談所でしょう。カウンセラーによる丁寧な聞き取りに加えて希望を叶えるための十分なサポートを実施しています。

インフィニが実際にお客様に選ばれている理由

多くのお客様に選ばれているインフィニにはこれまでの実績があります。

成婚率 82.3%

お見合い成功率 97.1%

交際成婚率 62%

ゼネラルリサーチによる結婚相談所成婚率No.1ならびに顧客満足度No.1

高い成婚率とお見合いから交際にいたる会員の割合が高く、ほとんどの方がお見合いを成功したという調査結果を残しています。これらの確かな実績を残しているのが結婚相談所として上質といわれるインフィニの魅力です。

まだ結婚できていない方、または別の相談所に入会するか迷っていた方、今からでもインフィニに相談することで、少しでも結婚に繋げるための相談所を選びましょう。

所在地

東京都港区赤坂8-5-40 ペガサスアオヤマ420

URL: https://infini-sc

関連記事:【決定版】東京で結婚相談所を選ぶ時の大事な4ポイントをご紹介!