HOME >> アラフォーの結婚相談所に必要なこと
Pocket

アラフォーの結婚相談所に必要なこと

 

平均初婚年齢が30歳を超えた現在ではありますが、アラフォーの婚活が簡単なことではないことは、婚活している当人が誰よりも感じることではないでしょうか。

社会人として立派に自立しているという自尊心がある、充実した毎日を送っているはず…なのになぜ結婚においてはこんなにプレッシャーを感じてしまうのだろう?

気がつけば同年代の友達は次々に結婚して親の顔に変わっている。自分だけが取り残されたような気持ちになっている…

 

実はそんな本音を抱え婚活を始めるアラフォーの方は多く存在します。その一方でアラフォー向きの結婚相談所もどんどん増えています。

婚活は当然ながら成婚という目標に向けて活動するものですが、そのために大切なのは、その目標を達成するまでの道のりです。会員がそのサービスにいかに満足しながら続けることができるのかにかかっているのではないでしょうか。

アラフォーの方向けの結婚相談所に特に必要なこととは一体何なのでしょうか。具体的な3つの条件をあげてみます。

1 希望条件に合う会員がいること

アラフォーになると人生経験が豊富な分、人を見る目も厳しくなってきます。新しく入会される方は、どんな異性の会員が在籍しているのかを一番気にされています。

特にアラフォーの自分と釣り合う相手がいるか、年齢、年収などこだわりも出てくるでしょう。その高い要望に応えられるだけの会員がいることが必要になります。

 

2 お見合い実績があること

お見合いの数だけではなくお一人お一人条件に近い相手とのお見合いがちゃんと組めているかどうか実績のある無しは重要です。女性がアラフォーの場合、若い女性に比べてお見合いが成立しづらい相談所もあるでしょう。アラフォーに特化した相談所ならば、お見合い実績もあるということを信用してもらうことが大切です。

 

3 相手を尊重し親切丁寧に応対する

入会時、活動に不安を持っている方は沢山質問されるでしょう。その疑問に1つ1つ誠意を持って回答しましょう。入会するのに好都合な話ばかりではなく、答えにくい話、例えば申し込むお相手によってはご自分の年齢などで不利になることもある、など厳しい現実も十分伝えておくことが大切です。

また気持ちに寄り添い理解を示すことを心がけます。

アラフォーともなると男性女性ともに築き上げてきたバックグラウンドが大きいものです。その人自身の価値観ライフスタイルを認め受け入れ尊重しながらお世話することがカウンセラーの大切な役割ではないでしょうか?