HOME >> 30代で結婚したい方のブログ >> 30代女性が婚活でしくじる5ポイント
Pocket

30代女性が婚活でしくじる5ポイント

女性独身も30代にもなると、経験や知識などは豊富に持っているけれども人付き合い、

特に異性に対しては慎重になったり臆病になりがちですよね。

婚活においては絶対に過去の恋愛経験でしくじったことは繰り返さないように、と思ってる方も多いでしょう。

ここで30代女性が婚活でしくじるポイントを5つ挙げてみましょう。

 

時間がないと焦ってしまう。

 

婚活において女性は若いほどチャンスに恵まれているというのは事実です。

30代を境に急に結婚、結婚と焦る女性がいるのは、そんな理由からでしょう。

確かに20代の頃と全く意識が変わらず呑気なのも困りものですが、

焦ると冷静な判断ができないものです。

またお相手の気持ちや都合もお構いなしに結婚を急がせたりするのも間違いです。

こればかりは、自分の年齢におけるの心境の変化であり、いわば自分の都合です。

それをお相手に押し付けると反対にしり込みされてしまうでしょう。

焦ることでかえって婚活が上手く行かなくなり結果しくじる人も多いようです。

 

なんでも疑ってしまう

これも過去に経験のある30代女性に多いのですが、

出会いの場で初対面の男性と向き合ったとき、

すぐに相手の言葉を疑ったり、何か問題がある人ではないかなど、

欠点を探してしまう女性がいます。慎重さは大切ですが行き過ぎると、

せっかくの良縁を自ら回避していることになり、これも婚活をしくじる一つの原因になります。

 

自分に自信がもてない

年齢が上がるにつれて、自分に引け目を感じ、婚活していても積極的になれない、

どうせまたしくじると臆病になる30代女性がいます。

または外見的コンプレックス、個人的な事情などのため、

自分自身に自信がないので男性が自分を好きになることはないだろう…と勝手に決めつけてしまうのです。

これらは意識一つで変えられることもありますし、その人にしかない個性や魅力を、

相手がどう感じるかもまた千差万別なのです。そのことを理解していないか、

または婚活において自分への言い訳にすぎません。

今の自分のままでは、またしくじると思うのなら、変わるチャンスととらえなければ、

ずっと自信のない自分のままです。自信のなさは、お相手にも伝わります。

それではせっかくの魅力も半減してしまいます。

 

相手に完璧を求めすぎる

最近の婚活はコンピューターによる条件検索が主流です。

よってある程度最初から自分の条件を満たしたお相手を選択することが可能です。

ただ、完璧を求めるあまり一切の妥協ができないという方がいます。

相手も生身の人間です。欠点のない人間などいません。

ネット上で描いていた通りの相手とは限りません。

直接会ってみて想像と違ったとしても、それはお互い様なのです。

双方がよりそう気持ちで向き合わないと相手の良さは伝わってきません。

さらに良くないことに、自分の理想通りの相手としか会いたくないという女性もいます。

そしてその傾向は30代女性に多いといいます。

独身時代が長いと様々な男性と接する機会が多いため知らず知らずのうちに、

より優れた男性を望んでしまうのかもしれません。

結婚生活はその人と共に生活を営むということです。

人の印象は会ってからでないと正しく伝わらないものです。

写真と釣書きだけで理想外と判断し会おうとしないというのは、

自分の出会いの幅を狭めていることになります。

 

自分自身のことをわかっていない30代女子

自分のことを知らなすぎる30代女性が多いです。

これが10代なら自然なことですが30代女性ともなると話は別です。

特に婚活している30代女性なら自分の良い面も改善点もきちんと把握しておくべきです。

そのために大切なのは客観視できるかどうかです。

婚活にしくじる女性というのは自分が、

もっとどうすれば綺麗に見えるとか好感を持たれるとか

客観的視点から全く考えようとしない人が多いです。

これは非常にもったいないことです。

自分でわからなければ、既婚の友人(特に異性の)にそれとなく聞いてアドバイスをもらいましょう。