恋愛して結婚しましょう!結婚相談所インフィニ

2015年7月27日 / ブログ

Pocket

恋愛結婚をしましょう!!

皆さん恋愛していますでしょうか。

ここでは、恋愛結婚について話をしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

もくじ

1.恋愛結婚とは?お見合い結婚とは?

2.条件結婚とは?

3.恋愛結婚の魅力?

4.結婚につながる恋愛が一番です。

5.恋愛がしたいのか、結婚がしたいのかで大きく変わる

6.恋愛結婚できなかった彼女の話

7.恋愛結婚する為に男性の意識を理解しよう

8.恋愛結婚するための意識

9.恋愛結婚するために知っておくこと

 

恋愛結婚とは?お見合い結婚とは?

よく恋愛して結婚したいという声が聞こえます。

もちろん、その通りですね。ほとんどの方は恋愛して結婚されます。

そして、その対極の意味としてしばしば使われるが、お見合い結婚です。

しかし、皆さんよくよく考えてみてください。

今の時代好きでもないのに、無理やりお見合いをして結婚するとうことが

どれだけあるのでしょうか。

ゼロとは言いませんが、少なくとも結婚相談所インフィニでは、

皆さんお見合いをされて、そして、お互い距離を縮めて行き、

好きあって結婚されて行きます。

成婚されると結婚相談所インフィニに挨拶に皆様いらっしゃいますが、

はっきり言って、熱々です。

見ているだけで、おなかがいっぱいになるくらいです。

昔の武家や大名が、政略結婚をするという時代ではありませんので、

お見合い結婚も今では立派な恋愛結婚であうことをまず、認識しましょう。

(お見合いについて間違っていると、損をしますので書かせていただきました)

今の時代で、恋愛結婚の逆となると、条件結婚といえるかもしれませんね。

 

条件結婚とは

恋愛結婚の逆は、条件結婚だと思います。

条件結婚とはなにか?それは、相手を条件で選び、

その条件を好きになり、結婚するということです。

これは、例えば、下記のようなものです。

・医者と結婚する

・弁護士と結婚する

・社長と結婚する

・モデルと結婚する

・年収3000万円以上の男性と結婚する

 

この希望の裏には、医師夫人・弁護士夫人になって楽したい、

周りの友人から羨望のまとになりたい、などの欲望がみえます。

別に悪いとは言いませんが、その欲望が満たされなくなったときに、

夫婦は夫婦たりえるかと心配になります。

もちろん、初めは条件から入ったけれど、その人の人柄に触れて、

ステータスだけでないところに惹かれていくとなれば、

それは十分に恋愛結婚なのでしょう。

 

ここまでで、お気づきの方も多いと思います。

恋愛結婚・条件結婚とくくることにあまり意味はないのですね。

大恋愛して結婚したけれど、10年後に相手への気持ちがなくなり、

ただ単に生活するためだけに

 

恋愛結婚の魅力とは

恋愛は甘いものなのです。

相手を好きになると、世界が色づいて見えるといいますが、

その通りだと思います。

だからこそ、世間では恋愛を題材とした、

恋愛ドラマ、恋愛小説、恋愛漫画、恋愛映画と生まれてくるのですね。

 

 

結婚につながる恋愛が一番です

結婚につながる恋愛をするのが一番良いですね。

恋愛は気づくとしているものですから、無理にすることではありません。

しかし、世の中には、恋愛したくても出来ない方もたくさんいます。

多くの理由としては、出会いがないということですね。

社会に出ると出会いは劇的にへりますの当然ではありますね。

若いうちは恋愛だけで満足でしょうけれど、

女性は子を授かるという崇高な仕事があります。

そのために、20代半ばくらい、できればもっと早くから

結婚を意識しておくことが望ましいのですね。

結婚につながる恋愛とそうでない恋愛について書きますので、

参考にしてください。

 

 

恋愛がしたいのか、結婚がしたいのかで大きく変わる

若い20代前半くらいの方であれば、まだ結婚するきはなくて、

恋愛したいと考えている人が多いと思います。

そのような方は、出会いを求めるために、紹介してもらったり、合コンや街コンなどに

積極的に参加したりするのが良いですね。

ですが、もしあなたが結婚したい、または恋愛してよければ結婚したいと

少しでも思っているであれば、色々と気をつけなければなりません。

 

恋愛結婚できなかった彼女の話

結婚相談所にいらっしゃる方であるケースとして、一例をあげます。

弁護士資格を勉強中の東京大学の彼と結婚したいと思い、

お弁当をつくったり、部屋を掃除したり、努力して彼のサポートをしていました。

実に6年間超お付き合いをしていたそうです。

そして、彼女は弁護士になれたら結婚できると思っていたのですね。

しかし、彼が弁護士になれたころ、彼は君とは結婚できないと切り捨てた。

世の中にはこのような話はごまんとありますが、それでは彼女は

どうしたらよかったのでしょうか。

 

恋愛結婚する為に男性の意識を理解しよう

結婚を考えている女性。

お相手はあまり結婚を考えてない男性。

この場合、女性は努力して男性に結婚してもらうべく、

あの手この手で訴えるかもしれません。

しかし、、、結果、上手くいかずに別れる、捨てられる(言葉がわるいですが)

ということが往々にしてあります。

 

なぜでしょうか。

恋愛結婚へつながらない男性の特徴

まず男性は彼女と妻に求めるものが違うということを認識しましょう。

大まかですが、彼女に求めることは、楽しくあること、刹那的な性的関係などです。

容姿やスタイルが自分好みであること、性格があうことなどが決め手の

要因となります。

 

妻に求めることは、家庭を築き支えてもらうこと。子供を生んでもらうこと。などです。

自分や家庭を支えることができるのか、子供を生めるのか、などが、

男性の好みの容姿などにプラスして決め手の要因として加わってきます。

※わかりやすくするために、かなりざっくり書いていますので、、、ご了承ください。

 

この差こそが、恋愛で終わってしまう一つの要因だと思われます。

恋愛結婚を目指すのであれば、まずは、この差を知り、相手の男性からみて、

付き合うだけでなく、結婚しても良いと思われる女性となることが必要なのです。

※もちろん、中には、結婚せざるをえない状況にもっていくという

つわものもいますが、、、そうできない方もたくさんいらっしゃいますので、

その女性のために書かせていただいています。

 

恋愛結婚するための意識

先にお話した、東京大学卒の男性との話で、

女性はどうしたらよかったのでしょうか。

彼女は、結婚願望があったのであれば、予め、彼をもっと

知るべきだったのです。

無策で挑み、都合よく思い込むことは悪いことではないと思いますが、

失敗したくないなら、知るべきなのです。

自然に恋愛から結婚へというと、何の努力もなく、

自然にそうなったと感じてしまいがちですが、

そこには、数え切れないちょっとしたドラマや努力が

きっとあったことでしょう。

何の努力もせずに、ただ流れのままに恋愛しているだけでは、

足りないと思いましょう。

 

恋愛結婚するために知っておくこと

・彼が結婚する意識があるのかどうかをリサーチしましょう。

彼が結婚する気がないなら、リスクを承知でまつか、

早々にあきらめましょう。

彼が大きなプロジェクト(2.3年がかり)など、彼が大変なときには、

中々結婚の話にはならないでしょう。

そして、中には、最初から結婚しないと伝えてるのに、

同棲して、男性にいいように扱われている女性もいたりします。

早くに目を覚まして欲しいものです。

待つことで報われる事もありますが、悲しい結末を迎えることも多々あることを

覚悟しましょう。

・彼の家庭環境やお母様の性格なども知っておきましょう。

彼が結婚しようとする、、結婚したいと思う女性のイメージが

わかるかもしれません。

母親という存在は、男性にとって良くも悪くも大きな影響を与えているのです。

・一緒にいて安心できるか、居心地がよいかが大事

恋愛結婚は様々なパターンがあります。

しかし、女性の場合、一緒にいて居心地がよいかというのは

今後、生活を共にする上で、かなり大事な要素になります。

客観的にみて大丈夫かどうか考えてみてください。

・結婚を考えられる相手であるかの見極め

好きだから結婚するというのでも良いのですが、

ある程度、相手の経済力や考え方を理解し、

自分が考えるある程度の家庭生活をおくれるような

相手なのか、も少し考えましょう。

女性が子を授かるときには、男性の経済力が頼りになったりします。

お金は生きていくうえで必要なものであり、

子供にも多大な影響をあたえます。

ですから、少し先の未来を考えた上で、恋愛結婚をしましょう。