女らしく男らしく

2014年3月13日 / ブログ

Pocket

こんにちは

東京の結婚相談所インフィニ カウンセラー長谷川です。

 
きょうは目がかゆくて、数時間おきに目薬をさしています。
でも、幸せなことに私の花粉症は大したことがなくて、期間も短いし目以外にはあまり症状は出ません。
鼻や喉をやられるだけでなく、重い人は頭も痛いそうですね。
そうなると集中力も保てないし、女性はオシャレもできない。
春がゆううつな季節になってしまいます。
花粉症は「バレンタインデーに始まり、ゴールデンウィークに終わる」と聞いたことがあります。
とすれば、約三ヶ月、一年の四分の一にもなります。
その間ずっとティッシュペーパーと仲良しでいなければならないなんてとんでもありません。
せっかく新しいことが始まる季節、みなさんも積極的に対策を講じて下さいね。
 
 
白い、丈の短いパンツに淡い黄色のトレンチコートをはおって、颯爽と歩いている女性に出会いました。
きょうの朝は真冬のような冷え込みでしたし、風も強くて、ちょっと寒そうではありましたが、春らしい、素敵な装いでした。
まだ気候が定まらないので、ついつい厚着になりがちですが、風邪をひいたりしない程度にこんな季節の先取りをしたいものです
ブティックをのぞくと、今年はきれいな色合いのグリーンが目立つような気がします。
私も大好きな色です。
先日、この色の春のコートを買いました。
グリーンを着たい時は心が弱っている時だと言う人もいるようですが、春には似合うと思いませんか。
 
 
女性がオシャレをして、明るい色が街にあふれることは、男性にとってもいいことなのだろうと思います。
「女らしく」とか「男らしく」とかの言葉に締め付けや強要を感じてしまうこともあるようですが、世の中には男と女しかいないのです。
女性が華やかになれば、男性も自分の「男」を意識できる。
春は特にそういう季節なのだろうと思います。